暗号資産

相場の反転の定義

相場の反転の定義
鈴木拓也

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

>その辺をさらっと受け入れられる考え方や方法、ルール等はないでしょうか?

ありますよ。→損切りを実行したら、「直ちに相場から離れる」、ことです。 相場の反転の定義

具体的には、損切り注文が実行されたのを確認したら、チャートを見るのをただちに中止しましょう。パソコンの電源も切りましょう。→そして、何か別のことをしましょう。風呂に入るのも良し。散歩に出かけるのも良し。テレビを見るのも良し…です。これを習慣にすれば、損切り後にすぐ入り直してしまうという「悪いクセ」によって多大な損失を被るのは、これからは一切なくなりますよ。

損切り→反転なし=納得=成功と感じる
損切り→反転=悔しい=失敗と感じる

質問者さんはこう感じている気がしますが
メンタルな部分もあるでしょうが・・・

損切り後の反転だけについて言えば
トレードのシナリオが違ったことと受け入れるしかないと思いますが
損切りなんてそんなものでしょう

それよりも
他の方がおっしゃってるように 相場の反転の定義
元々ルールがずれているような気がしますが・・・
エントリーのタイミングが早すぎたり
先読みが過ぎているのでは??

ルールの再構築や
悔しいと感じる損切りが発生した取引の分析
を行えばもっと素直に受け入れられるかもしれませんし
損切り執行の回数が減るかもしれません

お役に立てれば・・・

損切りは、簡単なんだけど、なぜ負けたかと言う理由がわからないと、損切りの意味がありません。
直ぐ入れても結果的に戻せば特となりますが、下がれば、持ってたのと変わらないということです。

株の格言で、似たのがあります。「下げ相場は、3日待て」というのがありますよね。

三日待たなくてもいいけど、冷静に考えるためには、一日開けろ、そうすれば、冷静にに大きな相場の流れがわかるということだと思います。

漁師が、潮の流れが変わるのを、大まかに、「経験」で解かるのに近いです。

補足「下手なナンピン、高値で通用せず」というのもあります。

>でも悔しい思いをしたくなくて損切り後にすぐ入り直してしまいます。
その位の証拠金余力を残しているなら、逆張り手法を見につけたらいいじゃないですか?
損切り後に入れなおしたら、その分損失を膨らますことになる。だったら、最初からピンポイントでナンピンしたらいいじゃないですか?
1回はナンピンして、それも失敗したら損切り・・・。
1回あたりのドローダウンを小さくするのが一般的にはセオリーですが、勝率を極めれば、1回あたりのドローダウンは大きくなってもOKですよ。

考え方で説明しますと 相場の反転の定義

質問者様がお店をやっていたとします。
仕入れたものが人気がなく、売れなかった。
仕入れたものが相場より高く値段を設定してて売れなかった。
仕入れたものより便利、おいしい、など利点が多い商品が出回ったため売れなくなった。

この後の行動が損を認めること(損切り)になります。
これを仕入れよりも安い価格で売ってしまうのか、必要としてるけど買えない人や団体に寄付するのか、捨てるのか。
この辺が損切りの幅ですかね。

もし未練があってなんとなく一個だけ処分せずにショーウインドウに残しておいたとします。
この時にたまたま通りがかった人がなんとなく残しておいた1個の売れない商品を他でよりいい品がより安くあるのを知らず、衝動買いで定価で買ったとします。
「お、やっぱり売れるじゃん!これからはこれの時代だな!」
と判断してマーケティングをせずにまた同じものを大量に仕入れてみたけどやっぱり売れない。
これが損切り後すぐ入りなおして多大な損失になったパターンですね。

方法、ルールは損切りするとこで最初から入れればいいということになりますね。
おそらくエントリーのルールが間違ってます。

成功されるといいですね。がんばってください。

FX相場というのは 感情で売買すると損をするようにできています あくまで自分の手法にちゅうじつにやってください

通常、損切り後に反転することは、ままあることです。

しかし、あまりにも多発するようでしたら、損切りのポイントが間違っています。

スキャル等でないという前提で申し上げますが、
例えば、買った後に損切りするポイントは、そのポイントに達すると下げるからです。

なので、損切り後、ドテンします。

損切り後に戻ることが多発するということは、
例えば、買って、仕切り売り(損切り)、その時点で売り注文が少なくなってます。

相場っていうのは、すべての価格帯で、まんべなく売買されるわけではありません。
売買される価格帯っていうのは、多いところもあれば少ないところもあります。 相場の反転の定義
多いところでは、売りと買いが交錯します。

売買するポイントは売買の多いところでします。
損切りもそこでします。

このポイントを間違えると、意味の無い損切りになります。

利益を上げるためには、その源泉があります。
その源泉を上手に頂くためには、原理を理解し、売買しなければなりません。

チャートでもんだところでは、売買が多くなされています。
長い陰線や陽線の真ん中のところや窓の開いたところは、売買が少なかったあるいは無かったことを意味します。

チャートには意味があります。
原理を理解していれば、チャートからどこで仕掛け、どこで仕切ればいいか、わかるようになります。

> 損切りした後に相場が反転して持ってれば良かったと思うことってありますよね 相場の反転の定義

ウンウン。。。判るーー

> 悔しい思いをしたくなくて損切り後にすぐ入り直してしまいます

ウンウン。。。判るーー
相場の反転の定義
> それでうまくいくこともありますが、多大な損失を被ることもあります

要は、最初のエントリーがルール通りだとして、L/C後の再エントリーもルール通りでエントリーであれば、例えまたL/Cになったとしても問題なしでしょ。
結果的に間違っていたとしても、トレンドの中の押し目だと検知・認識するルールになっていれば良いのでは?
もちろん、そのルールだか手法がちゃんと正の期待値を持っているのだと判っていなければなりませんけど。

> 受け入れられる考え方や方法、ルール等はないでしょうか

その人の取りたい波や時間軸、利幅などで自ずと手法が出来てきますよね。
機械的にやりたいのであれば、全体のルールもシグナルもL/Cも利食い方法も漠然としていれば、意味合いは薄くなるんじゃないでしょうか。
自分の暴走を止めるために、一から十までキチッとルールを作ってトレードしたい、となるとそれはシステムトレードになっちゃいますね。
それでもいいよ、ってンなら質問者サンのやる事はまず自分のルール・手法の骨組みを作って検証をし、改善を重ねる事でしょう。
ただ、間違えやすいのが改善・改良がフィッティングになりがちだと言う事っすね。


あー、ちなみに私は逆張りの手法も使っていますが、最初の1~2回のエントリーはL/C覚悟ですよ。
2回も3回もL/Cをして、4回目で上手く乗れた・・・なんてったって、その4回目の建値が今までL/Cした価格よりも不利な価格だった・・・って事も当然あるでしょうね。
やっぱりトレンドに逆らってる!?のが逆張りですから、L/Cは多くなりがちだと思いますが、検証の結果では多少のL/Cをイヤがるより、いつ来るか判らない大きなトレード機会を逃す方が損になるんです。。
何度かのL/C前提でエントリーしていれば、大底・ド天井でトレンドの転換点を捉える事も可能っすよね。
逆張りの醍醐味~~っすね。


追記しときます。。。。。ここで回答されている皆さんは短期中心の方が多いのでしょうね。
一度切ったらもうしばらくはヤメとけーみたいな回答が多いっすよね。
ドテンを勧める人もいますモンね。
もともと知恵袋で質問される人も短期中心の人が多いように感じていますが、当の質問者サンはどうなんでしょ?
短期トレードならば明日があるさー、で済んじゃいますけど、中長期なら自分の思った方向に何度でも再エントリーしないとダメなんだと思ってるんですよ。
じゃないと、トレンドを取りに行って始めて利食いできるトレードスタイルなのに、やっと出たーーーけど!?自分だけはトレンドに乗れてない・・なんて最悪の状態になりますけんw
そのために中長期(期間の定義は人によりますけれど)だと、再エントリー・増玉のルール・検証がすごく大事なんすよね。
ま、それ以上にエグジット方法が大事ではありますけれど。

質問者サン本人のトレードスタイルやら、勝負している時間軸、目指す利幅なんかが判らないと、オイラなんかの書いてる事はピント外れの可能性がありますねー
それとも元々からズレてる!?wwww

気持ちはわかりますが、それをやりだしたらキリがないです。

その行き着くところは・・・

「損切りしないで、待ってりゃいいじゃん・・・ヽ(゜д゜)ノ」

ってのと同じ事になってしまいます。損切りしないのと同じです。むしろスプレッドかかる分だけ損です。

損切りしたらPCから離れて30分はトレードしない等のルールを設定して、その間は家の周りをぐるっと散歩してくるなり、サンドバッグを叩きまくるなり、キントレするなり、50mダッシュするなり、ピンポンダッシュしてくるなり(ぇ?)して、ホルモン抑制や頭のリフレッシュをする時間を設けるといいと思います。(それすらできないほどチャートから離れられないならおそらく重病です)

なんでもそうですが、時間がある程度経過すると「何であんなこと言ってしまったのだろう・・・」とか冷静に振り返る事ができたという経験は誰にでもあると思います。
トレードでもそういう経験は誰しもが持っているはずです。
トレードを期待値で考えれるようになれば、そういうモヤモヤを持たないようになると思いますが急にそうはなれないでしょう。
それが自然とできるようになるまでは、上記のような気を反らす(紛らわす)工夫を考えてみましょう。
結果がついてくるようになれば・・・自信がつき、自然と抵抗が少なくなっていくと思います。

ヘッドアンドショルダーとは?反転パターン5つとFXトレード手法を解説

鈴木拓也

鈴木拓也

反転パターン5つの種類

  • ヘッドアンドショルダー
  • トリプルトップ(ボトム)
  • ダブルトップ(ボトム)
  • スパイクトップ(ボトム)
  • ソーサーパターン

ヘッド&ショルダートリプルトップ(ボトム)ダブルトップ(ボトム)
ヘッド&ショルダー トリプルトップ(ボトム) ダブルトップ(ボトム)
ヘッド&ショルダー トリプルトップ(ボトム) ダブルトップ(ボトム)

最初に念頭に置いておかなければならないのは、 相場に100%という言葉は存在しません。

プロの為替ディーラーもそのことを重々承知していますし、だからこそ、常に自分のシナリオの誤りを示すサインに目を凝らしているのです。

ヘッドアンドショルダー(三尊・逆三尊)

5つの反転パターンの中でも、特に重要なバターンとしてヘッドアンドショルダーがあります。

これは日本語では、「三尊(さんぞん)」「逆三尊(ぎゃくさんぞん)」とも呼ばれています。

ヘッドアンドショルダーのパターン

そして、両肩の下の谷を結んだ線を” ネックライン ”と呼びますが、ネックラインを下に突き抜けて パターンの完成となり、上昇トレンドから下降トレンドへの転換シグナル となります。

ヘッドアンドショルダーのトレード戦略

(a) はかなり攻撃型のトレーダーが行う戦略で、左肩の水平ラインでレートが反落したのを確認し、ヘッドアンドショルダー完成を見越して事前にエントリーする戦略です。

当然ですが、その後、ヘッドアンドショルダーが完成すれば大きな利益を狙えますが、逆に予想が外れた場合は、上昇トレンドにて逆張りをすることになりますので、 リスクは高い です。

(b) は多くの教科書に書いてあるトレードポイントで、値がネックラインを下振れ、ヘッドアンドショルダーの完成を確認しエントリーする戦略です。

基本的なトレード戦略ですが、 ダマしやその後のリターンムーブ(戻り)に合う可能性も捨てきれない ので、エントリーした後も値動きには注意が必要です。

(c) は最も慎重なトレードスタイルです。リターンムーブ後に値がネックラインで反落したのを確認しエントリーする戦略です。

最も手堅い戦略ですが、ヘッドアンドショルダー完成後に、リターンムーブが無い可能性もありますので、 待っていたらトレードチャンスを逸してしまったというリスク もあります。

鈴木拓也

鈴木拓也

FXのダイバージェンスとは|反転が分かるテクニカルサイン


ダイバージェンスは 価格の動きとそれに対してオシレーター系指標がどのような動きをするかを比較して反転を探るために見るもの です。

ダイバージェンスを見るのによく使われるオシレーター系指標として、 RSIやストキャスティクスが代表的 ですが、欧米ではMACDがよく使われます。

また重要なのは、指標だけで判断するものではなく、価格の値動きも確認する必要があるので両方合わせて見たときにダイバージェンスになっているかを判断する必要があります。

ダイバージェンスの考え方とは

平均値が上がるということはローソク足は高値更新はしている ものの、 平均値と平均値の乖離がなくなっているということは相場に勢いがなくなっている ことを表すので、ローソク足が高値更新をしてもMACDの高値が切り下がるということは、事実として買われているけれど相場の勢いは衰えていることを表しています。

ダイバージェンスの判断によくあるミスとは


ダイバージェンスによくある失敗例を挙げていきます。

ゼロラインを越えていないこと

ゼロラインとはMACDの真ん中を真横に引かれているラインで、 0の値の線 です。

例えば安値と安値をダイバージェンスとして見れるようなときに 相場の反転の定義 MACDがゼロラインを割っているとダイバージェンスは不成立 です。

しかし、MACDを見てみると ゼロラインを一度割っているのでダイバージェンスとはなりません。

ゼロラインを割り込んでいるとそこで 売り圧力がいったん終わったという判断 になります。

安値と安値の間に安値が入っていないこと

ですが、青丸で囲っているようにダイバージェンスと見ている間に安値が入って、そこでMACDがいったん切りあがってしまうとダイバージェンスは成立しません。

ダイバージェンスの判断に大事なこと


ダイバージェンスは起これば常に反転するということではありません。

グロース大型株の『底打ち反転タイミング』を探る

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、 一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。 ニアピン(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。 同一満期日を持つ全ての種類のニアピンを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。 トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。 このため、投資元本の保証がなく、損失が生じるおそれがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。 また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーの価格も影響を受けます。 なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め含まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

【免責事項】1.「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。2.「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。3.「本件カバードワラント」は、乙の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「本件カバードワラント」の取引に関して、一切の責任を負わない。4.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。5.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
©2021- CAICA Securities Inc.

相場の反転の定義

ピンバーとは

ピンバーの相場と予兆

ピンバーの市場心理

サプリメント ヒント

サイト内のヒントリンク

日経平均27369.相場の反転の定義 43(+587.75)
TOPIX1922.44(+35.14)
JASDAQ164.28(-0.47)
ダウ平均33212.96(+575.77)
S&P5004158.24(+100.40)
NASDAQ12131.13(+390.48)
ドル/円127.739(+0.62)
FTSE1007586.15(+0.69)
ハンセン21123.93(+426.57)

主要市場時計

最近チェックした記事

マーケット点検

ダウンロード会員

投資は自己責任です。
配信中の展望・予想は必ず参考に留めて、最終判断はご自身の責任において行ってください。
情報の正確性やその計算方法の管理には十分に注意していますが、サイトとしてそれを保証するものではありません。
また、ネットの情報は通信事情やシステムエラー、発信元のトラブルなどによって不具合が発生することもあります。
情報はこうした点を十分にご理解いただいた上で有効に活用してください。

このサイトではネット広告(Googleアドセンス)を利用していますが、ネット広告ではユーザーの興味に応じた商品やサービスを案内するためアクセス(傾向)情報を使用することがあります。(※個人を特定できる情報は含まれません)
ネットの利用に際してはこの点に留意してください。
なお、Googleアドセンスによるアクセス情報利用の解除についてはこちらをご覧ください。

今日のレンジ展望 ORANGE TODAY

投資は自己責任です。
このサイトの記事を参考にしたトレードの結果に対しては一切の責任を負いかねます。
また、情報の正確性には十分注意していますが、それを保証するものではありません。 個人情報の保護には常に注意していますが、個人を特定できる情報の提供は避けてください。
このサイトの広告(Googleアドセンス)ではユーザーの興味に応じた商品・サービスを案内するためにユーザーのアクセス情報を使用することがあります。(個人を特定しない情報のみ)
ネットのご利用に際してはこの点にご留意ください。
アドセンスのアクセス情報利用について。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる