オンライン外国為替取引

バイナリーオプションのメリットとデメリット比較

バイナリーオプションのメリットとデメリット比較
FX手法おすすめ,比較集

バイナリーオプション(BO、ハイロー)とFX比較、どちらがおすすめ?

FX手法おすすめ,比較集

インターネット上で、バイナリーオプションについて調べても、その決定的な デメリット について全く書かれていないのです。

しかし、このブログはそうではありませんから、バイナリーオプションのメリットとデメリットを考えて、FXと どちらがオススメ なのかを考えてみましょう。

結論から言えば、 FXの方が圧倒的にお勧め です。

バイナリーオプション(BO、ハイロー)とは?

バイナリーオプションのメリットとデメリット比較 バイナリーオプション (BO、ハイローとも言われる。)とは、一定時間内(数秒から数時間以内)に上か下のどちらに価格が行くかを当てる、コインの裏表を与えるかのような取引のことをいいます。

そして、価格が自分の思った通りの方向に行けば、 ペイアウト率 と呼ばれる各会社によって定められた報酬額が支払われます。

バイナリーオプション(BO、ハイロー)のメリットは?

メリット①:取引が簡単

お金を入れて「上がる、下がる」のボタンを選んで、数秒後どちらになるかを当てるだけですから、 とても簡単 な取引であると言うことができます。

メリット②:資金管理をおこないやすい

ですから、「 プロスペクト理論 」が顔を出すことは無いのです。

メリット③:チャートに値動きが全くない時でも取引することができる

では、これほどたくさんの メリット があるのであれば、すぐにバイナリーオプションを始めたいと思いますか?

バイナリーオプションをお勧めしない絶望的な3つの理由

絶望的なデメリット①:膨大な手数料

その代わりに、ペイアウト率と呼ばれる勝利した時に、返金される金額が 安く設定 されています。

これが実は 絶望的な手数料 なのです。

そうしますと、 勝率50.56%以上 でなければ、勝つことができないということがわかります。

ペイアウト率 1.7 バイナリーオプションのメリットとデメリット比較 1.8 1.85 バイナリーオプションのメリットとデメリット比較 1.88 1.9
必要勝率(%) 58.82 55.56 54.05 53.19 52.63

そして、前回の記事で考えましたように、55%の勝率があれば「 必勝資金管理法① 」を用いれば十分な優位性を得ることができます。

海外と国内のBO取引のメリットデメリットを徹底比較

国内バイナリーオプション

出金に関して海外業者の場合、国内業者と大きく異なりいくらでも自由に出金できるかというとそうではないので注意が必要になります。
海外バイナリーオプション業者の多くは「最低出金額」として、1回の出金指示の最低額の制限があり、最低出金額以上の出金しか受け付けられないケースがあります。
(口座解約時の場合は全額引き出し可能なケースが多いです)さらに、出金時にはバイナリーオプション業者の「出金手数料」がかかるところもあります。

国内バイナリーオプションのイマイチなところ


国内業者での超短期取引は提供されていない

バイナリーオプションに興味を持ち始めた人の中で「60秒取引」などの超短期取引を提供する国内業者を探している人も少なくありません。
残念ながら国内業者ではバイナリーオプション規制により短期の取引を規制しており提供できません。
締め切り時間の2分前まで購入することができる業者も多いため国内業者では最短2分後の為替の予測が一番短期のバイナリーオプションとなりますが、1回の取引は3時間程度で設定されているため、次の2分取引のチャンスは3時間後ということになり、チャンスがきても短期取引で決めれるという保証がどこにもないのです。

国内業者は海外業者に比べて取引の選択肢が少ない

海外バイナリーオプションのメリット・デメリット



海外バイナリーオプション

海外バイナリーオプションのいいところ


海外バイナリーオプションの魅力は「短期取引」

海外バイナリーオプションは投資対象は為替だけでなく、株式や指数の取引も可能

国内バイナリーオプションは週末にログインすらできないところが多い

海外バイナリーオプションのイマイチなところ


万一の場合は自己責任

出金に最低限の制限がある

海外送金の場合、時間と費用がかかる

入出金で海外送金(Wire Transfer)を利用すると、着金までに約2週間ほどの時間と2千円程度の送金手数料がかかります。従来は海外送金での出金がメインでなかなか着金しないことからトラブルになることもあったのですが、最近は国内銀行から送金(クイック出金)してくれたり、bitwalletなどの送金業者を利用し、国内送金で送金してくれる業者も多くなりました。
海外バイナリーオプションを行う場合、出金手段にクイック出金サービスや、bitwallet利用可能、もしくは仮想通貨での入出金が可能な業者を選び、海外送金を利用しなくても良い業者を選ぶことも一つのポイントです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる