最新ニュース

リスクの定義

リスクの定義
グラフ1:平均寿命の推移と将来推計 2)

リスクの定義

この用語はガイド50の最も重要なキーワードの一つとして今回の改正で追加された。その意味はこの定義の中に示されているさまざまな人びとの例から判断できるが、それらの事例をすべてカバーする適当な日本語がないため、カタカナ表記で「ケアラー」と訳している。
子どもの傷害を防止するためには、子どもの特徴や傷害の危険性を知っている大人に見守られていることが重要であるが、ここに例示してあるような人々はそれぞれの局面で一時的であれ子どもの安全に責任を持っているという認識を持たなければならない。
しかし序文0.3項 (0.3 Relevance of child safety)にある「子どもを見守ることで、常に大きな傷害を防止または最小限にできるわけではない。したがって、しばしば、追加的な傷害防止の戦略(*)が必要になる。」という記述は安全設計において極めて重要な意味を持つ。

注)(*) 原文ではadditional injury prevention strategyでありこのように訳しているが、第4章に記載されているような設計段階からの周到な戦略について「追加的な」と表現することは適当とは言えず「別の角度から見て積極的な」と解釈したい。「見守り」はsupervisionの訳語であり、ケアラーが監視しながら危険を予測又は察知したらすぐに手を打つ意味がある。ケアラーが子どものそばにいて注意をしていればかなりの程度傷害を防止することはできる。しかしながら常に手をとっているわけではなく、ケアラーの能力にも限界がある。重大な傷害を予防するためには設計段階からのリスクアセスメントを優先することが極めて重要である。遊具からの転落を見守りで防ぐことは難しいが、転落しても重傷にならないよう地面にマットを敷くなどの方策がある。

子ども (3.リスクの定義 2 child)

【参考】
機械安全の規格 ISO 13857 (JIS B 9718) “機械類の安全性―危険区域に上肢及び下肢が到達することを防止するための安全距離” SCOPE では産業界で働く「14歳以上」の人を扱うとしている。

製品 (3.5 product)

製造物: 乳幼児が使用する浮き輪や子供が飲み込む恐れのあるボタン型電池、玩具(原材料や加工方法 リスクの定義
・手順などによって有害物質が残留していないかなどの製造過程を含む)。
包装: 洗濯用パック型液体洗剤(ジェルボール)とその容器、医薬品の容器・包装。
プロセス: プロセスとは、「手順」「過程」などの意味があり、一度限りであれ、またはその都度であれ
組み立てたり、混ぜたり、加熱(冷却)したりするなどの製造過程が、顧客に委ねられている リスクの定義
場合をいう。具体的には、床板を付け替えるベビーベッド、組み立て式遊具、折り畳み式ベビ
ーカーなど、プロセスの過程や過程の不具合が、傷害の防止にとって重要な項目となる。
据付け: ベビーベッドの床板を、子どもがつかまり立ちできるようになる前に低い位置に付け替える。
チャイルドシートを車に取り付ける。折り畳み式のベビーカーを開く。などの行為は「据付
け」の一種と考えられ、製品の安全規格において考慮すべき対象となる。
サービス: 一時的に子どもを預かる施設は、「保育」というサービスを提供し、学校は「教育」を提供し
ている。保育園が実施する川遊び(現場の下見、プログラム・役割分担の作成、当日の状況把
握・指示、異常事態への対応手順などにおける安全の確保などの準備・運営方法を含む)
など。
構築された環境:不特定多数の人が利用する公園、建築物の出入口や階段など。また乳幼児のいる部屋の構造
なども、子どもの傷害の要因を作る可能性がある。
組合せ: 子どもの通うスイミングスクールは、プールという構造物と「コーチ」や「送迎」といった
サービスの組合せ。
最近注目されているベランダからの転落事故の原因(要因)は一様ではなく、ベランダ(マンション)やそこ
にある製品の様々な要素の組合せに留意する必要がある。
さらに、上記のような製品の提供は有償だけではなく無償のものもあり、製造はもとより消費活動より広い概念となり得る。

危害 (3.3 harm)

人への傷害若しくは健康障害、又は財産及び環境への損害 リスクの定義
(「ガイド51」 の定義3.1と同じ)


関連事項
(1)(この「ガイド50」の)構成 (0.5 Structure of this Guide)
“…this Guide リスクの定義 focuses on the relationships between child development and harm from unintentional injury, and provides advice on addressing hazards that children might encounter.” とあり、このガイド50は「意図しない傷害」からくる「危害」に焦点を当てており、また子どもが「ハザード」に遭遇する可能性に対処する方法を提供する。

(2)リスクの定義 危害の防止及び低減 (4.4 Preventing and reducing harm)
4.4.1の記述によれば、「危害は、生命維持に不可欠な酸素の欠乏(溺れ、窒息)、身体へのエネルギー(機械的、熱的、電気的、放射線など)の作用、又は体の抵抗力の限界を超える化学的、生物的物質への曝露、のようなハザードの結果として発生する。」

【注】
「ガイド50」JIS Z 8050の参考文献にあるWHOの “World report on child injury prevention(2008)” では上記4.4.1の記述にある「危害 ”harm”」の説明とほとんど同じ文章を “injury” の説明に使っている。「ガイド50」の規格作成の段階で、WHOの解釈と整合させることがどのように検討されていたのかわからないが興味深い。

ハザード (3.4 hazard)

危害(3.3)の潜在的な源
(「ガイド51」 の定義3.2と同じ)

“hazard” は「危害の潜在的な源」「危険源」などの意味であるが、「ガイド51」と合わせて「ハザード」と片仮名表記にしてある。消費者にとってわかり難い言葉であるが、「ガイド51」のJIS解説によれば、「この機会に国際規格で言う“ハザード”について,一般消費者も含めて理解しやすい定義の普及に努める必要があるので,“ハザード”をそ のまま用いることとした。」と説明している。危険に関する用語は日本語の場合あいまいなことが多いのでこの際は規格で定義された言葉を「ハザード」としてはっきりと示すことで消費者にも理解してもらいたいという願いがある。子どもの安全に関する規格の世界では国際規格に適合する正確な定義の表現が求められる。
なお、自動車には「ハザードランプ」、ゴルフでは「ウォーターハザード」などという語が広く使われているが、ハザードの原意は「(偶然にある)危険なもの」であり、「危険源」と訳すことも可能である。自動車の運転中に「渋滞しています」「ありがとうお先に」という意味にハザードランプを点滅させるなどがあるが慣用の言葉としては問題がある。また、公園遊具の安全基準では「ハザード」が国際規格と異なる使われているのには注意を要する。

リスク (3.6 risk)

安全 (3.7 safety)

許容不可能なリスク(3.6)がないこと
(「ガイド51」 の定義3.14と同じ)

「不可能なリスクがないこと」という2重否定のような表現は正確とは言えない。英文では “freedom from risk which is not tolerable” リスクの定義 であり、原意は「許容不可能なリスクから解放されている状態」である。「リスクから解放されていて安心感を持てる状態」と考えることも出来る。

「ガイド51」に「4 ”安全”及び”安全な”という用語の使用」Use of the terms “safety” and “safe”という項がある。「安全」と言われると全てのハザードから守られている状態と理解されることがある。全てのものにはある程度のリスクがあり、それが許容可能なレベル以下であるかどうかを証明されていない限り「安全」と呼ぶべきではない。例えば「安全ヘルメット」の代わりに「保護ヘルメット」、「安全床材」の代わりに「滑りにくい床材」のように置き換えることが望ましい。

許容可能なリスク (3.8 tolerable risk)

現在の社会の価値観に基づいて、与えられた状況下で受け入れられるリスク(3.6)のレベル
(「ガイド51」 の定義3.15と同じ)
但しJIS Z 8051には下記の注記がある。
【注記】この規格において、”受容可能なリスク(リスクの定義 acceptable risk)”及び”許容可能なリスク(tolerable risk)”は同義語の場合がある。

JIS Z 8051の解説によれば、「受容可能なリスクacceptable risk」は「許容可能なリスクtolerable risk」より範囲が狭いが、専門的な知識は抜きにして消費者にわかりやすくという意味で「同義語の場合がある」と記載されている。
受容できるかどうかということは、人がその立場や環境によってどう受け止めるかという問題であり、慎重に考えなければならない。特に子どもの傷害のリスクの場合、親、親戚、教育機関、行政機関、関連業界など関係者が多岐にわたることに留意する必要がある。

リスク管理

2008年の世界金融危機以降、より高度で広範なリスク管理が金融機関に求められるなか、銀行・信託銀行・証券をはじめとした多くの子会社を有し、グローバルに事業展開するMUFGにとっても、リスク管理の果たす役割は従来にも増して重要となってきています。
こうした環境下、MUFGでは、リスクカルチャーに立脚したグループ経営管理・統合的リスク管理の態勢強化を基本方針とし、地域・子会社と持株会社との一体運営強化によるリスク・ガバナンス態勢の実効性向上を進めています。
さらに、事業戦略・財務計画を強力に支えるリスク管理を実践するため、「想定外の損失の回避」や「リスクリターンの向上」をめざして「リスクアペタイト・フレームワーク」を導入、運営しております。

MUFGは取締役会の傘下委員会としてリスク委員会を設置しています。
リスク委員会は社外取締役を委員長とし、グループ全体のリスク管理全般に関する重要事項、グループの経営に重大な影響を及ぼすリスク、新たに発生したリスク、および高まりを見せるリスクに関する事項等について審議し、MUFGの有効なリスク管理の高度化に資するべく、取締役会に提言します。
主な活動として経営計画策定におけるリスクアペタイト(割当資本等)、ストレステストのシナリオ・結果のほか、新型コロナウイルス感染症拡大による影響、対応等について確認、審議しました。
加えて、CROは定期的にリスクの状況、リスク領域の取組について取締役会に報告しています。

リスク管理の全体像

リスクアペタイト・フレームワーク

「リスクアペタイト・フレームワーク」とは、MUFG の事業戦略・財務計画を達成するための「リスクアペタイト」(進んで引き受けようとするリスクの種類と量)を明確化し、経営管理やリスク管理を行う枠組みです。
「リスクアペタイト・フレームワーク」の導入によって、経営計画の透明性が向上し、より多くの収益機会を追求できると同時に、リスクをコントロールした経営が可能となります。

リスク・アペタイト・フレームワークの概要

リスクアペタイト・フレームワークの運営プロセス

MUFGでは、事業戦略・財務計画を策定・実施する にあたり、必要なリスクアペタイトを適正に設定するとともに、リスク量のモニタリング・分析を行っています。リスクアペタイトの設定・管理プロセスは、以下のとおりです。
リスクアペタイト・フレームワーク運営の実効性確保のために、経営計画策定プロセスの各段階で、割当資本制度、ストレステスト、トップリスク管理などのリスク評価・検証手法を活用します。
さらに、計画策定後も、設定されたリスクアペタイトのモニタリングを通じ、有事に迅速なアクションを取ることが可能な態勢を整えております。

リスク・アペタイトの設定・管理プロセス

統合的リスク管理の手法

MUFGでは、業務遂行から生じるさまざまなリスクを可能な限り統一的な尺度で総合的に把握・認識し、経営の安全性を確保しつつ、株主価値の極大化を追求するために、統合的リスク管理・運営を行っています。統合的リスク管理とは、リスクに見合った収益の安定的計上、資源の適正配分などを実現するための能動的なリスク管理を推進することです。
統合的リスク管理の主要な手法として、(1)割当資本制度、(2) ストレステスト、(3)トップリスク管理を採用しています。

人生100年時代の長寿リスクと資産寿命

img1:医療費・介護費が負担になっている高齢男性のイメージ

グラフ1:昭和25年(1950年)から令和47年(2065年)までの男女別の平均寿命の推移と将来推計を示す折れ線グラフ。令和47年(2065年)の併記寿命は推計で男性84.85年、女性91.35年であることをあらわす

グラフ1:平均寿命の推移と将来推計 2)

表1:平均寿命の推移と将来推計 2) リスクの定義
昭和25年(1950年) 58.0 61.50
昭和35年(1960年) 65.リスクの定義 32 70.19
昭和45年(1970年) 69.31 74.66
昭和55年(1980年) 73.35 78.76
平成2年(1990年)75.92 81.90
平成12年(リスクの定義 2000年) 77.72 84.60
平成22年(2010年) 79.55 86.30
平成27年(2015年) 80.75 86.99
平成28年(2016年) 80.98 87.14
令和2年(2020年) 81.34 87.64
令和12年(2030年) 82.39 88.72
令和22年(2040年) 83.27 89.63
令和32年(2050年) 84.リスクの定義 02 90.40
令和42年(2060年) 84.66 91.06
令和47年(2065年) 84.95 91.35

老後に受け取る公的年金と必要な生活費からみる長寿リスク

厚生労働省の平成31年(2019年)度の年金の給付水準(夫が平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合)をみると、月額221,504 リスクの定義 円となっています 3) 。

図1:2017年の家計調査における高齢夫婦無職世帯の家計収支を示す図。

図1:高齢夫婦無職世帯の家計収支-2017年-(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯) 4)

基礎から学ぶ信用リスク管理 ~10分でわかる基本と各種計算式

信用リスクとは

次に、返せなくなった人からどの程度回収できるのかに関係するのが、実際に返せなくなった人それぞれにおける損失率である。この例で対象は二名あり、謝りに来たほうは50%(=50万円÷100万円)、持ち逃げしたほうは100%(=100万円÷100万円)である。このように、デフォルトした時の貸出金額に対して、実際に損失に至った金額の割合のことを「デフォルト時損失率」、略してLGD(loss given default)という。

なお、デフォルトした時の貸出金額のうち実際に回収できた金額の割合を「回収率」とすると、LGDは 1-回収率 で計算できる。老人は来年お金を貸す時には、1年後に100万円全額を返してもらうのではなく、3か月ごとに25万円ずつ返してもらう仕組みに変えることで、LGDを下げることができるのではないかと考えるのである。

予想損失率の計算式

リスクの定義 予想損失率の計算式

債務者格付制度

債務者格付制度

債務者格付制度

さて、現代の銀行では、貸出先ごとの予想デフォルト率を計算するのに「債務者格付制度」を採用していることが多い。この仕組みを簡単に覗いてみよう。

スコアリングモデルと債務者格付

スコアリングモデルと債務者格付

スコアリングモデル

そこで、貸出先の信用力を、より客観的に、効率的に、そして正確に評価する方法として登場したのが「スコアリングモデル」である。スコアリングモデルは、過去の貸出先のデータをもとに、貸出先がデフォルトする確率を統計的に推定する計算式のことである。

サプライチェーンリスクを起因とするインシデントの変遷と対応策


(日本経済新聞、SCMagazine、KrebsOnSecurity、The New York Times、ベネッセサイト、CSOOnline、Forbes、BankInfoSecurity.com、Hydroサイト、MSSP リスクの定義 Alert、日経XTECH、CSOOnline、日立システムズニュースリリースを元に筆者作成)

次ページ以降の閲覧はCNET_IDへのログインが必要です。
一度ログインし特別な設定をしない限りその後一定期間ログインせずに記事を閲覧することができます。
CNET_IDの登録 は約1分程度で簡単に登録でき、最新情報をメールマガジンとして受け取ることもできます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

「ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ」 バックナンバー

  • 2022年に注視すべきセキュリティと5つのビジネスリスク
  • 企業が採用するべき「マルチクラウドのセキュリティ新戦略」
  • ゼロトラストに本気で取り組む企業の「5つの特徴」

ざんねんなセキュリティ--機能しないIDS/IPS

IT各社の中期経営計画--各社の取り組みと共通点

「APM」「Prometheus」「SLO/SLI」--システム監視に急増する新ワード

DeepMindが作った平凡な性能のAI「Gato」、何がすごいのか

  • ソフトウェアサプライチェーンのセキュリティ向上へ--Linux Foundationらが発表した署名サービス
  • サプライチェーン攻撃やコロナ禍のランサムウェア攻撃が倍増--クラウドストライク
  • 新型コロナワクチンのサプライチェーンを狙ったフィッシング攻撃

関連ホワイトペーパー

  • ある日突然、ひとり情シスに任命されたら?最初の30日間で確認することを解説
  • Withコロナ時代における、ひとり情シスの最適な「テレワーク実践法」とは?
  • 企業文化の変革に欠かせない3つの“P”とは? DX支援の専門家に聞く。
  • リモートワーク環境の構築と新たな課題の解決--人材会社ならではのAVD+アルファの提案
  • 先が読めない時代にあって“強い企業”となるための、中長期的なITインフラのロードマップを描く
  • CIO・CFO必見!不透明な時代に競争力を発揮するためのIT投資“5つのポイント”を徹底解説
  • ウィズコロナ時代の人材戦略
  • 「働く」を変える、HRテックの今
  • 量子コンピューターを知る--現状と今後
  • デジタルで変わるスポーツの未来
  • CxOメッセージ
  • DXのヒント--CxOが知っておくべきこと
  • ビジネスとテクノロジーのコンポーザビリティー
  • DXマネジメントオフィス入門
  • 顧客志向で切り拓くCOVID-19時代の変革ジャーニー
  • ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ
  • 2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割とガバナンス
  • 教育IT“本格始動”
  • ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
  • デジタル“失敗学”
  • エリック松永のデジタルIQ道場
  • 研究現場から見たAI
  • Larry Dignanの独り言
  • 大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
  • 山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
  • 田中克己「デジタル岡目八目」
  • 松岡功「一言もの申す」
  • 松岡功「今週の明言」
  • 内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」
  • 林雅之「デジタル未来からの手紙」
  • 谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
  • 「プロジェクトマネジメント」の解き方
  • 新潮流Device as a Serviceの世界

セキュリティ

  • スマートシティーのセキュリティを考える
  • リスクの定義
  • セキュリティインシデント対応の現場
  • 企業セキュリティの歩き方

スペシャル

  • 調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題
  • マルチクラウド時代のデジタル衛生管理術
  • あなたの知らないMDMの世界
  • リテールテック最前線
  • リスクの定義
  • オブザーバビリティーが変えるCX
  • ゼロトラストの基礎知識
  • マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ
  • ローコード技術の衝撃
  • デジタル時代を支える顧客接点改革
  • エンタープライズAIの隆盛
  • 顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
  • 「ひとり情シス」の本当のところ
  • ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
  • 生産性向上に効くビジネスITツール最前線
  • 庭山一郎「戦略なきIT投資の行く末」
  • 課題解決のためのUI/UX
  • 10の事情
  • 座談会@ZDNet
  • 吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
  • 古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
  • 中国ビジネス四方山話
  • リスクの定義
  • 企業決算
  • ピックアップソリューション : Identityマスターへの道

CNET Japan Top Story

  • 「Pixel 7」の試作品らしき製品、eBayに一時出品--写真や仕様も掲載
  • 凸版印刷、「EVERING」と勤怠管理サービスを組み合わせ販売--業務提携で実現
  • ビジュアル探索ツールのPinterest、広告事業を開始--未来志向の「ポジティブ」な広告を
  • マスク氏、第2世代「Starlink」衛星の概要を語る--重量は約5倍に
  • 「リアル」を共有するSNS「BeReal」を試してみた--インスタ映えへのアンチテーゼ

ホワイトペーパー

クラウドリフトの課題をまるごと解消するVMware Cloud on AWSの国産マネージドサービス

ランキング

カテゴリランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET リスクの定義 Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'リスクの定義 CNET News.com' are the copyright リスクの定義 properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI リスクの定義 INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No リスクの定義 reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる