バイナリーオプション攻略

ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説

ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説
・1カ月単位のローソク足 月足(つきあし)
・1週間単位のローソク足 週足(しゅうあし)
・1日単位のローソク足 日足(ひあし)
・1時間単位のローソク足 時間足(じかんあし)
・1分単位のローソク足 分足(ふんあし)

テクニカル分析で相場の流れをつかもう!具体的な分析手法を紹介

テクニカル分析とは株の分析手法のひとつ

株の分析手法にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2種類があります。過去の値動きから考えるのがテクニカル分析、企業業績等を使って分析するのがファンダメンタルズ分析です。

2種類の株の分析手法

テクニカル分析は過去の値動きから考える

ファンダメンタルズ分析は企業業績等を使う

テクニカル分析で使う指標には2種類ある

テクニカル分析で使う指標にはトレンド系とオシレーター系の2種類あり、相場の流れや方向性を判断するために使うのがトレンド系テクニカル指標、買われ過ぎや売られ過ぎを判断するために使うのがオシレーター系テクニカル指標です。

1.トレンド系テクニカル指標

移動平均線

一目均衡表とは、相場が買い方と売り方の均衡が崩れたときに大きく動くことに着目して、どちらが優勢なのか均衡関係を一目でわかるようにしたテクニカル指標です。

2.オシレーター系テクニカル指標

MACD

RSI

テクニカル分析3つのメリット

テクニカル分析のメリット

1.株価チャートは視覚的で分かりやすく分析しやすい

2.経済や財務諸表の知識がなくても分析できる

3.プロと個人投資家で情報量の差が小さい

テクニカル分析3つのデメリット

テクニカル分析のデメリット

  1. 事象に対応できない
  2. 複数の指標で違うシグナルが出る場合がある
  3. 分析結果が常に正しいとは限らない

1.株価の急落など突発的な事象に対応できない

2.複数の指標で違うシグナルが出る場合がある

3.分析結果が常に正しいとは限らない

テクニカル分析を実際に使う場合の注意点

テクニカル分析の注意点

テクニカル分析を活用して投資銘柄を探そう

テクニカル分析を活用して投資銘柄を探そう

【株初心者向け】株式投資の始め方や勉強しておきたい3つのことなどを解説

株の売り時の見極めポイント4つや注意点、分析ツールを解説

株の買い方や証券会社選びのポイント、注文方法の種類や違いを解説

MONEY HUB PLUS 編集部

未来につながる投資情報メディア「Money Hub Plus(マネハブ)」の編集部です。
みなさまの資産形成に役立つ情報を日々発信しております。

資産運用セミナー オンラインでも開催!投資信託相談プラザ

資産運用に役立つ情報配信中!投資信託相談プラザ Youtube公式チャンネル

限定セミナーや最新情報をお届け!メールマガジン登録受付中!|ご相談無料の投資信託相談プラザ

AIが株の買い時・売り時をサポート!アルパカロボはこちら

AIが株の買い時・売り時をサポート!アルパカロボはこちら

商号等:株式会社Fan 金融商品仲介業者 登録番号:北陸財務局長(金仲)第35号
当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
当社は金融商品仲介業に関してお客様から直接金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

【所属金融商品取引業者等】
株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
楽天証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2884号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3024号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第578号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説

長いローソク足、短いロウソク足など、いろいろなローソク足が形成され、ローソク足チャートとなる。

長いローソク足、短いロウソク足など、いろいろなローソク足が形成され、ローソク足チャートとなる。

1分足、5分足、15分足って何?

ローソク足は、1分足、5分足、15分足といったように、期間を変えてさまざまな長さで見ることができます。この「○○足」という期間の分け方のことを時間足と言い、トレーダーはこれを切り替えることで、局所的に細かい値動きを見たり、大局的に大まかな値動きを見たりすることができます。

1分足を5本まとめてみたときの四本値が、5分足1本の四本値と同じになる。

1分足と5分足の比較 1分足を5本まとめてみたときの四本値が、5分足1本の四本値と同じになる。

時間足の種類

  • 1分足(M1)
  • 5分足(M5)
  • ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説
  • 15分足(M15)
  • 30分足(M30)
  • 1時間足(H1)
  • 4時間足(H4)
  • 日足(D1)
  • 週足(W1)
  • 月足(MN)

このうち、1分足、5分足、15分足、1時間足など期間が短いものは短期足と呼ばれ、逆に日足、週足、月足など期間が長いものは長期足と呼ばれます。

数ある時間足のどれを重視するかは、その人のトレードスタイルによって変わってきます。たとえば、スキャルピング(数分程度の超短期売買)を行う人にとっては週足や月足がどんな動きをしていようと関係ありません。週や月を通して形成されるローソク足の値幅に対して、数分間の値動きは誤作レベルになり、何の情報も得られないからです。

1種類の時間足だけ見ていればいいわけじゃない! 「環境認識」の重要性について

勝てるトレードをするためには、環境認識が必要不可欠です。

環境認識

環境認識について解説するときに、よく「木を見て森を見ず」ということわざが用いられますが、環境認識ができていないトレーダーというのは、まさにこのことわざの状態にあると言えます。

下降が続く相場(下降トレンド)の途中でも、一時的に上がる部分もあります。

全体的に相場が下降していても、□で囲まれた部分のように一時的に上昇することがある。

一時的な微増 全体的に相場が下降していても、□で囲まれた部分のように一時的に上昇することがある。

1時間足の□の部分を5分足で見た図。。大きな下降の途中であることは5分足ではわかりにくい。

1時間足の□の部分を5分足で見た図。大きな下降の途中であることは5分足ではわかりにくい。

じゃあ何種類の時間足を見ればいいの?

短気足でトレードを行う場合でも、1日1度くらいは日足もチェックしておくといいですね。全体の値動きが大まかにわかるようになり、相場観が養われます。

基本的に、環境認識は自分がエントリーを行おうと思っている足より長い足(上位足)を見て行います。中にはより短い足(下位足)も見るという人もいますが、これはどちらかというとエントリーの精度を高めるための行為なので、環境認識とは少し意味合いが違ってきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる