海外FXお役立ちガイド

ログインサポート

ログインサポート
製品情報

Opsgenie へのログイン

ユーザーは Atlassian アカウントで Opsgenie にログインできます。Atlassian アカウントを使用して、単一のプラットフォームで他のすべての Atlassian 製品にアクセスできます。Opsgenie アカウント管理者が認証によるログインを選択した場合、Opsgenie ユーザーは Atlassian 資格情報を使用して Atlassian プラットフォームにアクセスし、アプリ スイッチャーから Opsgenie を選択できます。

1 - Atlassian 資格情報でのログイン

Atlassian Cloud 製品のいずれかに直接ログインし、アプリ スイッチャーを使用して Opsgenie に移動します。

2 - Atlassian Access (SSO) でのログイン

Atlassian Access は、組織のすべての Atlassian クラウド製品全体での強化されたセキュリティおよび一元管理のための、企業規模のサブスクリプションです。Atlassian Access をサブスクライブすると、Atlassian シングル サインオンを利用できます。Opsgenie 用の Atlassian SSO を有効にするには、Atlassian Access をサブスクライブして指示に従ってください。

Atlassian Access は別途請求され、Opsgenie の Standard プランと Enterprise プランでは無料となります。ただし、他のアトラシアン製品のサブスクリプションにより、追加料金がかかる場合があります。

Opsgenie の認証

1 - Opsgenie 資格情報でのログイン

2020 年 4 月 15 日以前にサインアップされたお客様は、既定で Opsgenie ログインを使用するよう設定されています。これらのユーザーは、Opsgenie サイトから Opsgenie 資格情報を使用して Opsgenie アカウントにアクセスできます。アカウント管理者は、パスワード ポリシーを設定してセキュリティを強化できます。

2 - Opsgenie SSO でのログイン

Opsgenie には、Opsgenie に対して ログインサポート ID プロバイダーでホストされているアカウントの認証を制御できるシングル サインオン ソリューション用のプロバイダーがいくつかあります。Opsgenie SSO の詳細については、こちらをクリックしてください

Opsgenie SSO は、Standard プランおよび Enterprise プランのお客様には無料です。

[Q57682] ログイン制限について教えてください。

■解説
不正アクセス被害の防止策として、「ファイナルファンタジーXIV」および「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のゲームへ、不審なアクセスを検知した場合、スクウェア・エニックス アカウントへのログインを制限する仕組みを導入しています。ログイン制限されたスクウェア・エニックス アカウントは、ログイン制限を解除するまでどのサービスへもログインすることができなくなります。
例えば「ファイナルファンタジーXIV」で不審なアクセスが検知され、ログイン制限された場合は、同じアカウントで利用している「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」「ファイナルファンタジーXI」などもログインできなくなります。
ログイン制限の解除手続きはお客様ご自身でパスワードの変更を行っていただく必要があり、スクウェア・エニックス インフォメーションセンターでお手続きの代行はできません。

■ログイン制限の解除方法について
ログイン制限が行われると、スクウェア・エニックス アカウントに登録されているメールアドレス宛てに、ログイン制限解除に関するご案内のメールが送信されます。
メールの内容に従って、スクウェア・エニックス パスワードの再設定を行い、ログイン制限を解除してください。
※「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」をご利用で、メールアドレスの登録をされていない方はこちらをご確認ください。

■ログイン制限解除の案内メールを受け取ることができなかった場合、メールを誤って削除してしまった場合、メールに記載されているURLの有効期限が切れてしまっている場合
スクウェア・エニックス アカウント管理システムのログインページにある「ID・パスワードを忘れた方はこちら」からスクウェア・エニックス パスワードの再設定を行ってください。

<ログイン制限についてよくある質問>
■不審なアクセスの検知とは具体的になにを検知したのですか?
セキュリティを保護する目的により、ログイン制限に至る詳細な検知手段などについてはお答えできません。

ログインサポート

Register for a new account or manage an existing account

Download Legacy Products

Access and download legacy products

Hardware & Software Certifications

Find certification files and resources

License Management

Request an electronic or emergency copy of your FLEXlm license

Documentation

Access product documentation services

Solution Center Archive

Browse our knowledgebase archive

EULA and Maintenance, Enhancements, and Support Terms

End User License Agreements and product-specific support terms

Additional Resources

User event | Registration now open!

Realize LIVE: Join ログインサポート the transformation

Realize LIVE returns in person in 2022, uniting the Siemens global user community around a common mission: To co-create a better world.

Join 3,500+ of your peers to advance innovation, engineer the ログインサポート circular economy, and drive change that’s as sustainable as it is profitable.

Microsoft社の「Internet Explorerサポートポリシー変更」に伴い、JBソフトウェア製品につきましても、サポートの対象とするInternet Explorerのバージョンを変更させて頂きます。
詳細は、Microsoft社から提供されている情報(https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/iesupport/)をご参照ください。各製品については、ご利用のInternet Explorerに対応したバージョンをサポートサイト(*)からダウロードし、バージョンアップする必要があります。
詳細については、各製品のWindows対応状況と、サポートサイト(*)をご確認ください。

PrintPro 2.0 Web印刷、PrintPro for Web、PrintPro Web 2.0 Flexをご利用のお客様へ

Internet Explorer 9からの仕様変更により、以下の方法でご利用の場合、Internet Explorerの起動が完了するまでPrintProのプレビューを表示することや、印刷設定のダイアログボックスを表示することができなくなりました。(2013年10月3日時点)
日本マイクロソフト株式会社に調査を依頼しておりましたが、調査の結果、このInternet Explorer 9からの仕様変更は、PrintProでは対応することができないため、お客様にご対応頂く必要があります。
以下に、該当する使用方法と、対応方法について記述します。

■該当する使用方法
以下のPrintProのメソッドが記述されているHTMLファイルなどを、Internet Explorerで直接開いたり、JavaScriptのwindow.open関数を使用して開いていた場合にPrintProのプレビューや、印刷設定のダイアログボックスを表示することができなくなりました。
・PrveviewFormメソッド
・PrintPreviewFormメソッド
・PrintPreviewFormExメソッド
・Executeメソッド (MethodModeプロパティに1、2、3、4、5を指定している場合)

JavaScriptのwindow.showModalDialog関数を使用し、PrintProのメソッドが記述されているHTMLファイルを表示するように変更してください。 JavaScriptのwindow.open関数を使用している場合は、window.showModalDialog関数に置き換えのみで 対応することが可能です。
※ window.showModalDialogで表示されるページには、キャッシュが使用されている可能性がありますので、キャッシュが使用されないようにしてください。 以下の例では、キャッシュが使用されないようにshowModalDialogで呼ぶページのURLの後にダミーで時間を付加しています。
例)var time = new Date().getTime();

サービス&サポート > My Account Login ログインサポート Page

製品情報

  • 製品情報トップ
  • ノートPC
  • LAVIE Note NEXT
  • LAVIE Note Standard
  • ログインサポート
  • LAVIE Direct NS(R) - WEB直販限定 -
  • LAVIE Direct NS(A) - WEB直販限定 -
  • モバイルPC
  • LAVIE Hybrid ZERO
  • LAVIE Note Mobile
  • デスクトップPC
  • LAVIE Desk All-in-one プレミアム
  • LAVIE Desk All-in-one
  • LAVIE Direct ログインサポート DT - WEB直販限定 -
  • タブレットPC
  • LAVIE Tab E
  • LAVIE Tab S
  • 周辺機器・サービス
  • 純正オプション品
  • Aterm
  • メーカー保証付きリフレッシュPC
  • 延長保証・サービス
  • SSD増設サービス
  • メインメモリ増設サービス
  • パソコン全国出張サービス
  • カタログPDFダウンロード
  • 過去の商品検索
  • 対応機器一覧

ショッピング(NEC Direct)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる