FX取引の利点

上限と計算方法をご紹介します

上限と計算方法をご紹介します

(参考:『【社労士監修】残業手当の正しい計算方法とは?企業が注意したいポイントを簡単に解説』)

2022年住宅ローン控除における住民税の上限や計算方法をご紹介

2022年住宅ローン控除における住民税の上限や計算方法をご紹介

例1を2021年度分で計算してみると、2,000万円の1%で20万円の控除を受けられ、所得税から12万円、住民税から8万円の控除をうけることができます。
例2の場合だと、3,000万円の1%で30万円の控除が受けられ、所得税から10万円、残りの20万円のうち上限の13.65万円が控除対象となります。
このように年度が変わるだけで差が出てくるため、控除率の3割減少を大きく感じる方もいるかもしれません。

2022年住宅ローン控除制度で控除対象となる住民税の注意点

2022年住宅ローン控除制度で控除対象となる住民税の注意点

住宅ローン控除では住民税から控除されるケースもありますが、同じ年収であっても家族構成によって住民税額が異なってくる点に注意が必要です。 上限と計算方法をご紹介します
独身の方や夫婦が共働きで子どもが16歳未満の場合は対象になりませんが、配偶者や16歳以上の子どもが扶養に入っている場合は住民税が安くなるのです。
配偶者の合計所得が38万円以下の場合、「配偶者控除」が適用され33万円の控除を受けることができます。
また、16歳以上の子どもを扶養している場合は、「扶養控除」が適用され33万円の控除を受けることができます。
ただし、16歳未満のお子さまは「子ども手当」が支給されているため扶養控除の対象外となります。
では、同じ年収で一体どれほどの差が出るのか、こちらでも2つの例をあげてシミュレーションしていきます。

年収600万円で独身の場合(社会保険料50万円、保険料5万円)でシミュレーションをおこないましょう。
まず、年収600万円×20%+54万円=174万円で給与所得控除を求めます。
次に、年収600万円-給与所得控除174万円=426万円で所得が算出されます。
ここで、基礎控除33万円+社会保険料50万円+保険料5万円=88万円の所得控除を計算します。
所得426万円から所得控除88万円を引くと338万円の課税所得が求められ、住民税率をかけた税額は33.8万円となります。
課税所得が200万円以上なので、{基礎控除の差5万円-(課税所得338万円-200万円)}×5%=6,500円の調整控除を受けることができます。
税額33.8万円-調整控除6,500円=33.15万円は所得割りとなります。
所得割り33.15万円+均等割り5,000円=33.65万円となり住民税が求められるのです。
以上より、例1の住民税は年間33.65万円、月額28,000円となります。

年収500万円で配偶者と16歳のお子さまを扶養に入れている場合(社会保険料50万円、保険料5万円)でシミュレーションをおこないましょう。
年収600万円×20%+54万円=174万円となり給与所得控除が求められます。
年収600万円-給与所得控除174万円=426万円で所得が算出されます。
基礎控除33万円+配偶者控除33万円+扶養控除33万円+社会保険料50万円+保険料5万円=154万円が所得控除の額です。
所得426万円-所得控除154万円=272万円で課税所得が求められ、税額は27.2万円となります。
課税所得が200万円以上のため{基礎控除の差15万円-(課税所得272万円-200万円)}×5%=2,800円の調整控除を受けることができます。
税額27.2万円-調整控除2,800円=26.92万円は所得割りとなります。
所得割り26.92万円+均等割り5,000円=27.42万円となり住民税が求められるのです。
以上より、例2の住民税は年間27.42万円、月額22,850円となります。
このように同じ年収でも、住民税は家庭の状況により年間約6万円もの差があることがわかります。
扶養家族がいる場合、税金面に関しての恩恵は受けることができるものの、税金が安くなる分住宅ローン控除が最大額で受けられない可能性がある点にはご注意ください。

住宅ローン控除では、控除額は原則所得税から控除されますが、控除しきれない場合は住民税からも控除を受けられます。
しかし2022年の住宅ローン控除では、住民税からの控除上限が13.65万円から9.75万円に引き下げられます。
住民税については、家族構成によっては税金面での恩恵を受けることができますが、住宅ローン控除は最大額で受けられない場合もあるため注意しておきましょう。

勤怠計算を正しくする方法は?15分単位の計算の違法性も解説

労働基準法34条1項(休憩) 第三十四条 使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

② 前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。

③ 使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

引用;労働基準法34条

1-5. 労働基準法における残業時間

2. 従業員の労働時間と給与を正しく計算する方法

2-1. 残業が発表した場合

「週40時間、1日8時間」の法定労働時間を超えて働くと、「残業」となります。

2-2. シフト制の場合

シフト制は、1週間単位・1ヵ月単位・1年単位と期間ごとに労働時間が決められています。

2-3. 早退や遅刻があった場合

基本的な賃金の支払いの考え方は、労働基準法第24条で「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。」とされています。

フルサポートであんしん、家族でおトク ドコモのギガプランフルサポートであんしん、家族でおトク ドコモのギガプラン

ドコモの5G ドコモの5G

5G対応料金プラン5G対応料金プラン

5Gギガホ プレミア

国内データ量無制限(※1)3GB以下の月はおトクに!テザリングも使いホーダイ(※1)月額料金6,650円(税込7,315円) みんなドコモ割(3回線以上)(※2)1,000円(税込1,100円)割引、ドコモ光セット割(※3)1,000円(税込1,100円)割引、dカードお支払割(※4)170円(税込187円)割引、すべての割引適用されると、ずーっと月額4,480円(税込4,928円)。ギガを使わない月は月額1,500円(税込1,650円)おトク 国内データ量無制限(※1)3GB以下の月はおトクに!テザリングも使いホーダイ(※1)月額料金6,650円(税込7,315円) みんなドコモ割(3回線以上)(※2)1,000円(税込1,100円)割引、ドコモ光セット割(※3)1,000円(税込1,100円)割引、dカードお支払割(※4)170円(税込187円)割引、すべての割引適用されると、ずーっと月額4,480円(税込4,928円)。ギガを使わない月は月額1,500円(税込1,650円)おトク

ギガライト

毎月1~7GB(※5)までの間で使った分に応じて支払えるプラン 月額料金3,150円(税込3,465円)~6,150円(税込6,765円) みんなドコモ割(3回線以上)(※6)1,000円(税込1,100円)割引、ドコモ光セット割(※7)割引なし~1,000円(税込1,100円)割引(※8)、dカードお支払割(※9)170円(税込187円)割引、すべての割引適用されると、1か月あたりデータ量1GB以下の場合、月額1,980円(税込2,178円)~(※10)となります。 毎月1~7GB(※5)までの間で使った分に応じて支払えるプラン 月額料金3,150円(税込3,465円)~6,150円(税込6,765円) みんなドコモ割(3回線以上)(※6)1,000円(税込1,100円)割引、ドコモ光セット割(※7)割引なし~1,000円(税込1,100円)割引(※8)、dカードお支払割(※9)170円(税込187円)割引、すべての割引適用されると、1か月あたりデータ量1GB以下の場合、月額1,980円(税込2,178円)~(※10)となります。

料金シミュレーション料金シミュレーション

5G対応おすすめ機種5G対応おすすめ機種

ドコモオンラインショップで
購入する

ドコモショップ/d gardenで
購入する

ドコモショップ/d gardenでお手続きされる方は、来店予約が必要です。
ご来店になる店舗を選択し、来店予約をお願いいたします。店舗ページから商品予約も可能です。

減給について解説!法律上の限度額は?労働基準法上の計算方法とは?

減給が妥当なケース

西川 暢春

上限と計算方法をご紹介します 代表弁護士
西川 暢春 (にしかわ のぶはる)
大阪弁護士会/東京大学法学部卒

小田 学洋

弁護士
小田 学洋 (おだ たかひろ)
大阪弁護士会/広島大学工学部工学研究科

池内 康裕

弁護士
池内 康裕 (いけうち やすひろ)
大阪弁護士会/大阪府立大学総合科学部

片山 琢也

弁護士
片山 琢也 (かたやま たくや)
大阪弁護士会/京都大学法学部

堀野 健一

弁護士
堀野 健一 (ほりの けんいち)
大阪弁護士会/大阪大学

メディア掲載情報

メディア掲載情報/フジサンケイビジネスアイ

「わかりやすい・説明親切な対応・迅速なレスポンス」を徹底している弁護士として、フジサンケイビジネスアイに掲載されました。

書籍出版情報

「問題社員トラブル円満解決の実践的手法」〜訴訟発展リスクを9割減らせる退職勧奨の進め方

著者:弁護士 西川 暢春
発売日:2021年10月19日
出版社:株式会社日本法令
ページ数:416ページ
価格:3,080円

【弁護士監修】法定時間外労働は月45時間・年360時間までー正しい知識と割増賃金の算出方法を解説

第一東京弁護士会労働法制委員会、日本CSR普及協会(雇用労働専門委員)、経営法曹会議等に所属。経営者側労働法を多く取り扱い、労働審判・労働訴訟等の係争案件、団体交渉(組合・労働委員会)、労災(行政・被災者対応)、労務DD対応を得意とする。
経営課題を抽出し、依頼者のニーズを踏まえたベストプラクティスの提案を心掛ける。
主著に『労働行政対応の法律実務』(中央経済社 共著)、『「働き方改革実行計画」を読む』(月刊人事労務実務のQ&A 2017年7月号 日本労務研究会 共著)など。

法定時間外労働とは?

●労働基準法第32条

第1項 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて労働させてはならない。
第2項 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日ついて8時間を超えて、労働させてはならない。

●法定時間外労働の例

法定時間外労働の例

法定時間外労働と所定外労働の違い

●所定労働時間を、始業時間が9時、終業時間が17時、休憩時間が1時間で設定した場合

所定労働時間を、始業時間が9時、終業時間が17時、休憩時間が1時間で設定した場合

自社の(法定)時間外労働時間数の算出方法

基本的な算出方法(定時勤務の場合)

基本的な算出方法(定時勤務の場合)


(参考:『【社労士監修】残業手当の正しい計算方法とは?企業が注意したいポイントを簡単に解説』)

シフト制(変形労働時間制)の場合

フレックスタイム制の場合

●法定労働時間の総枠(清算期間の総枠)

法定労働時間の総枠(清算期間の総枠)

●清算期間を3カ月とした場合の時間外労働イメージ

清算期間を3カ月とした場合の時間外労働イメージ

みなし残業の場合

<例:みなし残業代5万円(月30時間相当分)と定めているケース>
・月の残業が30時間未満の場合:一律5万円
・月の残業が30時間以上の場合:別途追加分の支給

法定時間外労働の上限は何時間?

法定時間外労働に対する割増賃金を支払えば、従業員にどれだけ残業させてもよいというわけではありません。2019年4月に労働基準法が改正され、「時間外労働の上限」が罰則付きで法律に規定されました。大企業は2019年4月から、中小企業は2020年4月から法定時間外労働の上限が、原則「月45時間・年360時間(1年単位の変形労働時間制を導入している場合は月42時間・年320時間)」となり、臨時的に特別な事情がなければこれを超えることができないと定められました。また、原則である「月45時間」を超えることができるのは、年6カ月までと定められました。

法定時間外労働をしてもらう場合は36協定の締結が必要

36協定とは

36協定で時間外労働の限度を定める

時間外労働と休日労働の合計

●36協定による時間外労働の上限規制

36協定による時間外労働の上限規制

特別条項付き36協定

●特別条項付き36協定の要件

①原則としての延長時間
②「特別の事情」の内容(予算・決算業務、ボーナス商戦に伴う業務の繁忙、納期のひっ迫、大規模なクレームへの対応、機械トラブルへの対応 など)
③一定時間の途中で特別の事情が生じ、原則としての延長時間を延長する場合に労使が取る手続き
④限度時間を超えることのできる回数
⑤限度時間を超える一定の時間

36協定届の記載例

●特別条項なし「様式第9号」の記載例

特別条項なし「様式第9号」の記載例

  1. 労働保険番号・法人番号
  2. 協定の有効期間:有効期間の長さに制限はありませんが、最長で1年間が望ましいとされています。
  3. 起算日:「1年720時間以内」のように1年間の上限規制のカウントを始める日を記載します。労働時間管理が煩雑になることを避けるため、②の36協定有効期間の起算日・1年の上限規制の起算日・賃金計算の起算日は合わせておいた方がよいでしょう。
  4. 時間外労働をさせる必要のある具体的な事由:「業務上やむを得ないとき」「緊急対応が必要な場合」など抽象的な理由ではなく、「突発的な仕様変更」「製品トラブル・大規模なクレームへの対応」など、具体的な業務内容を記載する必要があります。
  5. 時間外労働の上限規制の確認チェック:チェックボックスにチェックがないと「36協定」は無効になってしまいます。

●特別条項あり「様式第9号の2」2枚目の記載例(1枚目は「様式第9号」と同様)

特別条項あり「様式第9号の2」2枚目の記載例(1枚目は「様式第9号」と同様)


2枚目は「様式第9号の2」に特別条項に関する内容を記載する必要があります。

  1. 限度時間を超えた労働に係る割増賃金率:法定の割増率(25%)を超える割増率とすることが努力義務となっています。
  2. 限度時間を超えた労働者に対する健康及び福祉を確保するための措置:特別条項を結ぶ際には、従業員の健康や福祉を確保する措置を定める必要があります。
  3. 時間外労働の上限規制の確認チェック:チェックボックスにチェックがないと「36協定」は無効となります。

法定時間外労働をさせた場合、割増賃金の算出方法

時間外労働の時間数(時間)×1時間あたりの賃金(円)×1.25(※)

※ただし、大企業で1カ月の時間外労働が60時間を超えた場合、60時間を超えた時間数×1時間あたりの賃金(円)×1.5で計算します。

●1時間当たりの賃金の算出方法

月給(円)÷1カ月あたりの平均所定労働時間(時間)

●1カ月あたりの平均所定労働時間

(365〈日〉-年間所定休日〈日〉 )×1日の所定労働時間(時間)÷12(カ月)

●1日の所定労働時間7時間・月給30万円・年間休日122日のAさんの例

1日の所定労働時間7時間・月給30万円・年間休日122日のAさんの例1

<日単位>
【火曜日】1時間の「所定外労働時間」(割増賃金は発生なし)
【木曜日】1時間の「所定外労働時間」(割増賃金は発生なし)、2時間の「法定時間外労働」(割増賃金が発生)

<週単位>
【月曜日~金曜日】
所定労働時間(35時間)+所定外労働時間(2時間)=37時間の「法定労働時間」
【土曜日】
40時間ー37時間=3時間の「所定外労働時間」
3時間の「法定時間外労働」

<Aさんの勤務時間に対する割増賃金>
※1日の所定労働時間7時間・月給30万円・年間休日122日
※1年間における1カ月の平均所定労働時間が142時間
※1時間あたりの賃金は2,112円

5時間(時間外労働の時間数)×2,112円(1時間あたりの賃金)×1.25=13,200円

1日の所定労働時間7時間・月給30万円・年間休日122日のAさんの例2

休日出勤の場合

労働基準法により、休日は「少なくとも週に1回」付与するものとし、これを「法定休日」と定めています。法定休日以外に、就業規則や労働契約で定められた週休日を「法定外休日」と言いますが、この労働については特に法律上の規制はありません。
法定休日に働いた労働時間を「休日労働」と言い、35%以上の割増率での割増賃金の支払いが義務づけられています。また、法定休日かつ深夜労働を行った場合は、追加で「深夜労働の割増賃金」が発生し、60%以上の割増率での割増賃金を支払う必要があります。割増賃金の支払いについては、自社の賃金規程等に従い労働契約に基づいて決定します。
なお、休日の労働は労働時間すべてが特殊な時間外労働として考えられるため、通常の時間外労働である「8時間を超える労働」は割増賃金の対象になりません。
(参考:『【社労士監修】休日出勤手当の正しい計算方法と法律違反にならない運用方法』)

法定休日に18時~24時まで働く場合

18時~22時:4時間(法定休日労働の時間数)×1,000円(1時間あたりの賃金)×1.35=5,400円
22時~24時:2時間(法定休日かつ深夜労働の時間数)×1,000円(1時間あたりの賃金)×1.6=3,200円
合計:8,600円

深夜労働の場合

9時~24時まで働く場合

18時~22時:4時間(深夜労働の時間数)×1,000円(1時間あたりの賃金)×1.25=5,000円
22時~24時:2時間(時間外労働の時間数)×1,000円(1時間あたりの賃金)×1.5=3,000円
合計:8,000円

フレックスタイム制の場合

フレックスタイム制における法定時間外労働は、前述の通り以下の時間となります。
①1カ月ごとの労働時間が、週平均50時間を超えた時間(清算期間が1カ月を超える場合のみ)
②清算期間における実際の労働時間のうち、法定労働時間の総枠を超えた時間

・清算期間:4月1日~6月30日の3カ月間(歴日数91日、法定労働時間総枠520時間)
・実働時間:4月220時間、5月180時間、6月140時間 ⇒合計540時間

月の暦日数 週平均50時間となる
月間の労働時間数
実働時間 週平均50時間を
超える労働時間
4月 30日 214.2時間 220時間 5.8時間
5月 31日 221.4時間 180時間 0時間
6月 30日 214.2時間 140時間 0時間
合計 91日 540時間 5.8時間

清算期間における実際の労働時間のうち、法定労働時間の総枠を超えた時間

法定時間外労働の上限に達してしまうと罰則も

① 時間外労働が月45時間を超えることができる特別条項を設ける場合は、1年のうち6カ月を限度とする。
②月の時間外労働と休日労働の合計が100時間未満であること。 上限と計算方法をご紹介します
③特別条項を利用した場合の時間外労働は、1年720時間を限度とする。
④特別条項があっても、複数月(2〜6カ月)の平均を全て80時間以内に収めること。
※時間外労働と休日労働の合計について、「2カ月平均」「3カ月平均」「4カ月平均」「5カ月平均」「6カ月平均」が全て1月当たり80時間を超えないこと。

上限規制の適用が猶予・除外となる事業・業務

事業・業務によっては、「月100時間未満」「2~6カ月平均80時間以内」とする上限規制の適用が猶予・除外されます。猶予される事業・業務には、「①建設事業」「②自動車運転の業務」「③医師」「④鹿児島県および沖縄県における砂糖製造業」があります。また「⑤新技術・新商品などの研究開発業務」は、特殊な業務となるため、適用が除外されています。

①建設事業
災害の復旧・復興など人命や生活に深く関わるケースもあるため、一部の業務は例外として規制が適用されません。時間外労働の上限規制には5年の猶予が設けられており、2024年4月からの適用となります。

②自動車運転の業務 上限と計算方法をご紹介します
建設事業と同様に残業の上限規制には5年の猶予が設けられており、2024年4月からの適用となります。自動車運転業では例外は認められていません。

③医師
5年の猶予後、2024年4月より適用となる見通しです。ただし、救急病院などでは1分1秒が患者の命にかかわる場面もあり得るため、医師の時間外労働の上限については、医療業界の有識者によって引き続き検討される予定です。

④鹿児島県および沖縄県における砂糖製造業
季節の影響を大きく受けるため、上限規制の適用には5年の猶予が設けられています。2024年4月からは、一般の業界と同様の上限規制が設けられる予定です。

⑤新技術・新商品などの研究開発業務
唯一適用除外の指定を受けている業種です。ただし、労働安全衛生法により、1週間当たり40時間を超えて働いた時間が月100時間を超えた従業員に対しては、医師の面接指導が罰則付きで義務づけられています。企業は、面接指導を行った医師の意見を考慮し、就業場所や職務内容の変更、有給休暇の付与などの措置を講じなければならない場合があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる