FX取引

MT4に表示される見方と計算方法まとめ

MT4に表示される見方と計算方法まとめ
鈴木拓也

MT4に日本時間を表示する超簡単な2つの方法を解説!

鈴木拓也

鈴木拓也

MT4に日本時間を表示する2つの方法

  • 国内FX会社(FXTF)のMT4を使う
  • 外部インジケーターを使用する

国内FX会社(FXTF)のMT4を使う

FXTFのMT4

一つ目の日本時間を表示する方法は、国内FX会社であるゴールデンウェイジャパン(FXTF)のMT4を使う方法です。

個人的には、 日本時間の表示が一番見やすくておすすめ です。

FXTFのMT4には、最初から「FXTF – JapanTime」という日本時間を表示するツールが装備されており、それを起動するだけです。

FXTFのMT4は口座開設(無料)をすれば利用することが出来ます。

鈴木拓也

鈴木拓也

ステップ1:「FXTF – JapanTime」を起動する

FXTFのMT4であれば、所要時間1分で日本時間を表示することが出来ます。

「FXTF – JapanTime」を起動する

「FXTF – JapanTime」のカスタマイズ画面

MT4を確認すると、 日本時間が表示されている のが確認出来ます。

MT4に日本時間が表示される

鈴木拓也

鈴木拓也

ステップ2:パラメータを調整する

万が一日本時間が表示されない場合は、文字色がチャートの背景色と同じになっている可能性があるので、以下の手順で調整しましょう。

「FXTF – JapanTime」のパラメータを調整

日本時間の箇所に破線を引くか決める

日本時間を表示する縦幅を調整

インジケーターを使用する

二つ目の日本時間を表示する方法は、「JPN_Time_SubZero」というインジケーターを使用する方法です。

  • ステップ1:「JPN_Time_SubZero」をダウンロードする
  • ステップ2:MT4のフォルダに「JPN_Time_SubZero」を入れる
  • ステップ3:MT4で「JPN_Time_SubZero」を起動する

ステップ1:「JPN_Time_SubZero」をダウンロードする

「JPN_Time_SubZero」のダウンロード

ステップ2:MT4のフォルダに「JPN_Time_SubZero」を入れる

MT4のフォルダに「JPN_Time_SubZero」を設置

フォルダをクリック

「JPN_Time_SubZero」をドラッグ&ドロップ

ステップ3: MT4で「JPN_Time_SubZero」を起動する

最後のステップですが、まずはMT4を再起動してください。

「JPN_Time_SubZero」を起動する

デフォルトの状態から、MINITEをTRUEに変えるだけで以下と同じになると思いますが、念のため全て確認してOKを押しましょう。

パラメーターの設定

MT4に日本時間が表示される

鈴木拓也

鈴木拓也

FXのpips(ピップス)とは?MT4に表示される見方と計算方法まとめ

pips記事のアイキャッチ

ねこさん

  • pipsってなに?
  • ユーロドルだとpipsの見方が難しい…

みのう

  • pipsの特徴と役割
  • 「ドル円で40pipsの利確」は何円のことか
  • いくら儲かったかよりも、pipsの方が重要

pipsを簡単解説!特徴と見方をマスター

FXの基本


pips(ピップス)とは、全通貨ペアの共有単位(数値)のことで、値動きを確認するために使います。

ドル円のpipsの見方

    ドル円の場合

ドル円の気配値

実際の取引ツールには以下のように表示され、「108.4 7 7 」なら小数点第2位の「 7 」をpipsの基準値としてみます。


みのう

例えば、「108.47 MT4に表示される見方と計算方法まとめ MT4に表示される見方と計算方法まとめ 7 」から「108.57 7 」なら「10pips」動いたことになります。

ユーロドルのpipsの見方

    ユーロドルの場合

ユーロドルの気配値の見方

実際の取引ツールには以下のように表示され、「1.081 6 3 」なら小数点第2位の「 6 」をpipsの基準値としてみます。


みのう

そんなときは、「クロス円通貨は小数点第2位が基準値で、ドルストレート通貨は小数点第4位が基準値」と理解して頂ければ大丈夫です!

pipsの使い方!実際に収益計算してみよう

この章を読めば、 pipsは基本的に収益報告に使われることが多いこと をご理解いただけるはずです!

MT4(メタトレーダー4)とは?使い方・注文方法を解説!

MT4(メタトレーダー4)とは?使い方・注文方法を解説!

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる