FX取引の魅力とは

高機能を超えた自動トレンドラインシステム

高機能を超えた自動トレンドラインシステム
1列目:助手席シート高660㎜ ステップ高430㎜

画像センサ

他の商品シリーズ

画像センサ

高度な検査を誰でも実現できる画像センサ。多様な処理能力と使いやすさを実現したスタンダードなコントローラの他、さまざまな検査を可能にする照明・レンズを豊富にラインナップ。有無・判別に特化したAI搭載 画像判別センサもご用意しています。

画像処理システム・画像センサを用途から選ぶ

画像センサ の商品一覧

画像センサ

CV-X シリーズ - 画像センサ

LumiTraxTM照明

LumiTrax TM 照明

パターンプロジェクション照明

パターンプロジェクション照明

マルチスペクトル照明

マルチスペクトル照明

ロボットビジョンシステム

ロボットビジョンシステム

検出したい内容を選ぶだけ。ハイエンド機を誰でも簡単に

用途に応じてツールをカテゴライズ

IV3 シリーズ - AI搭載 画像判別センサ

CV-5000 シリーズ - 画像センサ

太陽電池電極パターン 切れ検出

太陽電池電極パターン
切れ検出

従来(31万画素)カメラ 欠陥が認識できません

従来(31万画素)カメラ
欠陥が認識できません

500万画素カメラ パターンの切れがはっきり見えます

500万画素カメラ
パターンの切れがはっきり見えます

豊富な全14種のカメラバリエーション

IV2 シリーズ - AI搭載 画像判別センサ

AI搭載 画像判別センサ IV2シリーズは、有無・判別に特化した学習済みのAIを搭載。最低1枚ずつのOK/NG画像を登録するだけで設定が完了します。明るさ・フォーカス・検出をAIが自動設定するため、画像判別の専門的な知識や設定の手間・時間を必要とせず、簡単に導入・運用することができます。高性能CPUを搭載した小型アンプで設定操作が完了するため、高性能PCが不要です。IV2シリーズでも、小型アンプやタッチ式モニタでの直感的な操作や、超小型な照明一体型ヘッドに搭載したLED点灯でのOK/NG表現など、従来のIVシリーズの使い勝手の良さを継承。AIを駆使した特徴検出や条件設定を可能にすることで、現場でのユーザビリティを大幅に向上させました。

IV シリーズ - 照明一体型画像判別センサ

本当に1分立ち上げできるか検証

クラス最小ヘッドだから、設置もかんたん

クラス最小ヘッドだから、設置もかんたん

CV-3000 シリーズ - 画像センサ

CV-2000 シリーズ - 画像センサ

CV-700 シリーズ - 画像センサ

CA-D シリーズ - 画像処理用LED照明

CV-R/CA-R シリーズ - 蛍光灯照明

CV-F シリーズ - 光ファイバ照明

レンズ(画像処理システム用)

CA-L シリーズ - 画像処理用レンズ

Vision Database

VisionDatabase シリーズ - 画像センサ専用データベース

日時で検索

日時で検索

検査当時の画像データと検査結果を確認

検査当時の画像データと検査結果を確認

画像・計測データ紐づけ、画面キャプチャー保存

画像・計測データ紐づけ、画面キャプチャー保存

統計解析機能

統計解析機能

その他オプション

CA-M シリーズ - 液晶カラーモニタ

液晶カラーモニタ CA-M シリーズは、FAの現場における画像処理のニーズに応えます。8.4型液晶カラーモニタ、12型液晶カラーモニタ、そして12型マルチタッチ対応タッチパネルをラインナップしています。8.4型液晶カラーモニタは、画像処理に相応しい高精細表示を実現しながらも、現場環境でも安心のIP65fの耐環境仕様です。12型マルチタッチ対応タッチパネルは、ピンチイン・ピンチアウト操作でカメラ画面をズームイン・アウトしたり、画面横にコンソールを繋いだりできるため、スピーディな操作が実現します。

画像センサとは

画像センサとは、カメラが出力したデータを画像処理することで、対象物の特徴量を算出してデータや判定結果を出力することができる装置のことです。
まず、対象物の情報をレンズなど光学系を通してイメージセンサ(撮像素子)の受光面で結像し、電気信号に変換します。カメラの重要部品の1つであるイメージセンサは、微小な受光センサの集合体で構成されています。イメージセンサには、CMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)とCCD(Charge Coupled Device)があり、CCDがリレー式で電荷を転送して最後に増幅する一方、CMOSは1画素ごとに信号を増幅・読み出すため、高速転送が可能です。コントローラに転送されたデータは画像処理されます。
たとえば、画素数で面積、濃度変化点で位置、濃度変化量で傷などを検出して判別やOK/NG判定などを行います。近年の画像センサは、高画素化によって情報量が増え、ラインの速度に対応する高速性も備えています。さらに、高機能な照明や画像処理能力・速度が向上したコントローラ、新しいアルゴリズムを組み合わせることで、多種多様なワークや高度な検査項目に対応することができます。

CORISM

最新新車情報、新車評価サイト「CORISM(コリズム)」。新車比較評価、新車試乗記や燃費、価格、新車値引き術など新車購入に役立つ情報が満載!マイナーチェンジ車、特別仕様車なども詳細レポート!

アイドリングストップ機能装着で、もはや無敵?【VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー(BlueMotion Technology)試乗評価】

アイドリングストップ機能装着で、もはや無敵?【VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー(BlueMotion Technology)試乗評価】の目次

停止時間が長い多い日本では、アイドリングストップ機能が大きく貢献

待ちに待ったというべきか、それともようやくなのか、VW はゴルフ にアイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムを採用したブルーモーション テクノロジー(BlueMotion Technology)を標準装備した。VWでは、アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システム2つを合わせた低燃費技術をブルーモーションテクノロジーと呼んでいる。

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

クルマで使う電気はタダではない! こまめに節約、上手に発電するブレーキエネルギー回生システム

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

実燃費や走りで期待が高まるブルーモーションテクノロジー

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

VWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー

国内販売で三菱に肉薄するVW! もう少し安くなると国産メーカーも対処不能か?

さて、このVWゴルフVWゴルフTSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジーの価格は、264万円。フロントエアバッグ(運転席/助手席)、ニーエアバッグ(運転席)、サイドエアバッグ前席/後席)、カーテンエアバッグが標準装備されているなど、安全面は国産メーカーもお手本にして欲しいくらい充実している。これらを評価すると264万円という価格には価値がある。多くの輸入車が未だ昭和の時代のように舶来モノは高価という価格付けをしている中、かなり国産車をターゲットにした価格だ。必要以上のブランド料を払わずに、良いクルマを手に入れることができる。

高機能を超えた自動トレンドラインシステム

VCIM

VCIMは、半導体/FDP/太陽電池/LED/基盤実装/部品組立などの製造現場における長年の経験により蓄積した技術のノウハウを活かして開発した製造業向けトータルCIM * システムです。
製造現場向けソリューションから上位生産管理システムまでを一貫してご提供し、当社が持つ豊富な海外拠点を活かしお客さまの"戦略的グローバル生産体制構築"をサポートいたします。

* CIM(Computer Integrated Manufacturing)とは、受注から製品納入に至る一連の企業活動をコントロールする全ての情報をコンピュータにより有機的に結合させ、経営の効率化を図るとともに、高効率でフレキシブルな生産を行う統合管理システムです。

加工・組立向け

基板実装向け

半導体・FPD向け

製造現場向けCIMシステム

VCIM *1 とは?

  • 複雑かつ高度な半導体製造分野での長年の実務経験に基づき開発した、MESを中心とする製造現場密着型のトータルCIMソリューションです。海外含め74社、約200ラインへの導入実績があります。(2014年9月現在)
  • 豊富な機能ラインアップを持ち、機能単位での導入や後からのアドオン・統合による拡張が可能です。
  • 他国語表示(英文・中文など)対応で海外導入も可能です。

VCIM

  • *1 VCIM®は、株式会社日立ソリューションズ・テクノロジーの登録商標で、CIMシステム製品の総称です。

製造工程実績収集と現場の見える化&トレーサビリティ

製造業向け トータル・トレーサビリティ・ソリューションを実現

VCIM導入コンサルティングサービス

製造現場向けシステムの豊富な構築実績1991年~78社190サイト以上

  1. ヒアリングによるニーズの整理と過去の経験を活かした現場運用に適したシステム提案
  2. 短納期で確実な立ち上げ
  3. 共通プラットフォームによる高いコストパフォーマンス
  4. 豊富な機能と拡張性
    • 幅広い流動携帯に対応(ロット、トレー、リードフレーム、ワーク)
    • ワーク単位の工程飛び防止、QR重複チェック、再投入、抜取検査など
    • 機能単位の導入、アドオン・統合による機能拡張、カスタマイズ
    • お客さまシステムとの容易な連結(DB公開)
  5. システム安定稼働

加工・組立向け

加工・組立製造業向けソリューション

製造実績管理システム VCIM-PA

製造実績管理システム VCIM-PA

加工・組立製造業向けソリューション

(1)統合実績情報管理(VCIM-MAP)

(1)統合実績情報管理(VCIM-MAP) 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
No.機能内容
1 データベースサーバ システム管理統合データベースサーバ
機能に対する全てのデータサービスを提供するDBMS設定
2 システム基本マスタテーブル 個別機能によらないシステム用基本マスタテーブル
機能向け個別マスタテーブル、データテーブルは、各機能の構成時に提供
3 マスタ管理アプリ マスタデータ管理編集用アプリケーション
基本マスタは、本パッケージで提供
機能向け個別マスタは、各機能の構成時に提供
4 システム運用ツール システムを稼働、停止、維持をするための運用ツール

(2)工程実績登録(VCIM-TRA) (3)工程実績検索(VCIM-REP)

(2)工程実績登録(VCIM-TRA) (3)工程実績検索(VCIM-REP) 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
No.機能内容
1 部品加工組立工程 実績入力 作業対象製品に対して、作業者、工程、装置、開始/終了日時、組立作業に使用した部材情報、加工条件などを入力
2 部材誤搭載チェック 部材コードのチェックによる誤搭載防止
3 工程通過チェック 作業開始時に作業可能工程であるかのチェックによる工程抜け防止
4 作業実績検索 検索条件による工程の作業結果、処理データ一覧の検索、表示
5 加工値データ検索 指定した期間、品種、工程の加工値データ一覧表示、CSVファイルダウンロード

(4)部材在庫管理(VCIM-PIM)

(2)工程実績登録(VCIM-TRA) (3)工程実績検索(VCIM-REP)
No.機能内容
1 入庫実績登録 部材・半製品・製品を倉庫、保管場所に入庫
2 出庫実績登録 部材・半製品・製品を倉庫、保管場所から出庫
3 在庫移動登録 部材・半製品・製品を同一の倉庫、保管場所内での移動、棚の移動
4 在庫修正登録 部材・半製品・製品の数量を変更 (管理者限定)
5 現品ラベル発行 部材・半製品・製品の入出庫単位に応じて現品ラベル(C3ラベル *2 準拠)発行
6 在庫一覧検索 場所や品番、使用期限などの条件指定による、部材在庫情報の参照
7 入出庫実績検索 場所や品番、入庫/出庫区分、日時期間などの条件指定による、部材の入庫 出庫の履歴を参照、検索結果CSVファイルダウンロード
*2 C3ラベル:JEITA(電子情報技術産業協会)規格のバーコードラベル

(5)統合トレーサビリティ検索(VCIM-RET)

(2)工程実績登録(VCIM-TRA) (3)工程実績検索(VCIM-REP)
No.機能内容
1 トレース情報検索 トレースフォワード検索
投入部材ロットを使った製品、半製品および関連部材情報のトレース検索
トレースバック検索
製品シリアルNo.高機能を超えた自動トレンドラインシステム に使われている半製品、関連部材情報のトレース検索
  • * VCIMは、株式会社日立超LSIシステムズの登録商標で、CIMシステム製品の総称です。
  • * OracleとJavaは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびそのほかの国における登録商標です。
  • * Intel Xeon、Intel Coreは、アメリカ合衆国および/またはそのほかの国におけるIntel Corporationの商標です。
  • * Windows、Windows Server、.NET Framework、Internet Information Services、Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびそのほかの国における登録商標または商標です。
  • * CODESOFTは、TEKLYNX社(本部:フランス)が開発、販売しているバーコードラベルデザインソフトウェアです。
  • * TEKLYNX社の日本における総代理店は、日本ブレイディ株式会社です。
  • * そのほか記載されている会社名、製品名などは各社の商標登録または商標です。

基板実装向け

プリント基板実装ライン向けソリューション VCIM-SMT *3

パッケージ製品ラインアップ

*3 SMT:Surface Mount Technologyの略

プリント基板実装ライン向けソリューション VCIM-SMT

プリント基板実装ライン向けソリューション VCIM-SMT

パッケージ構成

パッケージ構成 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
製品機能製品型番機能概要
1ラベル発行 MPVCJL02-WRZZ 部品トレースのベース作り(リール単位での品質管理)高機能を超えた自動トレンドラインシステム
2 部品在庫管理 MPVCJR02-WRZZ 部品残数、ロケーション、品質(回数、期限)管理
3 一括段取替支援 MPVCJB02-WRZZ 作業指示名、プログラム名、生産枚数の一括送信予約
4 一括段取替運用検索支援 MPVCJB02-WRSS リアルタイム進捗モニタ、生産実績一覧、生産計画変更
5 フィーダ掛違いチェック MPVCJF02-WRZZ オフラインでの部品掛違いチェック、部品在庫連携
6 ACVインタフェース MPVCJA02-WRZZ GXHシリーズ、Σシリーズ用実績収集
7 実装実績情報検索 MPVCJT02-WRZZ 一覧検索、マスタ-情報メンテナンス
8 印刷機実績収集、一覧検索 OP(オプション) 印刷機実績情報の収集、DB登録、一覧検索
9 印刷検査機実績収集、一覧検索OP(オプション) 印刷検査機実績情報の収集、DB登録、一覧検索
10 リフロー炉実績収集、一覧検索 OP(オプション)高機能を超えた自動トレンドラインシステム リフロー炉実績情報の収集、DB登録、一覧検索
11 外観検査機実績収集、一覧検索 OP(オプション) 外観検査機実績情報の収集、DB登録、一覧検索
  • * VCIMは、株式会社日立超LSIシステムズの登録商標で、CIMシステム製品の総称です。
  • * OracleとJavaは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびそのほかの国における登録商標です。
  • * Intel Xeon、Intel Coreは、アメリカ合衆国および/またはそのほかの国におけるIntel Corporationの商標です。
  • * Windows、Windows Server、.NET Framework、Internet Information Services、Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびそのほかの国における登録商標または商標です。
  • * 高機能を超えた自動トレンドラインシステム CODESOFTは、TEKLYNX社(本部:フランス)が開発、販売しているバーコードラベルデザインソフトウェアです。
  • * そのほか記載されている会社名、製品名などは各社の商標登録または商標です。

半導体・FPD向け

半導体・FPD製造ライン向けソリューション VCIM

半導体・FPD製造ライン向けソリューション VCIM

  • * 高機能を超えた自動トレンドラインシステム MELSECは三菱電機株式会社の登録商標です。 * SYSMACはオムロン株式会社の登録商標です。

モジュール構成

パッケージ構成
項番製品機能製品名機能概要
1 工程管理 VCIM-PR
Process Control
工程飛びチェック、QR重複チェック、生産進捗把握、次工程指示、投入計画、着工優先指示
2 品質管理 VCIM-QC
Quality Control
検査データのオンライン自動収集、検査規格
自動合否判定、統計解析処理(SPC)
3 装置管理 VCIM-EC
Equipment Control
製造装置ヘのレシピNo.高機能を超えた自動トレンドラインシステム のダウンロードと製造実績、稼働情報のオンライン自動収集、装置保全管理
4 搬送管理 VCIM-FC
Flow Control
工程内、工程間の搬送設備ヘのFrom To指示と自動倉庫管理
5 仕様管理 VCIM-SP
Specification Control
工程フローと作業条件指示書の作成・変更、作業条件指示書からのオンラインライン内作業指示
6 生産管理 VCIM-PC
Production Control
生産計画、着工計画、部材在庫管理、納期管理

(1)高機能を超えた自動トレンドラインシステム 工程管理VCIM-TRK

工程管理VCIM-TRK

  1. ロット編成
    受入れた主材料からロットを構成し、ラインへ投入します。
  2. 工程処理
    ロット、ワークの各工程での作業開始/完了を登録します。バッチ処理や枚葉処理の工程にも対応しています。PDAとWebブラウザを利用した入力も可能です。
  3. イベント処理
    ロットの分割/合流、リワーク、ホールド設定/解除など想定される各種イベント処理実績を登録します。
  4. 参照画面
    ロット、ワークの工程実績履歴や、現在の工程仕掛状況を画面表示します。

(2)品質管理 VCIM-PQC

工程管理VCIM-TRK

  1. 測定データ収集機能
    • VCIM-ECC 連携によるオンライン自動収集
    • VCIM-TRK 画面からのキー入力
  2. 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  3. 検査規格に基づく自動合否判定
  4. リアルタイムな不良発生状況のモニタリング

(3)品質管理 VCIM-SPC

シューハート管理図(JIS Z 9021)に則った8種類の異常判定ルールを使用し、データのバラツキや傾向を判定することで、不良の未然発生防止を支援します。

MA(マーケティングオートメーション)とは?基礎知識や事例を紹介

マーケティング施策は、顧客情報の収集から始まります。
現代の消費者は、メール、webサイト、SNS、動画など、さまざまなチャネルで情報にふれて生活をしています。消費者の多様化・複雑化に対応するために、マーケティング活動もきめ細やかな対応が必要です。
近年、重要視されている「One to Oneコミュニケーション」というマーケティングコンセプトをご存じの方も多いでしょう。One 高機能を超えた自動トレンドラインシステム to Oneコミュニケーションとは、顧客一人ひとりの興味関心に合わせたコミュニケーションを行うことで、顧客満足度の向上を図る考え方です。
MAは、最適なコンテンツを最適なタイミングで提供することで顧客情報を収集し、適した方法で蓄積します。

見込み顧客の育成

顧客情報を収集・蓄積したら、次は見込み顧客を顧客へと育成します。
One to Oneコミュニケーションを実践するには、「資料請求した人を見込み顧客としてリストに加える」「請求の3日後にセミナーの招待メールを送る」「反応がなければ事例紹介の資料を送る」「ある程度の関心の高さが見えたら営業からテレアポをする」といった、地道な作業が必要になります。
見込み顧客が10人であれば人力で対応できても、何百、何千という見込み顧客がいればその作業は膨大となり、破綻してしまうでしょう。

テクノロジーによって日々のマーケティング活動を自動化し、見込み顧客や既存顧客に対してOne to Oneコミュニケーションを実現するのがMAの役割です。MAは、見込み顧客が求めている情報を適切なタイミングで提供することで、購入意欲を育てて収益化を支援します。

マーケティング施策の分析

マーケティングオートメーション入門ガイド

MAの主な機能

Marketo Engageが実現する、優れた購買体験

リード管理機能

スコアリング機能

キャンペーン管理機能

メールマーケティング機能

メールマーケティング完全ガイド

社内アラート機能

ランディングページやフォームの作成支援機能

自社サイトのパーソナライズ機能

Webパーソナライゼーション入門

CRM・SFA統合機能

CRM・SFA統合機能とは、CRMツールやSFAツールとMAを統合する機能です。
CRM(Customer Relationship Management)は、顧客関係管理などと訳されます。顧客情報を一元的に管理し、必要に応じて適切に活用することで、利益の向上を目指す手法です。SFA(Sales Force Automation)は営業支援システムと訳され、営業が商談を開始してから受注に至るまでの進捗状況を可視化し、その活動の管理を行う手法を指します。

マーケティング入門 CRM(顧客管理)とマーケティングオートメーション(MA)の関係性と違い、導入のメリットとは?

API連携機能

API連携機能とは、MAと他社のプログラムを、APIによって連携させる機能です。
API(Application Programming Interface)とは、ソフトウェアと別のソフトウェアを連携させるプログラムのことを指します。APIが公開されているMAであれば、他社のソフトウェアと連携させることで、機能の追加や、ソフトウェア間での情報共有が可能になります。

例えば、外部のDMP(Data Management Platform)などからデータをインポートして分析し、施策の設計に活用することができます。また、MAで設定したコミュニケーションシナリオを、チャットボット、SMS、紙のDMといった外部ツールを使って実施することも可能です。

レポーティング機能

<作成できるレポートの例>
・メールの開封率、クリック率
・ランディングページのコンバージョン率
・マーケティング施策ごとの獲得リード数の比較
・顧客ステージの遷移状況
・商談への貢献分析

マーケティング指標及び分析完全ガイド

MAが求められる背景

■日本のMA市場

MA市場の成長率の図

顧客接点の拡大によりマーケティングが変化している

顧客が求める情報・体験が変化している

さらに、同調査によれば、消費者の64%は、購買意思決定において価格よりも顧客体験を重視することがわかっています。消費者は、自分のために選別された質の高い情報を、必要なタイミングで受け取り、製品やサービスを利用したいと考えているのです。
そのためには、消費者とのコミュニケーションをパーソナライズしたOne to Oneコミュニケーションを実施し、良質な顧客体験を提供することで、顧客からの信頼を得る必要があります。

高機能を超えた自動トレンドラインシステム 匿名→ロイヤル顧客の図

新たなテクノロジーで消費者のニーズに応える必要がある

きめ細やかなOne to Oneコミュニケーションを、10人、20人ならともかく、膨大な見込み顧客に対して実践することは、人力では不可能です。幅広いチャネルを自由に行き来するターゲットの行動を捉え、情報を欲している接点とタイミングで最適なコンテンツを提供するには、AIをはじめとする最先端のテクノロジーを駆使する必要があります。

高成長企業がMarketoを採用する理由

MAを導入するメリット

顧客との関係構築によりブランド価値が向上する

そこで重要なのは、パーソナライズされた情報の発信です。MAを導入すれば、パーソナライズされた情報発信が可能になります。マンパワーでは対応不可能な人数の見込み顧客に対してOne to Oneコミュニケーションを実践し、ニーズをいち早く察知して情報提供やフォローができるのがMAの強みです。
「自分だけに提供される」「今の自分に最適な」情報を提供し、高いエンゲージメントを醸成することで、企業や製品・サービスの、ブランド価値の向上に貢献します。

マーケティングプロセスの可視化により収益が向上する

・優先度の高い見込み顧客の判別により営業生産性が高まる
営業生産性を高めるためには、すべての見込み顧客に手厚く対応するのではなく、購入意欲が高まっている見込み顧客に集中し、受注率を向上させる必要があります。MAを導入し、マーケティングプロセスが可視化されると、購入意欲に応じて見込み顧客の優先度を判断することが可能です。

・新規獲得に依存しない収益プロセスが構築できる
リードジェネレーション(見込み顧客の新規獲得)において、すぐに案件化できる可能性を持つ見込み顧客はおよそ10%であり、65%はすぐに検討の必要性を感じていません。リードナーチャリング(見込み顧客の育成)なしでは、いずれ購買や受注の可能性がある見込み顧客との関係性を維持できず、取りこぼすことになりかねません。
MAではリードナーチャリングだけでなく、失注した見込み顧客のリサイクル、さらにはCRM・SFAツールとの連携によって既存顧客に対するアップセル・クロスセルに向けたマーケティング施策を行い、新規獲得に頼らない売上アップを実現することができます。

・マーケティング業務が効率化できる
チャネルが多様化・複雑化したデジタル時代の消費者一人ひとりの意識と行動を、マンパワーで把握することは非常に困難です。今、マーケターに必要なことは、MAをはじめとするマーケティングテクノロジーの導入によってルーティンワークを効率化し、得られた時間でより生産的で価値のあるマーケティング活動に取り組むことにほかなりません。

マーケティング施策の効果が証明できる

他部門との連携が強化できる

・マーケティングが送客する見込み顧客の質が向上する
マーケティングが営業に送客する見込み顧客の質は、両部門の関係性にも影響を与えます。
例えば、マーケティング部門は「マーケティングコストをかけて獲得した見込み顧客を渡しても、営業の対応が弱い」と感じているのに、営業部門は「マーケティングが確度の高い見込み顧客を送ってこない」と考えていることはないでしょうか。
MAを導入すれば、スコアとステージによって受注確度の高さが可視化され、根拠に基づいた送客ができます。確度の高い見込み顧客を送客することで、マーケティング部門への信頼を高めることが可能となります。

・CRM・SFA統合機能により部門間の連携がスムーズになる
マーケティング部門と営業部門が互いに連携を図るには、システム上の連携も重要です。マーケティングが使用するMAと、営業で使用するCRM・SFAツールを連携することで顧客情報が紐づけられると、営業は担当顧客の情報を成約前にさかのぼって閲覧することができ、マーケターも成約後の顧客情報を継続して把握することができます。
また、「この顧客に対し、誰が何をしているか」といった対応履歴を共有することができるので、部門間の連携がとりやすくなります。

〈フォルクスワーゲン・シャラン〉クラスを超えるパワフルな”TDI”【ひと目でわかる最新ミニバンの魅力】

撮影車両:TDI ハイライン

月間登録台数:79台
現行型発表:10年11月(一部仕様変更 19年10月)
JC08モード燃費:15.0km/ℓ ※「TSI」系

REPORT●山本晋也(YAMAMOTO Shinya)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)
MODEL●林あやの(HAYASHI Ayano)

■主要諸元 TDI ハイライン
全長×全幅×全高(㎜):4855×1910×1765
室内長×室内幅×室内高(㎜):—
ホイールベース(㎜):2920
トレッド(㎜) 前/後:1555/1605
車両重量(㎏):1900
エンジン種類:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量(㏄):1968
最高出力(kW[㎰]/rpm):130[177]/3500-4000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):380[38.8]/1750-3250
燃料タンク容量(ℓ):73(軽油)
トランスミッション形式:6速DCT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:225/50R17
最小回転半径(m):5.8
WLTCモード燃費(㎞/ℓ):14.0 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
車両本体価格:529万6000円

先進安全装備

衝突被害軽減ブレーキはミリ波レーダーを利用するタイプ。車線逸脱検知用に単眼カメラも積んでいる。独自の機能として、エアバッグの作動時に10㎞/h以下まで減速させる「ポストコリジョンブレーキシステム」を搭載する。

撮影車両データ

ボディカラー

シンプルでオーソドックスなインパネデザイン。「TDI ハイライン」に標準装備の7インチワイド画面のナビシステムは、専用アプリを入れたスマートフォンとも連携する機能も持つ。視界は広々としているがエンジンフードは見えず、ノーズを把握するのは難しい。

1列目:助手席シート高660㎜ 高機能を超えた自動トレンドラインシステム ステップ高430㎜

2列目:シート高745㎜ ステップ高450㎜

ミラー・トゥ・ミラー:2080㎜ 全幅:1910㎜

開口高:670㎜ 全高:1765㎜

リヤゲート地上高:1900㎜ 全長:4855㎜ 最小回転半径:5.8m

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる