オプション 取引ルール

流動資産って何

流動資産って何
流動比率の目安は業種によって異なります。
なぜ業種によって異なるかというと、売上が現金として回収できるタイミングが業種によって様々だからです。
小売業や飲食業などはその場ですぐ売上を現金回収できるため、流動比率は低くても問題ありません。
しかし建設業等の売上は現金の回収まで長期間を必要とするケースが多く、ある程度会社に資産の蓄えがないとうまく経営が回らない可能性があります。
業種別の目安は、政府統計の「商工業実態基本調査」によると以下の通りです。

資産とは何か?主な区分や財務状況の判断方法や改善方法をわかりやすく解説!

経理お役立ち情報

総資産について

当座資産:現金・預金、受取手形、売掛金、有価証券といった流動性の高いもの
棚卸資産:製品、原材料、仕掛品、貯蔵品といった今後販売や消費されるもの
その他の流動資産:前払費用、短期貸付金など

有形固定資産:建物、構築物、機械、車両、工具、土地など形があるもの
無形固定資産:特許権、借地権、商標権、ソフトウェアなど形がないもの
投資その他の資産:長期前払費用、有価証券など

・対価の支払いが完了している
・既に役務の提供を受けている
・効果が将来にわたり発現すると期待できる

純資産について

株主資本:資本金・資本剰余金・利益剰余金・自己株式など
評価換算差額等:有価証券等評価差額金など
新株予約権:今後発行する株を受ける権利

資産からわかる財務状況判断

収益性分析

ROA(総資産利益率または総資本利益率)とは

ROAとは、資産に対しどれだけの利益を生み出したのかという総合的な収益性を示す指標です。ROAは、Return on Assetの頭文字です。投資家だけでなく、銀行や取引先などもこの指標に注目します。計算式は次のとおりです。

ROAの目安とは

ROAの改善方法について

ROAは当期純利益と総資産額から算出します。
そのため、数値を改善するためには、利益を増やす、あるいは総資産額を減らすといったアプローチが有効です。利益を増やすためには、売上を増やす・仕入原価を下げる・不要な経費を削減する、といった対策があげられます。総資産額を減らすためには、資産を洗い出し不要な資産がないか確認するところからはじめるとよいでしょう。不要在庫、遊休土地、回収困難な売掛金などが該当します。
車両や建物を売却し、レンタルすることで資産を減らすことが可能です。また、借入金の返済をはじめとした負債額を減らすことも有効です。費用処理できる繰延資産がある場合は費用として処理します。

ROE(自己資本利益率)とは

ROEは、株主資本がどれだけの利益を上げたのかを表す指標です。ROEはReturn on Equityの頭文字です。ROAと異なり、計算式の中に負債額を含まず、計算式はこのようになります。

負債とは何か?主な区分や財務状況の判断方法・負債の減らし方をわかりやすく解説!

経理お役立ち情報

● 営業債務:買掛金・支払手形など 営業活動により生じた債務
● 営業外債務:未払金・短期借入金など
● 会計的負債:未払費用・前受金・引当金など

● 長期借入金:返済期限が1年以上の借入金
● 長期未払金:返済期限が1年以上の未払金
● 退職給付引当金:将来支払う退職金に備えるもの。事業年度ごとに費用として計上する。

負債からわかる財務状況判断

● 現金・預金
● 受取手形
● 売掛金
● 売買目的有価証券
● 未収金

● 有形固定資産:建物、構築物、機械、車両、工具、土地など形がある資産
● 無形固定資産:特許権、借地権、商標権、ソフトウェアなど形がない資産
● 投資その他の資産:長期前払費用、有価証券など

固定長期適合率

有利子負債比率

● 短期借入金
● 長期借入金
● 社債
● 転換社債
● 受取手形割引

負債を減らす3つのポイント

資産の売却

不要な経費を削減する

事業ごとに見直しを行う

経営のお悩みを完全ワンストップで解決します!

FOLIOを運営しているキャシュモは、経営者のみなさまに経営に集中していただくためにバックオフィス業務を完全ワンストップでお引き受けするBPOサービスを展開しています。 流動資産って何
経理代行、財務コンサルティング、税務業務、労務業務、クラウド導入をまとめてご利用頂くことが出来、業務効率が最大化します。
詳しくはキャシュモサービスサイトをご覧ください!

資産とは何か?主な区分や財務状況の判断方法や改善方法をわかりやすく解説!

決算書の貸借対照表を見るとその会社の資産額がわかります。 しかし、一言で資産と言っても「総資産」と「純資産」とがあるため、複雑に感じ頭を悩ませる人もいるでしょう。 本記事では、総資産と純資産との違いについて、そして資産を利用した財務.

今はもう古い!経理3つの常識

皆さまの会社では、以下3つの常識、当てはまりますでしょうか? 常識① 立替経費は小口精算でやっている 常識② 毎日帳簿を付けている 常識③ 経理にとって簿記の知識は絶対必要だ もし1つでも当てはまっていたら、それは昔ながらの.

毎日帳簿を付けるのを止めた方がいい理由

皆さまは取引数の大小にかかわらず、伝票や帳簿を毎日つける習 慣が身についていませんか?実は、帳簿を付ける作業は溜めても問 題ありません。現に、弊社(に関わらず他の経理代行業者)も1か 月分の試算表作成は1日で処理しています。 毎.

経理と財務の違いとは?

経理と財務の違いとは? 経理と財務、どちらも会社のお金を扱う重要な仕事ですが、その違いは取り扱う時間軸にあります。 どちらも同じお金を扱う仕事で、密接な関係にありますが、業務の内容はまったく異なります。 まずは、経理と財務がそ.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる