FXの学習方法

FXツールバー

FXツールバー
  • ホーム :ホームアイコン( )は、アプリのホーム画面を表します。
  • トレーニング :Photoshop iPad 版の主な違いを確認し、一般的なワークフローを理解するのに役立つインタラクティブなアプリケーションツアーとハンズオンチュートリアルにアクセスします。
  • 検索 :他の Photoshop ユーザーのアートワーク、プロジェクト、ライブストリームから厳選されたセレクションを表示して、インスピレーションを得たり、自分の創造性を刺激したりできます。
  • ファイル :Photoshop iPad 版のすべてのドキュメントは、「ファイル」セクションに含まれています。
    • 自分のファイル FXツールバー :iPad 版かデスクトップ版かを問わず、Photoshop で作成され、保存されたすべてのクラウドドキュメントのリストを表示します。クラウドドキュメントについて詳しくは、Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問を参照してください。
    • 共有されたアイテム :Photoshop で共有されたクラウドドキュメントのリストを表示します。

    ワークスペースについて

    Photoshop iPad 版を起動すると、アプリのホーム画面が表示されます。ホーム画面から、コンポジットまたはドキュメントの作成を開始し、編集ワークスペースに進みます。ワークスペースには、お気に入りの Photoshop ツールやパネル、コンポジットの作成や作品の修正に役立つオプションが用意されています。今後のリリースでは、さらに多くの Photoshop のツールや機能が iPad に追加される予定です。

    ホーム画面

    Photoshop iPad 版のホーム画面ですべてのドキュメントを簡単に見つけることができます。

    Photoshop iPad 版のホーム画面ですべてのドキュメントを簡単に見つけることができます。

    • ホーム :ホームアイコン( )は、アプリのホーム画面を表します。
    • トレーニング :Photoshop iPad 版の主な違いを確認し、一般的なワークフローを理解するのに役立つインタラクティブなアプリケーションツアーとハンズオンチュートリアルにアクセスします。
    • 検索 :他の Photoshop ユーザーのアートワーク、プロジェクト、ライブストリームから厳選されたセレクションを表示して、インスピレーションを得たり、自分の創造性を刺激したりできます。
    • ファイル FXツールバー :Photoshop iPad 版のすべてのドキュメントは、「ファイル」セクションに含まれています。
      • 自分のファイル :iPad 版かデスクトップ版かを問わず、Photoshop で作成され、保存されたすべてのクラウドドキュメントのリストを表示します。クラウドドキュメントについて詳しくは、Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問を参照してください。
      • 共有されたアイテム :Photoshop で共有されたクラウドドキュメントのリストを表示します。

      ワークスペースの編集

      ドキュメントを開くとすぐに編集ワークスペースに切り替わり、クリエイティブな作業を開始できます。開いたドキュメントのうち、キャンバスに表示されている領域に対して作業が行えます。Photoshop iPad 版は、コンテキスト対応のユーザーインターフェイスを提供します。主なツールとツールオプションは前後関係に依存し、必要な場合にのみ表示されます。

      ワークスペース

      Photoshop iPad 版のワークスペースを理解する

      ツールアイコンに追加されたラベル

      Photoshop iPad 版で画像の作業中に、ツールアイコンに追加されたラベルが ワークスペース に表示されるようになりました。アイコンにカーソルを合わせると、アイコンの意味が表示されます。

      ヘッダーバー

      ヘッダーバー

      A. ホーム :戻るアイコンを使用して、編集ワークスペースからホーム画面にいつでも切り替えることができます。
      B. ファイル名 :現在開いているドキュメントの名前を表示します。
      C. 現在のズームレベル :開いているドキュメントの現在のズームレベルが表示されます。
      D. 取り消し :直前に実行した操作を元に戻します。
      E. やり直し :最後に取り消した操作をやり直します。
      F. クラウドドキュメントのヘルプ :オンラインまたはオフラインかどうかと、クラウドドキュメントの保存ステータスを確認します。
      G. ドキュメントを共有 :アイコンをタップして、共同作業やコメントの追加のためにドキュメントを共有します。
      H. 送信先 : 送信先 アイコンをクリックして、作品を公開、書き出し、およびライブストリームを配信できます。
      I. ヘルプ :ヘルプメニューから一元的に、すべてのヘルプリソースを検索できます。チュートリアルの参照、ツアーの開始、ジェスチャーとショートカットの表示、コミュニティへの投稿、およびフィードバックの共有を行うことができます。
      J. ドキュメントプロパティ : ドキュメントプロパティパネルを使用して、要件に合わせてドキュメントのサイズを変更します

      ツールバー

      A. 移動 :選択範囲やレイヤーを移動します。
      B. 変形 FXツールバー :選択したレイヤまたはオブジェクトにさまざまな変形操作を適用します。
      C. 選択ツール :選択ツールから、 なげなわ、オブジェクトの選択 、 クイック選択 、 長方形選択ツール 、 楕円形を選択 、 自動選択ツール を選択します。「 被写体を選択 」アクションを使用して、選択することもできます。
      D. ブラシ :ブラシストロークを適用し、ブラシ設定を制御します。
      E. 消しゴムツール :消しゴムブラシストロークを適用した部分を写真から削除します。
      F. 修復 :クローンツールの スポット修復ブラシツール 、 修復ブラシ 、 コピースタンプツール を使用して、欠点を修正します。
      G. 調整ツール :覆い焼きツールと焼き込みツールを使用して、画像の特定の領域を明るくする(覆い焼き)または暗くする(焼き込む)ことにより、適切な露光量を設定します。
      H. 塗りつぶし :塗りつぶしツールの FXツールバー 塗りつぶしツール と グラデーション を使用して、アクティブな選択範囲を描画色で塗りつぶします。
      I. 切り抜き :選択範囲を切り抜き、回転と再センタリングを選択します。
      J. テキスト :文字を追加するためのテキストレイヤーを作成します。
      K. 写真を配置 : カメラロール 、 ファイル 、 ライブラリ 、 カメラ から写真を追加します。
      L. スポイト FXツールバー :任意のレイヤーからサンプリングすることで、描画色を簡単に変更できます。
      M. カラーチップ :選択した描画色と背景色をカラーチップに表示します。2 つの色を切り替えるには、垂直方向にスワイプします。カラーチップをタップすると、表示されたカラーピッカーの中から新しい色を選択できます。
      N. 切り替え :タップして、上のカラーチップの 2 色を切り替えます。

      注: 三角形が表示された右下のアイコンを長押しすると、さらに多くのツールが表示されます。

      関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる