初心者向けおすすめFX動画

サポートラインを意識する

サポートラインを意識する
✅2020年FX収支【284万1千円】
サポートラインを意識する 2020年FX合計詳細はこちら

1.上昇トレンド

上昇相場におけるトレンドラインの引き方は、最初のボトムと、次のボトムを結んだ線を延長するだけでよいというのが通説です。結果的に多少はみ出すこともありますが、概ねその線に沿った相場展開がなされます。
よく、下値支持線と同時に、上値抵抗線を引くことがありますが、上昇相場の場合、上値が伸びることは散見されますし、上昇トレンドで上昇し過ぎることを悩んでも仕方がありません。
基本的には上昇トレンドを捉えたら、下値支持線の近くで買いポジションを作るということがトレードする上ではとても重要です。

また、こうして描いた下値支持線を割りこんできたところが、上昇トレンドの終焉を表しています。
このチャート例に限らず、大きく長い上昇トレンドの下値支持線を割りこんできた場合、そこから雪崩のように下落するケースが多いように思います。
多くの投資家がトレンドラインを気にしている1つの証拠であるのかもしれません。

2.下降トレンド

下降トレンドの場合のトレンドラインの引き方としては、上昇トレンドとは逆に上値抵抗線を中心に考えます。
最初のトップと、次のトップを結んだ線がその下降トレンドの上値抵抗線ということになります。
赤い線が上値抵抗線、チャートの形状がちょうど下値をサポートするように引けることから、グレーの下値支持線も追加して描画してあります。


(C)ゴールデン・チャート社 GC HELLO TREND MASTER(R)

(C)ゴールデン・チャート社 GC HELLO TREND MASTER(R)

実践編-上昇トレンド中の迷い

下のチャートはドル円の日足です。
ボリンジャーバンドも描画してありますが、相場そのものが描く一定幅のレンジと、およそ半年間にわたる下落トレンドぶりが、ハッキリと認識できます。明確な抵抗線とそれによる反発が厳密にとれるわけではありませんが、おおよその帯域が存在することは否定できません。
レンジのほぼ加減に達しつつある現在値が、このあとレンジを守りながら緩やかに反発するか、それともレンジブレイクして新たなトレンドを築くか、ちょうどその分岐点にあります。
サポートラインを信じるのであれば、ここでは買いを意識することになります。

実践編-20円幅のレンジ

ドル円の週足チャートに、21週移動平均線と±1σ、±2σのボリンジャーバンド、そしてレジスタンスライン、サポートラインを描画してみました。
下落トレンドの最中にあるドル円ですが、まだまだ底には遠い位置にあることがわかります。
このチャートからは80円割れすらもあり得ることが伝わってきます。2009年はなんとかレジスタンスラインをブレイクしようと試みながらも、市場原理に逆らうことができず、結局レンジの中で下落を余儀なくされているかのようにも映ります。

実践編-縮尺の異なる地図


上はドル円の週足チャートです。
結局、サブプライムショック以降の大きなトレンドの中にいることがよくわかるチャートです。その中にあって、今は高い位置なのか低い位置なのかを測ることができれば、日足での投資戦略にも有効な指針が与えられるケースがあります。
下のチャートはドル円の日足です。

FXのサポートラインとレジスタンスラインのよくわかる説明

【ドル円チャート】

サポートラインを意識する さみー

レジスタンスライン

【ドル円チャート】

さみー

サポートラインはレジスタンスラインに変わる!?

サポートライン、レジスタンスラインの特徴

  • 時間軸が長いほど強力になります。スイングトレードを行う場合、日足や4時間足を使いましょう。
  • サポートラインは一度割り込むと大きく値を下げやすいです。
  • もし逆指値でエントリーした場合は、自分で決めたロスカットルールに従いましょう。

さみー

当ブログ特別タイアップのまとめ記事!【口座開設は無料】失敗から復活した僕の経験を盛り込んだ当ブログ限定レポートがもらえます!

✅2018年FX収支【146万7千円】 サポートラインを意識する 2018年FX合計詳細はこちら

✅2019年FX収支【148万4百円】
2019年FX合計詳細はこちら

✅2020年FX収支【284万1千円】
2020年FX合計詳細はこちら

FXで-300万円から絶賛V字回復継続!
2018年FX収支「+146万円」
2019年FX収支「+148万円」
2020年FX収支「+284万円」
【2018年11月よりアイネット証券様の「シストレちゃんねる 」でループイフダン・投資について寄稿中です!】
✅雑誌「SPA!!」の2020夏特別号「エン・スパ」別紙に掲載!
✅雑誌「FX攻略.com」の2020年9月別冊付録に掲載!

サポートラインを意識する

サイサポートレギンスby.シンメトリー

レッグメイキング サイサポートレギンスby.シンメトリー 商品詳細

1.タミー機能
気になる腹部を押さえてしっかりサポートします。

2.マチ部
内側に綿生地、外側にナイロン生地の二重構造の安心設計。

3.DCY糸使用

4.多段階着圧設定
ピンポイントで計算された着圧で、しっかりと引き締めます。

5.巾広ニットイン
巾広ニットインの仕様でソフトで安定した着用感。

6.プラチナナノ加工
ナノレベルの白金(プラチナ)ナノ粒子で、抗菌・防臭・抗ウイルス効果が期待できます。

レギンス仕様

レッグメイキング サイサポートレギンスby.シンメトリー

7.ヒップアップ・リフトアップ機能 ※
バック中央とヒップ下からサイドにつながる切り替えでヒップを上に引き上げ、伸縮性の良いサイドの切り替えはリフトアップ効果が期待できます。

8.サイサポート機能 ※
膝から太腿後ろのクロスライン「サイサポートライン」で、下から上へしっかりカバーしサポート。サイサポートラインを意識する事でヒップ位置のキープが期待できます。

9.ヒップラインサポート機能 【NEW】 ※
膝から太腿後ろのクロスライン「サイサポートライン」で、下から上へしっかりカバーしサポート。ヒップラインサポート機能でニットインまで持ち上げるようにサポートします。

10.アジャスター機能 ※
ヒップ下とヒップ内側の縦ラインに伸縮の良いアジャスターラインを設定し、脚とヒップの動きを独立させバランスを調整。ズレにくくヒップアップ効果が期待できます。

【完全な基礎】サポートライン・レジスタンスライン【引き方と実践】

サポートラインとは

サポートラインとは

サポートライン とは、下降してきたレートが反発を起こしたポイントに引かれる水平線のことを言います。簡単にいうと、 安値に引かれる水平線 のことです。

サポートライン

上図を見ていただくと、わかると思いますが下降が止められて反発していますよね。この反発は、その安値付近で買い注文が多くあったということを示していて、上昇しやすくなるポイントになります。

なので別名で 「支持線」 とも言われています。

サポートラインの引き方

  • 同じ価格帯で反発しているポイントを見つける
  • 見つけたら、その安値の水平ラインで結ぶ

サポートラインの引き方

なので、僕のおすすめとしては以下のように2本のラインを引き、サポートラインではなくて、"サポートゾーン"として扱うことです。

サポートラインのおすすめの引き方

考え方としては、"サポートラインで反発"というよりも"サポートラインを意識する サポートゾーンで買いの攻防が起きる可能性がある"

サポートラインで価格が反発するワケ

サポートラインで価格が反発する理由は、 売り圧力より買い圧力が勝つから です。

ただ、注意いただきたいのが サポートラインは必ず反発するものではない ということです。

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは、上昇してきたレートが反発を起こしたポイントに引かれる水平線のことです。簡単にいうと、 安値に引かれる水平線 のことをいいます。

レジスタンスライン

上図を見ていただくと、わかると思いますが上昇が止められて反転していますよね。この反転は、その高値付近で売り注文が多くあったということを示していて、下降しやすくなるポイントになります。

なので別名「 抵抗線 」とも言われています。
サポートラインとレジスタンスラインは真逆の考え方をしていただければ大丈夫です。

レジスタンスラインの引き方

  • 同じ価格帯で反発しているポイントを見つける
  • 見つけたら、その高値を水平ラインで結ぶ

レジスタンスラインの引き方

なので、僕のおすすめとしては以上のように2本のラインを引き、レジスタンスラインではなくて、" レジスタンスゾーン "として扱うことです。

レジスタンスラインのおすすめの引き方

考え方としては、"レジスタンスラインで反発"というよりも " レジスタンスゾーンで売りの攻防が起きる可能性がある "

レジスタンスラインで価格が反発するワケ

レジスタンスラインで価格が反発する理由は、 買い圧力より売り圧力が勝つから です。
要するに、買いたいトレーダーより売りたいトレーダーの方が多いということです。

ただ、注意いただきたいのが レジスタンスラインは必ず反発するものではない ということです。

ラインの引き方に正解はない

ラインの引き方に正解はない

サポートラインとレジスタンスラインで相場の反転の見極めよう!

トレード手法

株の売買においてこのラインは必ず押さえておきましょう。

サポートライン、レジスタンスラインって?

サポートラインとは下値支持線のことです。

反対にレジスタンスラインとは上値支持線のことです。

相場にはこのように下値を支えているかのような動きを見せる場面があり、その 反発しているポイントをラインで結んだものがサポートライン です。

反対に相場では上値が重く、レンジ内を上に抜けきらず反落する場面があります。そのような 上値が跳ね返されているようなポイントを結んだものがレジスタンスライン です。

サポートラインとレジスタンスラインは基本的には水平 に引きます。チャネルラインといった斜めに引くこともありますが、まずは水平を意識したほうが良いでしょう。

なぜ2つのラインが機能するのか?

サポートライン、レジスタンスラインの使い方

白いボックスを見てもらえると ボックス内では近々の安値を目処にサポートライン付近で止まっている のがわかります。

サポートラインとレジスタンスラインを引く際によく使われているのが、 直近の目立つ高値や安値に水平線を引く というやり方です。

直近の高値や安値というのは多くのトレーダーが注目するポイントの一つですので、その付近で何度か反発するようであればラインとして機能している可能性が高いです。

ただ写真でもあるように 多少のオーバーシュートはよく起こります。 ラインを明確に割らないかぎりはまだ機能しているとも言えますが、株価は需給によりますので、どちらの圧力が強いかも見極めていかなければいけません。

もう1つ重要なのは、過去の最安値、最高値など特徴的な部分にラインを引いてみるということも意識しないといけないポイントです。

サポートラインとレジスタンスラインは入れ替わる?

サポートラインとレジスタンスラインを学ぶ上で重要なことがあります。
それは サポートラインを下抜けすると今度はそのサポートラインがレジスタンスラインになる ということです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる