FXの自動売買とは

自社株買いとは

自社株買いとは
Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!

Why Would a Company Buy Back Its Own Shares?

Troy Segal is an editor and writer. She has 20+ years of experience covering personal finance, wealth management, and business news.

Peggy James is a CPA with over 9 years of experience in accounting and finance, including corporate, nonprofit, and personal finance environments. She most recently worked at Duke University and is the owner of Peggy James, CPA, PLLC, serving small businesses, nonprofits, solopreneurs, freelancers, and individuals.

Patrice Williams is a writer and the 自社株買いとは author of Looking Fly on a Dime. Her writing has appeared in Travel+Leisure, USA Today, and Fodor’s, among others. Patrice has 自社株買いとは shared her expertise on-air with segments on the Today Show, WEtv, and The Nate Berkus Show, and she was the Savvy Shopper reporter for WPIX in New York City.

Stock buybacks refer to the repurchasing of shares of stock by the company that issued them. A buyback occurs when the issuing company pays shareholders the market value per share and re-absorbs that portion 自社株買いとは of its ownership that was previously distributed among public and private investors.

With stock buybacks, aka share buybacks, the company can 自社株買いとは purchase the stock on the open market or from its shareholders directly. In recent decades, share buybacks have overtaken dividends as a preferred way to return cash to shareholders. Though smaller companies may choose to exercise buybacks, blue-chip companies are much more likely to do so because of the cost involved.

Key Takeaways

  • Companies do buybacks for various reasons, including company consolidation, equity value increase, and to look more financially attractive.
  • The downside to buybacks is they are typically financed with debt, which 自社株買いとは can strain cash flow.
  • Stock buybacks can have a mildly positive effect on the economy overall.

Reasons for Buybacks

Since companies raise equity capital through the sale of common and preferred shares, it may seem counter-intuitive that a business might choose to give that money back. However, there are numerous reasons why it may be beneficial to a company to repurchase its shares, including ownership consolidation, undervaluation, and boosting its key financial ratios.

Stock Buyback/Repurchase

Unused Cash Is Costly

Each share of common stock represents a small stake in the ownership of the issuing company, including the right to vote on the company policy and financial decisions. If a business has a managing owner and one million shareholders, it actually has 1,000,001 owners. Companies issue shares to raise equity capital to fund expansion, but if there are no potential growth opportunities in sight, holding on to all that 自社株買いとは unused equity funding means sharing ownership for no good reason.

Businesses that have expanded to dominate their industries, for example, may 自社株買いとは find that there is little more growth to be had. With so little headroom left to grow into, carrying large amounts 自社株買いとは of equity capital on the balance sheet becomes more of a burden than a blessing.

Shareholders demand returns on their investments in the form of dividends which is a cost of equity—so the business is essentially paying for the privilege of accessing funds it isn't using. Buying back some or all of the outstanding shares can be a simple way to pay 自社株買いとは off investors and reduce the overall cost of capital. For this reason, Walt Disney (DIS) reduced its number of outstanding shares in the market by buying back 73.8 million shares, collectively valued at $7.5 billion, back in 2016.  

3 Reasons Why Companies Buy Back Stocks

Melissa 自社株買いとは Ling Investopedia, 2019.

Preserves the Stock Price

Shareholders usually want a steady stream of increasing dividends from the company. And one of the goals of company executives is to maximize shareholder wealth. However, company executives must balance appeasing shareholders with staying nimble if the economy dips into a recession.

One of the hardest-hit banks during the Great Recession was Bank of America Corporation (BAC). The bank has recovered nicely since then, but still has some work to do in getting back to its former glory. However, as of the end of 2017, Bank of America had bought back nearly 300 million shares over the prior 12-month period.   Although the dividend has increased over the same period, the bank's executive management has consistently allocated more cash 自社株買いとは 自社株買いとは to share repurchases rather than dividends.

Why are buybacks favored over dividends? If the economy slows or falls into recession, the bank might be forced to cut its dividend to preserve cash. The result would undoubtedly lead to a sell-off in the 自社株買いとは stock. However, if the bank decided to buy back fewer shares, achieving the same preservation of capital as a dividend cut, the stock price would likely take less of a hit. Committing to dividend payouts with steady increases will certainly drive a company's stock higher, but the dividend strategy can be a double-edged sword for a company. In the event of a recession, share buybacks can be decreased more easily than dividends, with a far less negative impact on the stock price.

The Stock Is Undervalued

Another major motive for businesses to do buybacks: They genuinely feel their shares are undervalued. Undervaluation occurs for a 自社株買いとは number of reasons, often due to investors' inability to see past a business' short-term performance, sensationalist news items or a general bearish sentiment. A wave of stock buybacks swept the United States in 2010 and 2011 when the economy was undergoing a nascent recovery from the Great Recession.   Many companies began making optimistic forecasts for the coming years, but company stock prices still reflected the economic doldrums that plagued them in years prior. These companies invested in themselves by repurchasing shares, hoping to capitalize when share prices finally began to reflect new, improved economic realities.

If a stock is dramatically undervalued, the issuing company can repurchase some of its shares at this reduced price and then re-issue them once the market has corrected, thereby increasing its equity capital without issuing any additional shares. Though it can be a risky move in the event that prices stay 自社株買いとは 自社株買いとは low, this maneuver can enable businesses who still have long-term need of capital financing to increase their equity without further diluting 自社株買いとは company ownership.

For example, let's assume a company issues 100,000 shares at $25 per share, raising $2.5 million 自社株買いとは in equity. An ill-timed news item questioning the company's leadership ethics causes panicked shareholders to begin to sell, driving the 自社株買いとは price down to $15 per share. The company decides to repurchase 50,000 shares at $15 per share for a total 自社株買いとは outlay of $750,000 and wait out the frenzy. The business remains profitable and launches a new and exciting product line the following quarter, driving the price up past the original offering price to $35 per share. After regaining its popularity, the company reissues the 50,000 shares at the new market price for a total capital influx of $1.75 million. Because of the brief undervaluation of its stock, the company was able to turn $2.5 million in equity into $3.5 million without further diluting ownership by issuing additional shares.

It's a Quick Fix for the Financial Statement

Buying back stock can 自社株買いとは 自社株買いとは also be an easy way to make a business look more attractive to investors. By reducing the number of outstanding shares, 自社株買いとは a company's earnings per share (EPS) ratio is automatically increased – because its annual earnings are now divided by a lower number of outstanding shares. For example, a company that earns $10 million in a year with 100,000 outstanding shares has an EPS of $100. If it repurchases 10,000 of those shares, reducing its total outstanding shares to 90,000, its 自社株買いとは EPS increases to $111.11 without any actual increase in earnings.

Also, short-term investors often look to make quick money by investing in a company leading up to a scheduled buyback. The rapid influx of investors artificially inflates the stock's valuation 自社株買いとは and boosts the company's price to earnings ratio (P/E). The return on equity (ROE) ratio is another important financial metric that receives an automatic boost.

One interpretation of a buyback is that the company is financially healthy and no longer needs excess equity funding. It can also be viewed by the market that management has enough confidence in the company to reinvest 自社株買いとは in itself. Share buybacks are generally seen as less risky than investing in research and development for new technology or acquiring 自社株買いとは 自社株買いとは 自社株買いとは a competitor; it's a profitable action, as long as the company continues to grow. Investors typically see share buybacks as a positive sign for appreciation in the future. As a result, share buybacks can lead to a rush of investors buying the stock.

Downside of Buybacks

A stock buyback affects a company's credit rating if it has to borrow money to repurchase 自社株買いとは the shares. Many companies finance stock buybacks because the loan interest is tax-deductible. However, debt obligations drain cash reserves, which are 自社株買いとは frequently needed when economic winds shift against a company. For this reason, credit reporting agencies view such-financed stock buybacks in a negative light: They do not see boosting EPS or capitalizing on undervalued shares as a good justification for taking on debt. A downgrade in credit rating often follows such a maneuver.

Effect on the Economy

Despite the above, buybacks can be good for a company's economics. How about the economy as a whole? Stock buybacks can have a mildly positive effect on the economy overall. They tend to have a much more direct and positive effect on the financial economy, as they lead to rising stock prices. But in many ways, the financial economy feeds into the real economy and vice versa. Research has shown that increases in the stock market have an ameliorative effect on consumer confidence, consumption and major purchases, a phenomenon dubbed "the wealth effect."  

Another way improvements in the financial economy impact the real economy is through lower borrowing costs for corporations. In turn, these corporations are more likely to expand operations or spend on research and development. These activities lead to increased hiring 自社株買いとは and income. For individuals, improvements in the household balance sheet enhance chances they leverage up to borrow to buy a house 自社株買いとは or start a business.

自社株買いって何?

自社株買いって何?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

自社株買いとは?メリット・デメリットや、投資家への影響をわかりやすく解説します

担当:やさしい株のはじめ方編集部

自社株買いとは、企業が発行している株式を、自らの資金を使って市場から買い戻すことです。そもそも企業が資金調達のために株式を発行するのですが、なぜわざわざ買い戻す必要があるのでしょうか? 自社株買いとは 主な理由は、「 株主還元 」と「 ストックオプション (従業員などが自社株式を購入できる権利)」の2つです。先に結論を言いますと、自社株買いは株価の上昇に繋がるので、 プラスの材料 として株主(投資家)に喜ばれます。それでは、詳しく見ていきましょう。

2.自社株買いは、「配当金」と並ぶ代表的な株主還元

代表的な株主還元として「配当金」がありますが、「自社株買い」も株主が喜ぶ株主還元の1つです。配当金は、実際に株主がお金を受け取るのでわかりやすいですが、自社株買いはそういった金銭の受け取りはありません。 ではなぜ株主還元になるかというと、自社株買いをして“消却”をすることで自社で発行している株式数が減り、その結果「PER」や「ROE」、「PBR」が改善されて株価が上がりやすくなるためです。 消却とは、自社が発行している株式の一部を消し去ることです。つまり、100万株発行していた株を90万株に減らすという意味で、売却とは根本的に異なります(売却は他人に売ること)。

3.自社株買いのメリット・デメリット

3-1.自社株買いのメリット

3-2.自社株買いのデメリット

4.自社株買いは株価にどう影響する?

  • 自社株買いをすることでPERが低くなり、株価上昇が期待できる
  • 自社株買いをすることでROEが向上し、好材料となる
  • 自社株買いでPBRが低くなり、株価上昇が期待できる(PBR1倍未満の場合)

4-1.自社株買いをすることでPERが低くなり、株価上昇が期待できる

「PER」は、 利益と株価の関係から 割安性 を測る指標 です。PERの数字が小さいほど割安といえます。自社株買いをすると、このPERが小さくなって割安になることで、需要が増えて株価が上昇する傾向にあります。具体的に数字を入れて見ていきましょう。(→PERの詳しい説明を見る)

自社株買いによるPERの変化

< 10万株 の自社株買いをした後のA社>
・株価 … 1,000円
・発行済み株式数 … 90万株(100万株-10万株)
・当期純利益 … 5,000万円

A社の1株あたりの当期純利益は5,000万円÷90万株=55.56円。PERは1,000円÷55.56円= 18倍 です。

自社株買いをしたことで、PER20倍がPER18倍まで下がりました。ただ、業績などに関係なく割安になったので、すぐに元の水準まで戻ると考えられます(実際には、自社株買いが発表されたと同時に買いが入り、株価が上昇することが多いので、結果的にPERはそこまで変わりません)。 PERが20倍になる場合の株価は、55.56円×20倍=1,111円です。つまり、元々1,000円だった株価が、自社株買いにより1,111円まで上昇( +11.1% の上昇)するのが期待できます。

4-2.自社株買いをすることでROEが向上し、好材料となる

「ROE」は、 利益と株主資本の関係から 収益性 を測る指標 です。ROEの数字が高いほど、株主資本を効率よく使って利益をあげていることがわかります。 自社株買いをすると、このROEが高くなり、投資対象としての魅力が高まります。具体的に数字を入れて見ていきましょう。(→ROEの詳しい説明を見る)

自社株買いによるROEの変化

< 1,000万円分 の自社株買いをした後のA社>
・株主資本 … 9,000万円(1億円-1,000万円)
・当期純利益 … 5,000万円

A社のROEは5,000万円÷9,自社株買いとは 000万円= 55.56% です。

4-3.自社株買いでPBRが低くなり、株価上昇が期待できる(PBR1倍未満の場合)

「PBR」は、 純資産と株価の関係から 割安性 を 測る指標 です。PBRの数字が小さいほど割安と言えます。 PBR1倍未満の場合に限りますが 、自社株買いをすることでPBRの数字がより小さくなり、割安感が増します。 その結果、需要が増えて株価が上がりやすくなります。具体的に数字を入れて見ていきましょう。(→PBRの詳しい説明を見る)

自社株買いによるPBRの変化

自社株買いをしたことで、PBR0.50倍からPBR0.47倍に下がりました。業績などに関係なく割安になったので、すぐに元の水準まで戻ると考えられます(実際には、自社株買いが発表されたと同時に買いが入り、株価が上がることが多くあります)。 PBRが0.50倍になる場合の株価は、2,111円×0.50倍=1,056円です。つまり、もともと1,000円だった株価が、自社株買いによって1,056円まで上がる( 自社株買いとは +5.6% の上昇)ことが期待できます。

ただし、自社株買いによってPBRの割安感が増すのは、 PBRが1倍未満の場合のみ です。PBRが1倍以上で自社株買いがおこなわれると、PBRの数値が上がってしまい、割安感がなくなってしまいます。この場合は、株価が上がる材料にはならないので、注意が必要です。

5.直近で自社株買いを発表した銘柄

自社株買いを発表した銘柄のうち、 最新10件 を下の表にまとめました。

自社株買いとは 自社株買いとは 自社株買いとは
発表日 銘柄名(銘柄コード) 発行済株式総数に
対する割合
取得期間 ※
2022/6/2 不二電機工業
(6654)
3.48% 2022/6/3
2022/6/2 泉州電業
(9824)
1.11% 2022/6/3~2022/10/31
2022/6/1 レーサム
(8890)
21.57% 2022/6/2~2022/8/9
2022/5/31 はてな
(3930)
3.32% 2022/6/1~2022/12/30
2022/5/31 アンリツ
(6754)
3.70% 2022/6/1~2022/7/29
2022/5/31 ACCESS
(4813)
5.05% 2022/6/1~2022/11/30
2022/5/30 札幌臨床検査センター
(9776)
0.67% 2022/5/31
2022/5/30 筑波銀行
(8338)
0.15% 2022/5/31~2022/6/23
2022/5/27 東邦化学工業
(4409)
1.41% 2022/5/30
2022/5/27 山一電機
(6941)
1.89% 2022/6/1~2022/9/30

自社株買いとは、 会社が発行している株式を、自らの資金を使って市場から買い戻すこと です。自社株買いをおこなうと、1株あたりの利益が増えるほか、株価指標が改善するため、 株価が上がりやすくなります 。 また、ビジネスが成熟した会社にとっては、設備投資よりも高リターンの投資先となります。自社株買いは、投資家や株主、会社にとってメリットが大きい株主還元策です。

twitter

hatena

やさしい株のはじめ方編集部
「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。当サイトを見て、少しでも“勉強になった”と思っていただければ幸いです。

Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!

日本株、いま大流行の「自社株買い銘柄」で“めちゃ儲けるテク”と“注目銘柄20”を全実名公開…!

株式市場が不安定に乱高下を続けている。 背景は世界的なインフレの進行による景気後退懸念だが、それに拍車をかけるように米国の小売企業の業績が悪化したことが、市場参加者の不安心理を増大させる結果となったようだ。 【実名公開】「自社株買い銘柄」で”めちゃ儲けるテク”と”注目銘柄20”を全実名! 大手ディスカウントストアであるウォルマートとターゲットがそれぞれ予想を大幅に下回る決算を発表し、株価が急落を見せたことが話題となった。 背景には、原材料高によるコスト増と、消費者の購買対象が低価格で利益率の低い商品へと集中して収益性が悪化したことが挙げられている。これは、過度なインフレによる消費への悪影響が直接的に表面化し始めたことを意味する。 米国は、どれだけ物価の高騰が進もうと「強い内需」が続くかぎり景気に影響はないというのが唯一の拠り所であったが、今回の小売りの決算によってこのインフレを正当化する大義名分を失ってしまうこととなった。 しかも、現在もインフレはまったく収まっておらず、FRBはここからさらに難しい判断を迫られることになるだろう。

自社株買いの「乱発」が始まった

一方で、日本はこれからがリオープン、といった雰囲気にあり、欧米の状況とは大きく異なる。 コロナ禍における様々な制約がようやく解除され、まさにこれから消費の回復が期待される局面だろう。 日銀も依然として緩和スタンスを崩さずに低金利の維持に固執し、インフレもコアCPIが日銀目標の2%を超えたものの、欧米と比較すると微々たるものだ。 しかし、株価は冴えない。無論、日本にもインフレの波が到来し、消費や景気に悪影響を及ぼす可能性は否定できない。ただ、足元の株価の動きは、日本独自の要因というより欧米に巻き込まれる形で乱高下している側面が強く、多くの日本企業は自社の株価にもどかしさを感じているかもしれない。 そして、そのフラストレーションが結果として株主還元の強化、特に自社株買いの乱発につながっているようだ。 ---------- 図:過去12ヵ月間 日本の上場企業の自社株買い件数の推移 ---------- 事実として、日本株市場の過去12ヵ月間の自社株買い実施の発表件数の推移を見ると、4月末現在の数字は過去10年間で最大となっており、その増加の傾きが非常に急であることから、企業の自社株買い実施への意欲の高さが理解できる。 では、なぜ今この瞬間に日本で自社株買いが急増しているのか。

【注目】 今週の【自社株買い】銘柄 (5月23日~27日 発表分)

バリューHR <日足> 「株探」多機能チャートより

○バリューHR [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.37%にあたる10万株(金額で1億5000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月24日から9月30日まで。

○コスモスイニ [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の1.18%にあたる40万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は6月29日から23年2月28日まで。

○WDI [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.79%にあたる5万株(金額で8750万円)を上限に、5月25日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

○日東紡 [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の7.0%にあたる273万株(金額で50億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月25日から23年5月24日まで。うち40万株を5月25日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。

○飯田GHD [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の2.77%にあたる800万株(金額で200億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月25日から23年5月24日まで。また、発行済み株式数の2.06%にあたる605万2582株の自社株を消却する。消却予定日は6月10日。

○石原ケミ [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の3.自社株買いとは 自社株買いとは 19%にあたる50万株(金額で6億2450万円)を上限に、5月25日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

○日エンター [東証S]
発行済み株式数の3.98%にあたる160万株の自社株を消却する。消却予定日は5月31日。

○イード [東証G]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.67%にあたる3万3000株(金額で3000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は6月1日から7月31日まで。

○インパクト [東証G]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.37%にあたる2万5000株(金額で5000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月25日から7月29日まで。

○ミクロン [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.25%にあたる1万5000株(金額で1903万5000円)を上限に、5月25日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

○ULSグルプ [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の3.6%にあたる20万株(金額で6億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は6月1日から7月31日まで。

○日ヒュム [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.50%にあたる12万5000株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月26日から23年3月22日まで。

○日鋳造 [東証S]
発行済み株式数の6.04%にあたる31万0100株の自社株を消却する。消却予定日は7月29日。

○日本アビオ [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.18%にあたる5000株(金額で1000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月26日から5月27日まで。

○テレ東HD [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.7%にあたる20万株(金額で4億6000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月26日から7月14日まで。うち14万0500株を5月26日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。また、取得した自社株は7月29日付で全て消却する。

○テアトル [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の1.07%にあたる8万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月26日から11月30日まで。

○タビオ [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.37%にあたる2万5000株(金額で3750万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月27日から23年5月26日まで。

○ミダックHD [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.24%にあたる6万5000株(金額で1億7660万5000円)を上限に、5月27日朝の名証の自己株式立会外買付取引「N-NET3」で自社株買いを実施する。

○ヒロセ電 [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の2.83%にあたる100万株(自社株買いとは 金額で169億6000万円)を上限に、5月27日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

○東邦化 [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の1.41%にあたる30万株(金額で1億5690万円)を上限に、5月30日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

○住友大阪 [東証P]
発行済み株式数の7.82%にあたる291万3700株の自社株を消却する。消却予定日は5月31日。

○山一電機 [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の1.89%にあたる40万株(金額で7億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は6月1日から9月30日まで。

○セルム [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の13.4%にあたる90万株(金額で7億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月30日から8月29日まで。

  • ・今週の【話題株ダイジェスト】 ミット、スポーツF、QDレーザ (5月23日~27日)
  • ・【今週読まれた記事】復活! 国策テーマ買いの潮流 (05/28)
  • ・週間ランキング【値上がり率】 (5月27日)
  • ・今週の【上場来高値銘柄】エムアップ、KDDIなど8銘柄 (05/28)
  • ・レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (5月23日-27日)
  • ・今週の【株式分割】銘柄 (5月23日~27日 発表分)
  • ・今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第2弾〕33社選出 <成長株特集> (05/26)
  • ・【植木靖男の相場展望】 ─近づく米国株底入れで次世代テーマ鮮明へ (05/28)
  • ・井出真吾(ニッセイ基礎研)が斬る ―どうなる? 半年後の株価と為替― (05/28)
  • ・バリュー株優位はいつまで? バリュエーション格差に見る「割高・成長株」の逆襲 (05/25)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる