外為オプション取引

売買比率情報

売買比率情報
情報に関しては、ニュース配信ベンダー数や独自コンテンツ、セミナーなどを基準に評価しました。ここでは、そのFX会社がユーザーに対しての教育スタンスが見えるような気がします。セミナーなどを定期的に開催することはFX会社にとって時間とお金が掛かりますが、初心者の方には心強いこと間違いなし。外為どっとコムは、トムソン・ロイター社がプロ向けに提供する端末サービスでのみ配信している速報を個人向けにも提供。プロと個人の差はますます縮まっています。また、アナリスト(ストラテジスト)レポートや動画セミナーなどもFX会社独自で違っており、YouTubeでの解説も増えてきました。多くのレポートの中から、自身にあったストラテジストを見つけるのも楽しみですね。

売買比率情報

5月18日(月)~5月22日(金)のスワップポイント日程表になります。
スワップポイントは毎日1日分もらえますが、土曜日日曜日の分は通常水曜日のポジションにプラスされます。
イレギュラーがなければ、水曜日から木曜日にかけて3日分のスワップポイントがもらえます。

CMS レバレッジ大幅引き下げ!両建機能の廃止

今後CMSでUSD/HKDの取引は難しいです・・・。
次の候補として 証拠金率の低いFX Online Japan 、もしくはUSD/HKDの10万通貨あたりのスワップが1日70円もらえるFXトレード・フィナンシャルが考えられます。

TRY/JPYの運用メリットとは?

例えば、1TRY=60.00JPYの交換レートで100万円をTRYに両替すると約1万6,666TRYになります。
金利差が10%でしたら、1年後 約1万8,3326TRYになっています。
2年後 約2万0,165TRYです。

5,000円からのZAR/JPY複利運用!

ZAR/JPYの月足を見ると、最安値の為替レートは2008年10月24日の 7.69なので余剰証拠金は余裕を持って為替レートが 7.00円以下になってもロスカットされない金額が必要です。

5月のFX業者 口座開設キャンペーン!

USD/HKDの取引のメリットとは?

EUR/DKKの運用メリットとは?

EUR/DKKの取引の場合は、EUR売りDKK買いのショートポジションでスワップ金利を貰えます。
為替変動リスクを抑えつつ、長期的なスワップ運用が可能な通貨ペアとなります。
ユーロ圏とデンマーク の政策金利差が広がっている限りは有効な方法だと思います。

トルコリラ&ペッグ通貨 Q&A

非常に為になる情報で、いつも勉強せていただいています。
大変な相場になってきましたが、このような状況であるからこそ、あえてお尋ねします。
もし仮に、今からスワップ狙いで100万円をTRY/JPYで運用するとした場合、 どのFX業者を選ぶのがベストでしょうか。
また、どのように購入していけば良いでしょうか。
アドバイスいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

ロング/ショート リアルタイム売買比率

リアルタイム売買比率となります。
EURが5%以上購入率が上がっています。
(他の通貨ペアはFX Online JapanのTOPページ左サイドメニュー)

FX Online Japanは取引の全ロング(買い)売買比率情報 取引額とショート(売り)取引額の割合を表示しているので、市場動向を確認できます!(他の通貨ペアはFX Online JapanのTOPページ左サイドメニュー)

売買比率情報

© UNICEF/UNI44048/Pirozzi

  • 2012年から2014年の間に、世界106カ国で6万3,251人の人身売買被害者が確認された。
  • 人身売買の被害者の多くは、女性(成人女性および女の子)であり、2014年に世界85カ国確認された1万7,752人の被害者のうち、およそ71%を女性が占めていた。UNODCが2003年に人身売買のデータ収集を開始して以来、主な被害者は女性だという傾向は変わっていない(被害者の中で女性の占める割合は、2004年は84%、2014年は71%)
  • 男性(成人男性および男の子)の割合も、近年増加している。2012年から2014年の間に確認された人身売買被害者のうち、5人に1人は男性
  • 2012年から2014年の間に確認された人身売買の被害者の中で、子どもが占める割合は25~30%
  • 戦争・紛争や迫害から逃げてきた人々は、特に、人身売買の被害に遭いやすい。例えば、シリアで紛争が開始されて以来、人身売買の被害に遭うシリア人が急増したというケースが報告されている
  • 紛争は、人身売買が蔓延しやすい状況をつくる。特に、武装グループは支配地域内で、何千人もの子どもたちを子ども兵士として徴用している
  • サハラ以南アフリカと中央アフリカ、カリブ海地域では、人身売買の主な被害者は子どもたち。これには、地理的要因、社会経済的要因、法律・制度の相違、各国の制度的枠組みと優先事項などといった、いくつかの要因がある。
  • 後発発展途上国では、確認された人身売買被害者の大多数を占めるのは子どもたち。各国の発展状況と、人身売買被害者の子どもたちの年齢とに、何らかの関連性があるように思われる
  • 国連薬物犯罪事務所(UNODC)-Global Report on Trafficking in Persons 2016

ジョイさん(17歳/仮名)のストーリー

©UNICEF Video

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる