初心者向けFX入門講座

デイトレ 疑問

デイトレ 疑問
【移動平均線を用いたトレードの例】

現役証券アナリストが語る、やさしい株式投資のハナシ【第20回】 長期と短期はどちらが良い? 投資の時間軸の話

長期投資のメリットは、時間軸を長く取ることができるので、短期的に値上がりが見込みづらい株であってもじっくりと持ち続けることができる点です。短期投資の場合は、どうしても値動きの軽い株を選びがちですが、長期投資では値動きはあまりないけれども優良な株を安値で買ういわゆる逆張り投資にも向いています。成長する株を長期保有できたときのリターンは、他の金融商品にはない株式取引の魅力の一つです。また、配当や株主優待によるインカムゲインを狙った投資も長期投資が有効です。

デメリットとしては、時間軸が長くなると値上がりする時は良いのですが、値下がりした場合はその分損失も大きくなることが挙げられます。値下がりした株を売ることができずにずっと保有したままになってしまう、いわゆる塩漬け株となるリスクも短期投資よりは高くなります。そのため、値上がりを期待して買った株が思惑が外れたことで見切る「損切り」も大切です。

長期投資のメリット・デメリット
メリット ・短期的に値上がりが見込みづらい株でもじっくり持てる
・成長する株を長期保有できたときのリターンが大きい
デメリット ・時間軸が長くなる分、値下がりした場合の損失が大きくなる
・塩漬け株となるリスクが高くなる
デイトレ 疑問

投資初心者はまずは半年〜1年程度の中長期投資から検討

このように短期投資、長期投資どちらもそれぞれメリットやデメリットがありますので、どちらが良いとは一概に言えません。ただ、投資初心者の方は、いきなり短期投資で失敗したときの焦りが出やすく、投資判断もある程度の時間をかけた方が良いでしょう。まずは半年〜1年程度の中長期投資から始めてみてはいかがでしょうか?

また、投資の時間軸はあまり途中で変更することはおすすめできません。短期のスイングトレードのつもりで買った株が値下がりしてしまうことはよくあることですが、だからといって長期投資に切り替えて長く持ち続けるのは、塩漬け株になりやすい投資行動といえます。値下がりしてしまった株を売って損失を確定させるのは、精神力の必要な嫌なことでもありますが、適切な時期に適切に損を出せるようになることは投資家として必要な条件です。

デイトレ 疑問


Notice: Undefined variable: Page in /home/superlosandes/public_html/wp-content/themes/Andes/index.php on line 10

PRUEBA NUESTRAS RECETAS

Crepas con yogurt y frutos rojos

Roscón de Reyes

Christmas Cookie Cocktail

Santa Clause-Mopolitan

Plumcake de frambuesas

Bizcocho de calabaza y chocolate

Agua de Valencia

LOMO DE CERDO RELLENO

Chardonnay デイトレ 疑問 Jello Shots

Tallarines al pesto rojo


Notice: Undefined variable: Page in /home/superlosandes/public_html/wp-content/themes/Andes/index.php on line 32

デイトレードの基本と原則 デイトレ 疑問 | FX/CFD中級者向け書籍

リバーサルトレードの例

【リバーサルトレードの例】

移動平均線を用いたトレード

【移動平均線を用いたトレードの例】

目次

第1章 はじめに

第2章 デイトレードの仕組み

第3章 リスクと口座管理

第4章 トレードに適した銘柄の見つけ方

第5章 ツールとプラットフォーム

第6章 ローソク足

第7章 最も重要なデイトレード戦略

第8章 トレードで成功するための手順

第9章 新人トレーダーの次のステップ

■監修者まえがき

本書は専業のデイトレーダーであるアンドリュー・アジズの著した“How to Day Trade for a Living : Tools, Tactics, Money Management, Discipline and Trading Psychology”の邦訳で、デイトレードを仕事として行い、生活していくための入門書である。デイトレードそのものの歴史はインターネットの出現以降(特に、ディスカウントブローカーの登場やナスダックレベル2へのアクセス解放以降)であり、まだ20年ほどと浅いが、すでに人口に膾炙しておりこれまで多くの成功者を生んできた。

株初心者がデイトレードを始める為の入門知識

【デイトレ入門】株初心者がデイトレードを始める為の7つの項目

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰候補銘柄を無料で配信。最新マーケット情報から個別銘柄の分析・展望など、豊富な投資情報を"ワンパッケージ"で利用可能!!

    デイトレ 疑問
  • デイトレ株初心者入門 1.デイトレードとは?

デイトレ株初心者入門
1.デイトレードとは?

デイトレードの特徴・魅力とは?

まず先に、「デイトレード」とは、購入した株を翌日に持ち越さず、 その日(デイ)の内に売買を完結させる短期トレードを代表する取引手法 のことを言います。

デイトレードの2つの特徴

  1. リスクの大半を株価の変動に限定することが出来る。
  2. ループトレードを活用することで少額資金でも効率良く利益を狙える。

デイトレは日々チャートの動きを監視しトレードを繰り返すのが大変ではあるかもしれませんが、 投資機会を常に狙っていくことが出来る ので、投資資金が少額でも資金効率が高いトレードを見込むことが出来るのです。

なので世間一般的なネガティブなイメージとは逆に、 デイトレードは初心者でもスタートしやすい優れた取引手法 と言えるのです。

デイトレ株初心者入門
2.デイトレードは午前中だけでも利益を狙える投資手法

あなたの生活リズムに合った投資スタイルを見つける

  • 今の職場環境でもデイトレで利益を出していけるだろうか?
  • プロのように一日中チャート画面を見ていないとダメなのか?
  • サラリーマン・主婦でもデイトレードで儲けれるのだろうか?

デイトレ株初心者入門
3.デイトレードを始めるための資金について

デイトレードを始めるための資金について

重要なことは、“ 自己資金の中でどのようなトレードが出来るのか? ”を前もって知っておくことです。

  • デイトレ銘柄の選択肢を狭くしない資金量
  • 資金配分・取引手法の選択肢を広くできる資金量

資金の目安となる上記2点を踏まえるとデイトレードを始めるには 最低資金として50万円~100万円は用意したい ところでしょうか。

デイトレ株初心者入門
4.ロスカット(損切り)の重要性

運用資金を守るための損切りと管理方法を決める

デイトレードに限らず、株初心者の方が一番始めに考えておくべき重要なことが「大切な資金を減らさないための方法」つまり「 資金管理のルール 」です。

デイトレードにおける基本的な3つの損切りライン

  1. 予め決めた含み損の金額を損切りの基準にする。
  2. 値動き幅のパーセンテージを損切りの基準にする。
  3. サポートライン(支持線)を損切りの基準にする。

個人投資家で有名なBNF氏やcis氏もロスカットの大切さについて名言されているかと思いますが、BNF氏は“ 大事なのは損切りを早くすることでしょうか ”“ 想定より下がった場合には、上がるまで待つことはせず、早めに損失を確定させています ”などと話されています。

ロスカット後すぐに株価が上がることもあるかと思いますが、ウォール街でも「Cut loss and let profit run.(損は落とせ、さらば利益は大ならん)」と言われていたり、ロスカット関連の格言は他にも「損切りはすばやく」「迷いが出たら売れ」「引かれ玉は投げよ」等々たくさんあります。

デイトレードにおける資金管理のルールを決める3つの目安

  1. ワントレードで発生する損失額を想定する。
  2. コントロールできる許容量・資金の範囲で株を買う。
  3. 銘柄の値動きクセや値幅の特徴を把握する。

一概に株価が何%下がったらロスカットするべきとは言えませんが、ロスカットのタイミングについて、BNF氏は“ 想定より下がった場合 ”としています。

米国の投資家で世界的に有名なウォーレン・バフェットの名言に“ ルール1:損しないこと、ルール2:ルール1を忘れるな ”というのがありますが、株式投資は誰しも資金を増やすために行うものだと思うので、ロスカットが遅れ資金を大きく減らしてしまわないように、デイトレードを行う際は、自分なりに資金管理のルールを予め決め、決めたルールをしっかりと守りトレードするようにしましょう。

デイトレ株初心者入門
5.デイトレ 疑問 取引コストを抑えた証券会社を選ぶ

取引コストを抑えたコスパの優れた証券会社を選ぶ

こうした取引コストの負担を軽減するには、 取引金額や投資スタンスに合った証券会社 を選ぶことが重要です。

デイトレ株初心者入門
6.スピード感に慣れる

デイトレ銘柄ならではの「スピード感のある値動き」に慣れる

デイトレードに適した銘柄の特徴として、“ 1日の値動きが大きく出来高も多い(流動性が高い) ”というのがありますが、デイトレ銘柄を選ぶ基準となるのが以下の3点です。

デイトレ銘柄を選ぶ際の基本的な3つの基準

  1. 取引が活発(出来高が多い)銘柄
  2. 株価の値動きの幅が大きい銘柄
  3. デイトレ 疑問
  4. 板に注目がたくさん入っている(板が厚い)銘柄

この3つの基準を満たすことで、「 買いたいとき・売りたいときに売買できる(デイトレ 疑問 流動性が高い) 」デイトレ銘柄を選ぶことが出来ます。

証券会社のランキングを使ったデイトレ銘柄の選び方

松井証券が提供する「デイトレ適正ランキング」を例にすると、デイトレ銘柄の特徴である「値動きの大きさ」「流動性の高さ」を数値化し、ランキング形式で表示することができ、 今、盛り上がっている旬なデイトレ銘柄をいち早く見つけることができる のです。

初心者の方はまず、“ デイトレ銘柄を良く観察して触れること ”が大切です。

デイトレ株初心者入門
7.デイトレードに適したパソコンとトレード環境

デイトレードに適したパソコンとトレード環境

これからデイトレードを始める初心者の方であれば、まず銘柄の値動きや取引スピードに慣れることが大切になるので、 パソコンとモニター1台ずつあれば十分 です。

デイトレードの基本と原則 ――戦略、資金管理、規律、心理を学ぶための総合ガイドブック

はじめてのお客さまへ

チャンピオン・トレーダーに上り詰めたギャンブラーが語る実録「カジノ・ウォール街」「ラスベガス」から「ウォール街」に戦場を変えた男の成功物語
チャンピオン・トレーダー、マーティン・“バジー”・シュワルツの世界にようこそ。
ウォール街という戦場に挑むハガネの精神と鋭い直感を兼ね備えた男に与えられた称号は、ピット・ブル。ベストの中のベストと言われ、トップドッグたちにも恐れられている真のチャンピオン・トレーダー、シュワルツが初めて公開するそのテクニック。チャンピオンの座を獲得したトレーダーが初めて明かした回想録。数百万ドルを一人で稼ぎ出すトレーダーの物語がここにある。
強いエネルギーと独特のスタイルで書き上げられたこの作品には、シュワルツがたどった成功への道が詳しく記されている。アメリカ証券取引所でオプションのデイ・トレーダーとしてスタートを切り、S&P指数先物で巨額な富を築き上げる。そして、自らのヘッジファンドを設立し、世界のビッグドッグたちと戦うための投資資金を海外の投資家からかき集める。湾岸戦争勃発の夜、たった一人でマーケットに立ち向かい、1日で120万ドルを手にする。数々の教訓をシュワルツは大きな代償を払って、相場という巨大な大衆心理の集まりから学んできた。最高のトレーダーのシュワルツが自ら学んだ数々のことを、相場に携わっている人々、また関心のある人たちに公開する。
瞬時に変わり行く相場の世界に生きている者たちは、その真相を口にはしたがらない。壮絶なプレッシャーと戦い、常に決断を迫られるトレーダーたちに休む暇はない。しかし、今、『バロンズ』誌が「ベストの中のベスト」と称するマーティン・シュワルツがその全貌を明かにする。戦火の中で素早く行動を取るシュワルツの一つ一つの動きから、読者は多くを学ぶことになる。
シュワルツが生き抜いてきた金融市場から学んだ教訓が17章にまとめられている。その中から、シュワルツの行動、姿勢、それに戦略を肌で感じることができるだろう。実践でシュワルツが使うテクニックやトレーディング用法を「シュワルツの売買テクニック」の章で解説している。
これから相場に取り組んで行く人、ウォール街の仕組みとそこに生きるトレーダーに興味がある人、もしくは成功を収める人間のスタイルとパターンを知りたい人には、この『ピット・ブル』は必携の書物である

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる