基本情報

通貨スワップ、通貨オプションとは

通貨スワップ、通貨オプションとは
ノックアウト型 ノッチ型

企業、公益法人における金融商品被害 | スワップ取引

金利スワップとは、同じ通貨で種類の異なる金利同士を交換する取引です。
例を挙げて説明しましょう。取引の当事者をAとBとします。
Aが銀行から1億円を期間3年間でLIBOR (ロンドン銀行間取引金利)に基づく変動金利で借りているとします。
しかし、Aとしては、金利変動のリスク、すなわち、将来金利が高くなるリスクをとりたくありません。
そこで、Bとの間で、(1)AがBに対し1億円についての固定金利2%の利息を 銀行からの返済期間である3年間払うとともに、 (2)BがAに対し1億 円についてのLIBORに基づく変動金利を同じく3年間支払うことを 内容とする金利スワップの契約を締結します。

Aが銀行に支払う金利(①)及びBがAに支払う金利(③)は、変動金利で同額です。
そこで、AはBから支払ってもらったお金(③)を銀行にそのまま支払えばよいことになります。
将来、①の支払いについての変動金利の金利が上昇し支払う金額が増えても、 ③の支払いの金額も増えますので、結局、AはBに対する固定金利2%を支払い続ければいいことになります。
他方、Bは、上記変動金利が固定金利2%を下回っている限り、 利ざやを稼ぐことができることになります (反面、変動金利が固定金利2%を上回った場合は、余分に支払わねばならないことになります)。

これに対し、通貨スワップとは、異種の通貨の元利金を交換する取引です。
これも例を挙げて説明しましょう。同じく取引の当事者は、AとBにします。
現時点で、1ドル=100円の為替相場だとします。
Aは、これから5年間、毎年10万ドルの原材料を米国業者から仕入れるとします。
現時点では、1ドル=100円ですので、10万ドルを支払うためには、 1000万円を用意しなければなりません。
しかし、将来円安となり、1ドル=120円になると、1200万円を用意しなければならなくなります。
Aとしてはこのような為替変動のリスクを取りたくありません。
そこで、Bとの間で、5年間、毎年、AがBに1000万円を支払い、 Bが10万ドル支払う通貨スワップ契約を締結することが考えられます。
こうすれば、Aは、為替変動のリスクをヘッジする(防ぐ)ことができ、 結果的に毎年1000万円の負担で、原材料を購入することができます。

スワップ取引の危険性

1 リスクヘッジとしてのスワップ取引の危険
リスクヘッジとして、スワップ取引を行う場合、それが適正妥当に使用されている場合は 問題がありません。
いわゆる、オーバーヘッジの状態となっていると、損害が発生することになります。

平成17年(2005年)12月2日、公正取引委員会が
「株式会社A銀行は、自行と融資取引融資取引関係にある事業者であって、 その取引上の地位が自行に対して劣っているものに対して、 融資に係る手続を進める過程において、事業者との間で設定される想定元本 (金利計算のための計算上の元本。以下同じ。)を基礎として算定された異なる 種類の金利を契約期間において交換することを内容とする 金融派生商品(以下「金利スワップ」という。)の購入を提案し、 通貨スワップ、通貨オプションとは 通貨スワップ、通貨オプションとは 金利スワップを購入することが融資を行うことの条件である旨又は金利スワップを 購入しなければ融資に関して不利な取扱いをする旨を明示又は示唆することにより 金利スワップの購入を要請し、金利スワップの購入を余儀なくさせる行為を取りやめなければならない。」等、 当該銀行が融資先である企業に対し、その優越的地位を濫用し、 スワップ取引を購入させたことに対し、その行為の取りやめ等を勧告したのに対し、 当該銀行が応諾したことから平成17年12月26日、同意審決となった例があります。

この同意審決は、 「A銀行は、事業差yにおける金融機関からの借り入れ(特に、他の金融機関からの借入れ)に 係わる支払い金利の種類、弁済条件等の個別の借入れの内容及び事業者における 将来の金融機関からの回礼れの予定について十分に検討することなく、 また金利スワップの想定元本又は契約期間が、 金利上昇リストのヘッジの対象となる借入れの元本又は契約期間を上回る設定 (金利スワップの想定元本が契約貴期間中に金利上昇リスクのヘッジの対象とした 借入れの元本を上回ることになる設定も含む、以下「オーバーヘッジ」という。)と なる金利スワップの購入を提案し、販売している場合がある。」

「これらの行為の結果、金利スワップの購入を余儀なくされた融資先事業者は、 融資に係わる支払金利に加えて、当該金利スワップの契約期間において 金利スワップに伴う固定金利と変動金利の差額を支払い続けなければならず、 また、当該金利スワップを契約期間中に解約しようとするときには一括して 所要の解約清算金を支払わなければならず、融資に係わる支払金利以外の 金銭的負担を強いられることになっている。」 としています。

2 投資としてのスワップ取引の危険性
前記のようにスワップ取引は、リスクヘッジの機能を持つものですが、 問題になる多くのケースの場合、スワップ取引を購入する当事者は、 リスクヘッジのためではなく、投資として、スワップ取引を購入します。

そのため、一見、購入者に有利なように見える取引でも、スワップ取引等のデリバティブ契約では、 バランスをとるために特殊な条項が入れられることがあります。
このような条項に、ノックアウト・オプション、ノックイン・オプションがあります。

ノックアウト・オプションというのは、 通貨スワップ、通貨オプションとは 「対象となる原資産が一定の価格水準に達すると(※ 当該契約等)が消滅する」こと を定めた条項のことであり、ノックイン・オプションとは、 「あらかじめ決められた期間(モニタリング期間または観察期間という)中に、 対象となる原資産が一定の価格水準に達すると発生する」条項です (引用は、日本弁護士連合会消費者問題対策委員会編「金融商品取引被害救済の手引(五訂販)409頁から、※は私)。

契約締結時の今が、1ドル=100円の為替レートだとします。
ノックアウト・オプションの例としては、 例えば、為替レートが120円以上の円安になるとこの契約自体が消滅する というような条項が挙げられます。
また、ノックイン・オプションの例としては、為替レートが90円を越える円高になった場合、 その為替レートが維持されている期間、契約の内容が、毎月、AがBに200万円を支払い、 Bが2万ドル支払うとの内容に変更するとの条項が挙げられます (それぞれ、例であり、内容的には、さまざまなものがあります)。

為替レートが、120円と言うことは、1万ドル=120万円ということになります。
しかし、本来のスワップ契約では、Bは100万円と引き換えに、Aに1万ドルを支払わなくてはならず、 差額200万円は、Bの負担となります。
為替が円安になればなるほど、Bの負担部分は大きくなります。
しかし、上記のようなノックアウト・オプションがあれば、契約が消滅することになりますので、 120円以上の円安になれば、Bは負担を免れることになります。

他方、為替レートが90円と言うことは、100万円=約111万円ということになります。
この差額約11万円はBの利益となりますが、上記のようなノックイン・オプションが合った場合、 さらに、90円を超えるような円高になった場合、倍の200万円=2万ドルの取引を行うことになりますので、 Bの利益が倍になるとともに、Aの損失も倍になります。

振当処理の対象

企業会計ナビ

EY is a global leader in assurance, consulting, strategy and transactions, and tax services. The insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in economies the world over. We develop outstanding 通貨スワップ、通貨オプションとは leaders who team to deliver on our promises to all of our stakeholders. In so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for our clients and for our communities.

EY refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young Global Limited, each of which is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, a UK company limited by guarantee, does not provide services to clients. For more information about our organization, please visit ey.com.

© 2020 EYGM Limited. All Rights Reserved.通貨スワップ、通貨オプションとは

This material has been prepared for general informational purposes only and is not intended to be relied upon as accounting, tax, or other professional advice. Please refer to your advisors for specific advice.

EY.comへようこそ

本ウェブサイトを運用する上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性とEYのサービス向上のために、次の種類のクッキーを使用しています。機能性クッキー:利用者の操作性を向上させるために使用します(例:選択した設定の記憶)。パフォーマンスクッキー:ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、利用者のサイト上での利便性を向上させるために使用します。広告/ターゲティングクッキー:広告キャンペーンを行う第三者の広告サービス提供者により設定されるもので、利用者に関連性の高いコンテンツを提供することができます。

デリバティブって何?

デリバティブとは

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 通貨スワップ、通貨オプションとは 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

通貨スワップ、通貨オプションとは

Acrobat Distiller 5.0.1 for Macintosh

2006-07-10T12:52:42Z 2006-07-10T22:56:02+09:00 miyashita 2006-07-10T22:56:通貨スワップ、通貨オプションとは 02+09:00 0706.Z.M.Q. 68-107.Z. miyashita 0706.Z.M.Q. 68-107.Z. endstream endobj 101 0 obj > endobj 102 0 obj > endobj 103 0 obj > endobj 104 0 通貨スワップ、通貨オプションとは 通貨スワップ、通貨オプションとは obj > endobj 105 0 obj > endobj xref 0 106 0000000000 65535 f 0000337315 00000 n 通貨スワップ、通貨オプションとは 0000337467 00000 n 0000337685 00000 n 0000343540 00000 n 0000343692 00000 n 0000343911 00000 n 0000348376 00000 n 0000348528 00000 n 0000348746 00000 n 0000359345 00000 n 0000359500 00000 n 0000359708 00000 n 0000365025 00000 n 0000365180 00000 n 0000365410 00000 n 0000370332 00000 n 0000370487 00000 n 0000370695 00000 n 0000372786 00000 n 0000372941 00000 n 0000373172 00000 n 0000376710 00000 n 0000376865 00000 n 0000377085 00000 n 0000384219 00000 n 0000384374 00000 n 0000384605 00000 n 0000387835 00000 n 0000387990 00000 n 0000388232 00000 n 0000394041 00000 n 0000394196 00000 n 0000394403 00000 n 0000398358 00000 n 0000398513 00000 n 0000398733 00000 n 0000401931 00000 n 0000402086 00000 n 通貨スワップ、通貨オプションとは 0000402317 00000 n 0000407941 00000 n 0000408096 00000 n 0000408316 00000 n 0000411510 00000 n 0000411665 00000 n 0000411884 00000 n 0000415799 00000 n 0000415954 00000 n 0000416161 00000 n 0000419306 00000 n 0000419461 00000 n 0000419692 00000 n 0000422892 00000 n 0000423047 00000 n 0000423244 00000 n 0000432724 00000 n 0000432879 通貨スワップ、通貨オプションとは 00000 n 0000433099 00000 n 0000444660 00000 n 0000444815 00000 n 0000445023 00000 n 0000451092 00000 n 0000451247 00000 n 0000451454 00000 n 0000454860 00000 n 0000455093 00000 n 0000455886 00000 n 0000456118 00000 n 0000456389 00000 n 0000456791 00000 n 0000457064 00000 n 0000457440 00000 n 0000457712 00000 n 0000458059 00000 n 0000458154 00000 n 0000458460 00000 n 0000458555 00000 n 0000458860 00000 n 0000459251 00000 n 0000460038 00000 n 0000460457 00000 n 0000460601 00000 n 0000461390 00000 n 0000461532 00000 n 0000461759 00000 n 0000462095 00000 n 0000462344 00000 n 0000481444 00000 n 0000483235 00000 n 0000486208 00000 n 0000486435 通貨スワップ、通貨オプションとは 00000 n 0000486653 00000 n 0000486987 00000 n 0000549147 00000 n 0000549372 00000 n 0000549767 00000 n 0000549859 00000 n 0000549966 00000 n 0000551315 00000 n 0000551359 00000 n 0000551398 00000 n 0000552847 00000 n 0000553084 00000 n 0000553169 00000 n 0000553260 00000 n 0000553407 00000 n trailer ] >> startxref 173 %%EOF 61 1 obj > stream

Acrobat Distiller 5.0.1 for Macintosh

2006-07-10T12:52:42Z 2006-07-11T10:08:48+09:通貨スワップ、通貨オプションとは 00 miyashita 2006-07-11T10:08:48+09:00 0706.Z.M.Q. 68-107.Z. miyashita 0706.Z.M.Q. 68-107.Z. endstream endobj 101 0 obj > endobj 102 0 obj > endobj 104 0 obj > endobj 105 0 obj > endobj 107 0 obj > endobj xref 0 1 0000000058 65535 f 19 1 0000000000 00001 f 22 1 通貨スワップ、通貨オプションとは 0000000019 00001 f 25 1 0000000022 00001 f 28 1 0000000025 00001 f 31 1 0000000028 00001 f 34 1 0000000031 00001 f 37 1 0000000034 00001 f 40 1 0000000037 00001 f 43 1 0000000040 00001 f 46 1 0000000043 00001 f 49 1 0000000046 00001 f 52 1 0000000049 00001 f 55 1 0000000052 00001 f 58 1 通貨スワップ、通貨オプションとは 0000000055 00001 f 61 1 0000555806 00001 n 101 2 0000557254 00000 n 0000557491 00000 n 104 通貨スワップ、通貨オプションとは 2 0000557567 00000 n 0000557677 00000 n 107 1 0000557754 00000 n trailer ] >> startxref 557868 %%EOF

為替デリバティブ取引で優良中小企業が窮地に!

2004年から2007年頃にかけて、一時1ドル115円から120円くらいまで円安が進行しましたが、その頃大手の銀行は、優良な中小企業等に対して、 円安時に利益が受けられる商品として為替デリバティブと呼ばれる商品を大量に販売 しました。ところが、2008年のリーマンショックの頃から一転して円高が進んだために、 多額の損失を受ける企業が続出 し、本業が順調であるにもかかわらず会社の維持が難しくなるという事態も発生しています。

為替デリバティブ商品のパターン

ギャップ・レシオ型①とギャップ・レシオ型②

ギャップ・レシオ型① ギャップ・レシオ型②

ノックアウト型とノッチ型

ノックアウト型 ノッチ型

一般的な為替予約

(参考までに) 一般的な為替予約

為替デリバティブ取引の問題点

商品設計の問題

これらの商品は、限られた円安の局面では利益が得られる一方で、一定限度以上に円高が進むと利益が一気にゼロになったり一時に多額の損失が発生し( ギャップレート )、しかも円高の局面では為替相場の2倍ないし3倍に比例した損失を発生する( レシオ、レバレッジ )というのが典型ですが、条件が複雑で、リスクの質・量が理解しづらいです。一般的な為替予約と異なり利益と損失が非対称であり、為替リスクヘッジの手段としての合理性も大いに疑われます。

また、長期の為替変動を予測することは困難であるにもかかわらず、これらの契約は契約期間が極めて長期に設定されているため、 円高に振れた場合のリスクは際限がなく、中途解約しようとすれば多額の違約金を請求される ため、事後的なリスクコントロールが不可能です。

さらに、契約時の費用がゼロに設定されていることから( ゼロコスト )、リターンとリスクが互いに見合っているはずですが、顧客はそれを検証することが不可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる