初心者必読

海外FX スリッページについて

海外FX スリッページについて
海外FX

海外FX スリッページについて

googleplay appstore

【取引に関する注意事項】

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。 海外FX スリッページについて
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 海外FX スリッページについて 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。 海外FX スリッページについて
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

海外FX スリッページについて

「米ドル/円」を買うとは、「日本円を売って」「米ドルを買う」という取引をすることになります。

スプレッドについて

この「1ドル107円70銭から73銭の水準」というのが通貨の売値(Bid)107円70銭、買値(Ask)107円73銭を指しており、 その差である03銭が「スプレッド」となります。
また、スプレッドは取引をする際のコストとなるため、一般的には小さい方が有利とされています。

FXの魅力

①お取引は24時間
いつでも可能

FXならほぼ24時間取引できる

②少額で大きな額を取引できる(レバレッジ)

※投資資金である一定額の「証拠金」を担保として預けることで投資金額の何倍もの取引を行うことができる反面、少ない証拠金でお取引ができるため投資金額に対して得る利益・損失は大きくなります。また、投資金額を上回る損失となる場合がありますのでご注意ください。

レバレッジはてこの原理に例えられます。

米ドル/円など対円の場合

取引終了時の米ドル/円の仲値レートが120円
120円×4%=4.8円
1通貨あたりの必要証拠金は、4.8円となります。

ユーロ/米ドルなど外貨同士の場合

取引終了時のユーロ/米ドルの仲値レートが1.1米ドル
また、取引終了時の米ドル/円の仲値レートが120円
1.1米ドル×120円×4%=5.海外FX スリッページについて 28円
1通貨あたりの必要証拠金は、5.28円となります。

③「売り」からでも
お取引が可能

株式取引(現物取引)ではスタートは「買い」ですが、FXの場合は、「売り」からスタートすることができます。 買いからスタートした場合は反対の「売り」で決済、売りからスタートした場合は反対の「買い」で決済(反対売買)します。
レートの変動によって「買い」「売り」どちらからスタートしても「為替差益」 (※) を得ることができるため、利益を得るチャンスが広がります。

例えば米ドル/円を取引する場合、1ドル110円が将来的に109円や108円など円高に変動すると予想するならば「売り」からスタートし、 予想通りに米ドル/円のレートが変動した場合、「買い」で決済すると利益を得ることができます。
上記のように「売り」や「買い」で取引をスタートし、未決済の状態を「建玉(たてぎょく)を持つ」と表現します。

米ドル10単位(1ドル110円)の売建玉全てを
108円で決済した場合

必要証拠金=(110円×10通貨)÷25=44円
(110円-108円)×10通貨=20円・・・利益!

スワップ損益

一般的に金利の低い国の通貨を売り、金利の高い国の通貨を買うと、金利の差額を受取ることができます。 この金利差を「スワップ損益」といい、FXにおける利益の一つとなります。「スワップ損益」は原則として毎日受取ることができます。
反対に、金利の高い国の通貨を売って、金利の低い国の通貨を買うと、金利差がマイナスとなるため「スワップ損益」の支払いが発生します。
(※スワップ損益は金利情勢等の変化により変動しますので、必ずしも受取りが保証されるものではありません。また、受取りから支払いに転じる場合もあります。)

スリッページ

スリッページとはお客さまが注文を発注した時のレートと実際に注文が約定するレートの差を「スリッページ」といいます。
スリッページによって意図しない不利な注文が約定されることを防ぐため、 当社では成行注文、2WAY注文の際に「許容スリッページ」を設定することが可能です。

※許容スリッページは発注時のレートと約定レートの差を許容するという意味になり、 レートが設定した値よりも不利な方向へ変動した場合、約定しないように制限します。
許容スリッページはアプリの設定画面にて以下の範囲で設定が可能です。

約定力の高い海外FX業者おすすめTOP5!比較ポイントや重要性を解説!

海外FX

  • 海外FXでの約定力の重要性、約定力の比較ポイントがわかる
  • 約定力が高い海外FX業者おすすめランキングTOP5の紹介
  • この記事を読めば約定力の高い海外FX業者を選ぶメリットが理解できる

海外FXにおける約定力とは?

海外FXにおける約定力とは?

本来であれば注文と同じ内容で約定すると思われがちですが、 注文内容は海外の会社を経由して市場に到達するため時間のズレが生じ、実際の注文と約定には誤差が生まれる のです。

◆約定力の重要性を知るために理解すべきこと

  • 約定力が高いメリット
  • 約定力が低い場合に発生する不具合

約定力が高いメリット

約定力が高いメリット

なぜなら、 約定力が高ければ狙ったところでポジションを持てる わけなので、トレーダーにとって好都合でしかないからです。

  • スプレッドが狭い環境を活かせる
  • スキャルピング取引に有利
  • 大きな取引も安心してできる

以下でこの3つを詳しく解説するので、「 約定力が高い=トレーダーに有利 」の理由を理解してください。

スプレッドが狭い環境を活かせる

FXではレバレッジやスプレッド 、ボーナス に目が行きがちですが、 実はいくらレバレッジが高くてスプレッドが狭くても「約定力」と言うベースが無ければ意味がなくなってしまう のです。

スキャルピング取引に有利

つまり、 「約定力の高さ」はスキャルピング では絶対条件の事項なのです。

基本的に、 短期取引になればなるほど「約定力」は大きなウェイトを占め 、スイングトレードなど長期トレードでは「約定力」より「スワップポイント 」などの要因が重要になる傾向にあります。

大きな取引も安心してできる

これは、海外FX業者が最適なレートを提供するために社内努力をしていると言うことになり、 最終的に居客であるトレーダーを大切にしているにつながる からです。

◆約定力を高く保つための社内努力

  • 多くのリクイディティプロバイダーとの契約
  • 優秀なサーバーとの契約
  • 社内ネットワークの強化

また、 単純に大きな取引で価格がズレれば、当然予定外の損失リスクが増えるわけですから、自然と大口トレーダーは約定力、つまり取引環境に力を入れている業者を選ぶ となってくるわけです。

ただ、 約定力などの取引環境を重視する海外FX業者はボーナスなどのプロモーション が少ない傾向にあるため 、初心者が始めて海外FXに挑戦する場合などは選びにくい業者が多いことは事実です。

約定力が低い場合に発生する不具合

約定力が低い場合に発生する不具合

  • リクオートや約定拒否
  • スリッページ

この2つの不具合が多い業者はトレーダーにとって不利益が多い業者とも言え、 特にスキャルピングなどの短期取引 では致命的なデメリットとなってしまう部分 です。

リクオートや約定拒否

名称約定の状態
リクオート予定した価格で約定されず、再度ポジションを持つかの判断を促す表示がされる状態。
再度約定する場合は、今の価格での約定となる。
約定拒否予定された価格で約定されず、再約定の表示もされない。
そのため、ポジションを持ちたいのならエントリー操作をもう一度する必要がある。

どちらも、 予定した価格でポジションを持てないと言う点では同じ で、FX取引の特性上どの業者でも起こりうる可能性のあることです。

つまり、約定力の低い業者は損益以前に 取引自体が思うようにできない可能性がある ことを意味するわけです。

スリッページ

ある意味スリッページは、 約定拒否より約定してしまっているので損益に直結する部分 と言えるでしょう。

この、エントリーしたタイミングと約定されたタイミングのズレは、 短期取引や値動きが激しい時間帯の取引ほど損失を受けるリスクが高くなる 状態なのですね。

そのため、 約定力の高さを判断する指針としては重要視しなければいけない部分 海外FX スリッページについて です。

しかし、少なくとも、 業者が約定力強化のために努力していることで大きく軽減できる部分 であることだけは覚えておきましょう。

海外FXの約定力の判断ポイント

海外FXの約定力の判断ポイント

そのため、 判断方法をしっかり持って業者を選定しなければいけない部分 でもあります。

  • リクイディティプロバイダーの数
  • サーバーの設置場所
  • サーバーの能力

ポイント1:約定力を表す数値

ポイント1:約定力を表す数値

なぜなら、この2つの数値は測定の条件が各社バラバラなので、 単純に数値の比較では判断できない部分 となってしまいます。

以下でこの2つの数値の意味を解説しますが、「 約定力の公表値は大切な基準だけど目安程度に使う 」が賢明な使い方と言えます。

約定スピード

ただ、約定率についても業者の環境以外も影響してくるため数値での比較は難しい部分ですが、少なくとも「 数値を公表している=一定の約定力を確保している 」と言う判断材料となるでしょう。

ポイント2:約定力を表す数値の裏付け

ポイント2:約定力を表す数値の裏付け

  • リクイディティプロバイダーの数
  • サーバーの設置場所
  • サーバーの能力

リクイディティプロバイダーの数

リクイディティプロバイダーは 「LP」や「カバー先」 とも呼ばれ、FX業者にレートの配信を行っている為替市場に直接アクセスしている存在です。

海外FX約定力「LPイメージ」

リクイディティプロバイダーは銀行や証券会社など為替市場そのものといって良い存在で、トレーダーは上図のように「 トレーダー→FX業者→LP(カバー先) 」の流れでFX取引をしているわけです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる