暗号資産速報

ティックチャートの活用

ティックチャートの活用

(3)個別チャート/チャート情報

国内株式 個別銘柄、日経225、日経300、TOPIX、JPX日経400、東証プライム市場指数、東証スタンダード市場指数、東証グロース市場指数 、日経500、旧東証市場第一部指数、東証グロース市場Core指数、マザーズ、東証REIT 米国株式 個別銘柄,ダウ30種平均,ナスダック指数,NASDAQ100,S&P100,S&P500 外国為替 スポットレート : USD/JPY,EUR/JPY,EUR/USD

国内株式 ティック,1分足,2分足,3分足,4分足,5分足,10分足,15分足,30分足,60分足,日足,週足,月足 ※東証プライム市場指数、東証スタンダード市場指数、東証グロース市場指数、旧東証市場第一部指数についてはティック,1分足,2分足,3分足,4分足,5分足,10分足,15分足,30分足,60分足は表示されません。 米国株式 日足,週足,月足 外国為替 日足,週足,月足

  • 1 個別銘柄: ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート
  • 2 日経225: ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート
  • 3 日経300: ローソク足チャート,テクニカルチャート
  • 4 TOPIX: ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート
  • 5 JPX日経400: ローソク足チャート,テクニカルチャート
  • 6 東証プライム市場指数 : ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート
  • 7 東証スタンダード市場指数 : ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート
  • 8 東証グロース市場指数 ティックチャートの活用 : ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート
  • 9 日経500: ローソク足チャート,テクニカルチャート
  • 10 旧東証市場第一部指数: ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート
  • 11 東証グロース市場Core指数: ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート
  • 12 マザーズ: ローソク足チャート,テクニカルチャート, 出来高バーチャート
  • ティックチャートの活用
  • 13 東証REIT: ローソク足チャート,テクニカルチャート
  • 1 個別銘柄 : ローソク足チャート,テクニカルチャート,出来高バーチャート
  • 2 インデックス : ローソク足チャート

指定した期間(YYYYMMDD)のチャートを表示します。但し、最大指定期間は下記の通りです。
尚、ボタンの押下により指定した期間を初期値に戻すことができます。
日足 ティックチャートの活用 : 最大300日,週足 : 最大300週,月足 : 最大300ケ月

※注1 期間(From)のみ指定した場合 → 指定した期間より100本を表示します。

※注2 期間(To)のみ指定した場合 → 指定した期間の直近100本を表示します。

チャート欄外表示データ

対象チャート

画面モード メニュー 銘柄 情報種類 テクニカルチャート種類
国内株式 個別チャート 個別銘柄 分足 ローソク足/出来高/MACD/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/VMAP/ボリンジャーバンド/パラボリック(ロング・ショート)/一目均衡表
日足
週足
月足
ローソク足/出来高/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/サイコロジカルライン/DMI/RCI/MACD/ボリュームレシオ1・2/株価移動平均乖離線/レシオケータ/強弱レシオ/ボリンジャーバンド/パラボリック(ロング・ショート)/逆ウッチ曲線/新値足/ポイントフィギュア/価格帯別出来高/一目均衡表
米国株式 チャート情報 個別銘柄 日足 ローソク足/出来高/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/サイコロジカルライン/DMI/RCI/ボリュームレシオ/強弱レシオ/新値足
外国為替 チャート情報 スポットレート 日足 3本足/RSI1・2/ストキャスティクス(ノーマル・スロー・オリジナル)/サイコロジカルライン/DMI/RCI/移動平均乖離線/ボリンジャー・バンド/新値足/ポイ トフィギュア/一目均衡表

チャート表示方法

    • a チャート上にて『右クリック』を行って下さい。
    • b ポップアップメニュー(左図)が表示されますので、表示したいテクニカル指標を選択して下さい。
    • c テクニカルチャートが表示されます。

    株式分割直後の銘柄などを分足で表示すると、前日終値線によって、株式分割前の座標軸となるため、分割後の株価が小さく表示されるなど、見えにくい事象が発生します。
    株式分割直後の銘柄などを分足で表示させる場合、 こちら をご確認ください。

    7 複合・外国為替チャートの2日分表示方法 「環境設定-チャート1」にて、複合チャートまたは外国為替チャートの『2日分表示』をチェックされている場合は、複合チャートまたは外国為替チャートのティック・分足について2営業日分(前日及び当日)を表示いたします。 8 国内株式ティック・分足チャートの複数日数表示方法 「環境設定-チャート1」にて、『画面表示日数』及び『データ取得日数』を選択して下さい。『画面表示日数』は、国内株式のティック・分足チャートの表示日数(1日~5日)、『データ取得日数』は、国内株式のティック・分足データのサーバ側から取得する日数(1日~5日)となります。尚、『データ取得日数』より大きい『画面表示日数』は指定できませんのでご注意下さい。 9 ティック・分足チャートの連続表示〔国内株式のみ〕 「環境設定-チャート1」にて、表示設定『ティック・分足チャートの連続表示』をチェックされている場合は、ティックチャート及び分足チャートの立会時間外の間隔(スペース)を表示せず、連続してチャートを表示します。 10 株価の選択〔国内株式のみ〕 チャート欄外にある"修正株価"または"原株価"を選択して下さい。チャート表示期間に権利落ちがあった場合は、"修正株価チャート"及び"原株価チャート"に切り替えます。 11 ティックチャートの活用 チャート拡大・縮小機能〔国内株式のみ〕 チャート画面右上の『拡大ボタン』または『縮小ボタン』を選択し、チャート上の拡大・縮小したい箇所をクリックして下さい。チャートを拡大または縮小表示します(最大9段階まで)。 12 チャート印刷機能〔国内株式のみ〕 チャート画面右上の『印刷ボタン 』の押下により、表示しているチャート情報を印刷することができます。また、『印刷プレビューボタン』の押下により、チャート情報を印刷した際のイメージ表示をすることができます。 13 多層チャート機能の使い方〔国内株式/外国為替のみ〕 多層チャート機能を利用することにより、あらかじめ登録した画面レイアウト及びチャート種類にて即座にチャートを表示することができます。

    FXで儲ける技術 12ヶ月で+9999PIPS稼ぐ!

    FX、仮想通貨、MT4自動売買EA、フィボナッチ、SMA、平均足、スイング検証しています。
    ★★Since Feb 19, 2009

    プライスアクション用無料ティックチャート FT4フォレックステスターのような売買機能あり

    oanda ティックチャートトレーダーとは
    6種類のティックチャートを表示することができるほか
    チャート上で注文を発注することもできるツールです。
    表示できるチャートは次の6つです。

    ・ティックチャート
    シンプルなティックチャートです。
    価格が更新される都度
    チャートが右に更新されていきます。

    素早く移動していくのに対し
    相場が閑散としており
    レートの更新頻度が少ない場面では
    チャートの移動は緩やかになるという特徴があります。


    ・ティックスピード
    ティックスピードは
    一定のティック数の
    平均更新時間をグレーのバーで表示させる
    ティックチャートです。
    短いバーが続いている場面では
    レートの更新頻度が高く
    取引は活発に行われていることを示しています。


    ・タイムドチャート
    タイムドチャートはティックごとの動きを示しますが
    横軸を一定の時間に区切っている
    時系列チャートとなります。
    そのため価格の動きが乏しい場面では
    横ばいの動きとなることもある
    ティックチャートです。

    ・ティックキャンドル ズ
    ティックの動きをローソク足で表示した
    ティックチャートです。

    通常のローソク足とは違い
    一定のティック数で次の足に移る
    ローソク足チャートとなります。

    ティック数により更新となるため、
    価格の更新頻度が多い場面では
    次の足に移るのが早いのに対し
    価格の更新頻度が遅い場面では、
    次の足に移るのに時間がかかるという特徴があります。

    ・セカンズ
    一定の秒数の値動きを
    ローソク足チャートにして

    時系列チャートになるため、
    値動きがあってもなくても
    時間が来れば右に移動するチャートです。


    ・versus チャート
    2つの通貨ペアのティックの動き
    を同時に表示するティックチャートです。
    2つの通貨ペア価格の状態を
    一度にチェックすることができるため、
    相関性をチェックする場合などに使うことができます。

    ・ティックチャートトレーダーの活用例
    ティックチャートは
    1分足チャートよりも早いチャートで
    価格の鼓動を感じながら
    トレードを行うことができます。


    また設定をすると control + Bやcontrol +S などで
    素早く売買の注文発注することもできます。

    ・ティックチャートトレーダーの設定方法
    oanda ティックチャートトレーダーは
    エキスパートアドバイザー型のプログラムです。

    ナビゲーターのエキスパートアドバイザーの中から
    oanda ティックチャートトレーダーをダブルクリック
    またはチャート上にドラッグ&ドロップし起動します。

    設定画面では自動売買を許可する
    dll の使用許可するにチェックが入っているのを確認して
    ok を押します。

    上部のボックスで
    通貨ペアティックチャートの種類を選択します。
    注文に関しては右上の部分をクリックすると
    注文パネルが表示されます。
    BUY SELLを選択しロット数を指定し
    プレスオーダーを押すと注文が完了します。

    Allow control key for quick order エントリーに
    チェックを入れるとクイック注文も行うことができます。
    具体的にはチャートの右下に入力したロット数で
    ティックチャートを選択した状態で
    control ティックチャートの活用 + b 買い
    control + s で売ることができるようになります。

    株式投資はチャートをうまく活用しよう!おすすめ証券会社やスマホアプリも紹介

    株式投資はチャートをうまく活用しよう!おすすめ証券会社やスマホアプリも紹介

    2022年現在「松井証券株アプリ」がリリースされており、機能面で「株touch」から大幅にパワーアップしています。「株touch」では資産状況の把握すらWebサイトへ移動して確認しなければいけませんでしたが、「松井証券株アプリ」ではアプリ上で確認できるようになりました。 その他、銘柄検索や注文機能も充実したため、「株touch」を使う意味はありません。松井証券を利用する人は「松井証券株アプリ」を使いましょう

    GMOクリック証券(GMOクリック 株)

    アプリ名 iPhone・Android対応 PCとの同期 主な特徴
    GMOクリック証券 GMOクリック 株
    iClick株(iOS)
    逆指値

    GMOクリック証券(GMOクリック 株)の特徴

    こちらも2022年現在「GMOクリック株」がリリースされており、これまでiPhoneとAndroidで別名称だったアプリが統一されました。気になる銘柄を長押しするとチャート、保有状況、新着ニュースを1画面で一覧できる「ブラウジングモード」が便利です。

    チャートのテクニカル分析を3つまで保存して切り替えできるだけでなく、11種類のチャート描画機能も備えています。サービスが終了した「株roid」と比べて大幅にパワーアップしています。

    DMM.com証券(DMM株)

    DMM株

    アプリ名 iPhone・Android対応 PCとの同期 主な特徴
    DMM.com証券 DMM株 逆指値
    米国株取引

    DMM.com証券(DMM株)の特徴

    初心者向けの「かんたんモード」と詳しい情報が見られる「ノーマルモード」の切り替えができるアプリです。投資経験が浅いうちは「かんたんモード」にして、慣れてきたら「ノーマルモード」に切り替えるなど、投資経験に合わせて使い分けられます

    ただし、モード切り替え以外に特徴のある機能は少なく、チャートの表示数も13種類、一度に表示できるのは2種類までです。

    岡三オンライン証券(岡三ネットトレーダーWEB2)

    ティックチャートの活用 ティックチャートの活用
    アプリ名 iPhone・Android対応 PCとの同期 主な特徴
    岡三オンライン証券 岡三ネットトレーダーWEB2 逆指値

    岡三オンライン証券(岡三ネットトレーダーWEB2)の特徴

    パソコンで使える「岡三ネットトレーダープレミアム」の下位互換という印象がぬぐえないアプリです。別アプリ「岡三ネットトレーダースマホ」もありますが、特段使える機能に差はなく、なぜ別々のアプリで提供されているのか理解に苦しみます。

    スペック表では最低限の銘柄チェックや注文ができるのみで、資産の確認は全てパソコンに委ねられています。あくまでパソコンのサブ的な立場にとどまるため、他社のスマホアプリを使うほうが良いでしょう。

    投資初心者におすすめの証券会社

    ここまで紹介した証券会社以外に、初心者でも使いやすい証券会社が1社あります。

    1. シンプルなチャートで使いやすいLINE証券
    2. LINE証券の会社概要
    3. 初心者でも分かりやすい注文画面
    4. 1株単位でリアルタイムの売買が可能

    シンプルなチャート表示のLINE証券

    LINE証券は、スマホでの株式取引のしやすさにこだわっています。チャートはローソク足、移動平均線、出来高の3種類のみで非常にシンプルです。

    初心者にとっては、詳しい分析ツールが20種類〜30種類あっても使いこなせないでしょう。最低限の表示ができれば十分と考えるのであれば、LINE証券は情報がコンパクトにまとまっており、初心者でも使いやすいです。

    LINE証券の基本情報

    LINE証券は、2019年にLINE Financial株式会社と野村ホールディングス株式会社がタッグを組んでできた証券会社です。初めはLINEアプリからのログインしかできませんでしたが、現在はスマホやパソコンのブラウザからでもログインできます

    機能が絞られている分初心者にもわかりやすくなっており、取引画面やチャート画面でも迷うことなく直感的に操作できるのが特徴です。

    LINE証券は株購入までのステップが簡単

    LINE証券は、他社と比べて複雑な注文ができない分、株式購入までのステップが簡単です。 購入する株価を決めたい場合は取引画面で価格と数量を入れるだけで完了し、株価を決めずに購入する場合は数量を入れるだけで完了します。

    他社の取引画面なら4ヵ所〜5ヵ所入力・指定しなければいけない注文が、わずか1ヵ所〜2ヵ所の入力でできます

    LINE証券は1株(数百円)から株の売買が可能

    LINE証券は、100株未満の売買に力を入れています。100株未満の株は単元未満株と呼ばれ、株式は通常100株単位でしか取引していないので、他社はリアルタイムで取引できません。

    単元未満株

    取り扱っている証券会社でも、注文が成立するのは11:30以降または15:00以降に固定されています。それまではいくらで売買できたのかわかりません。 LINE証券なら、単元未満株の注文でもリアルタイムで成立します。有名企業の株なら手数料も最小0.2%と、単元未満株のリアルタイム注文の中では最低水準です。

    テクニカル分析も万能ではない

    テクニカル分析は200年以上の知見がありますが、決して万能ではありません。 株式投資に絶対がない以上、万能な分析など存在しません。

    1. テクニカル分析は過去に基づく分析でしかない
    2. 一つの手法を疑う目を持つ
    3. 企業の決算や四季報も活用する

    過去事例が将来も続くとは限らない

    テクニカル分析は、過去に同様の事例があれば、その事例通りに動くと仮定して分析しています。膨大なデータに基づく分析なので的外れではありませんが、過去の事例が将来も続くわけではありません。

    2022年現在、株式投資を行う個人も増え金額も増えています。これだけ市場に参加する人が増えれば、過去のチャートに基づいた分析も機能しないことがあります

    1つの手法に拘りすぎない

    株式投資では、1つの手法に拘りすぎないのが鉄則です。仮に1つの手法で10回中9回うまくいったとしても、最後の1回で想定とは逆に動いてしまうことがあります。

    1つの手法に拘りすぎてしまうと、手法も絶対ではないことを忘れてどんどん損失を拡大させてしまいます。他の分析手法も頭に入れ冷静に分析し、時にはこれまでうまくいった手法を疑うのも大切です。

    ファンダメンタル分析も活用する

    他の分析手法として、ファンダメンタル分析も活用しましょう。ファンダメンタル分析は、企業の決算や財務状況、ニュースなどで将来性を判断して取引する分析方法です。

    証券会社のチャートツールの大半は、各企業の四季報を確認できるようにしています。四季報は、年間4回出る企業の決算をもとに、将来性や独自予想も含めてまとめたものです。

    ファンダメンタル分析とテクニカル分析の違い

    ファンダメンタル分析とテクニカル分析の違いは、過去の情報をどれほど重視するかです。 テクニカル分析は、過去の値動きに基づいたチャート分析から行うため、過去の情報が全てです。

    一方、ファンダメンタル分析は未来の情報を重視します。 現状の決算や過去の決算も見ますが、企業の状況や新事業の状況などを見て「将来この会社は成長しそうか」という視点で分析します。 実際に成長するかどうかはわからないため、人によって真逆の判断になることもあり、客観性はテクニカル分析より低いです。

    チャートを勉強したい投資初心者におすすめの本は?

    「ではさっそく、テクニカル分析を使ってみよう!」と思い立っても、全く知識がなければ分析できません。投資初心者なら、まずは勉強して知識を身につける必要があります

    1. 7日でチャートの基本をマスターする本
    2. チャートを詳しく理解するための本
    3. 実際のチャートで練習できる本
    4. チャートの練習問題で実践できる本
    5. 超短期取引について学べる本

    7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本

    初心者2人と先生が登場し、対話形式が一部取り入れられており読みやすいです。

    1日ずつステップを踏みながら、テクニカル分析で重要なチャートについて、基本的な指標や買いサイン、売りサインを中心にマスターしていきます

    7日目では、初心者が陥りやすい失敗例も挙げながら、株で失敗しないためのポイントもまとめられています

    投資に使える知識のみに絞っているので初心者でも分かりやすく、チャートや絵も交えて丁寧に解説されており読みやすい1冊です。

    株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書

    「最低限」のタイトルに反し、売り買いのタイミング、決算、増資、IPO、トレンド、吹き値など、とにかく事細かに記載されている本です。

    読み込んで理解するには根気が必要で、全体的に文章が多く読みやすくはありません。

    初心者向けに書いた本ではなく、プロ投資家が「個人投資家は、これくらいは最低限理解してほしいよね」という考え方で書かれた本です。

    解説は丁寧にされているので、文章を読むのが苦にならない人で、チャートについて詳しく理解したい人にはおすすめです。

    株価チャート練習帳

    単に読んで理解するだけではなく、ローソク足、移動平均線、出来高について実際のチャートを使った練習ができます内容の講義、図を用いた説明、実際のチャートを用いた練習問題と解説という3ステップで全ての項目が書かれています。

    3つの指標は、チャートの中で基本的な指標ですが奥が深く、正しく使うには実践的な理解がなければいけません

    投資初心者が実践的な理解を目指して読んでも良いですし、ある程度知識を身に着けたあとの確認用として読んでもためになる本です。

    世界一わかりやすい!株価チャート実践帳

    後半は全て練習問題になっており、チャートを実践的に理解できます。チャートに必須のキーワードを5つにまとめており、日経平均に対する理解も深まります

    2008年3月に出版された本で、日経平均に組み入れられている企業は現在と異なっているので、読む上で注意は必要です。 それでも、儲けるためのコツやチャートのポイントを押さえて、後半の練習問題で実践力まで身につく構成になっており、実践的に理解できる本です。

    世界一わかりやすい!株価チャート実践帳 スキャルピング編

    スキャルピングという、わずかな時間と利幅で1日に何回もトレードする超短期取引を解説しています。基本的なチャート分析は理解した上で、一つの投資手法として読むべき本です。

    スキャルピング

    超短期取引をする上で絶対に理解しておかなければいけない指標について、詳しく解説されています。出版から既に10年以上経過し、ネット証券に関する記述など明らかに古い部分はありますが、超短期取引を行う上で重要なツールに対する理解が深まります。

    株式投資はチャートをうまく活用しよう

    株式投資において、チャート分析はとても大切です。過去の事例が必ず起きるわけではありませんが、売られすぎや買われすぎ、買い時や売り時を客観的に見る指標になります。

    2022年現在、高度なチャート分析はスマホでもパソコンでも簡単にできます。 基本的なチャート分析をマスターして、皆さんの株式投資に活かしてください。

    pipsとは?FXの取引で使用する単位の基礎知識と活用方法

    pipは「percentage in point」の頭文字をとったもので、通貨の共通単位としてFXで使用されるものです。pipsはpip(ピップ)の複数形で、「ピップス」と読みます。
    FXでは様々な通貨が取引されています。各通貨の変動状況を「円が〇円変動」、「米ドルが〇米ドル変動」、「英ポンドが〇英ポンド変動」、「豪ドルが〇豪ドル変動」と各通貨の単位にあわせて表現すると、通貨単位がバラバラでややこしくなります。そこで、通貨の共通単位として使用されているのがpipsです。「円が〇pips変動」、「米ドルが〇pips変動」、「英ポンドが〇pips変動」、「豪ドルが〇pips変動」というように、異なる通貨ペアであっても共通の単位で変動幅を表すことができます。また、pipsは買値と売値の差を表すスプレッドの単位としても用いられます。

    米ドル/円やクロス円(ユーロ/円、ポンド/円など)の場合
    1pip=0.01円(1銭)
    10 pips=0.1円(10銭)
    100 pips=1円(100銭)

    pipsの用途

    FXでのpipsの活用方法

    pipsを使った損益の計算

    計算式
    FX取引での「獲得pips」×0.01円(or 0.0001ドル)×通貨数

    獲得pips
    100.05円(決済の売値)-100.00円(新規の買値)=0.05円=5 pips

    利益
    5 ティックチャートの活用 ティックチャートの活用 pips×0.01円×10,000ドル=500円

    投資効率の算出

    ①米ドル/円が1ドル=100.00円の時に10,000ドル買って、100.50円の時に売った。
    ②米ドル/円が1ドル=100.00円の時に50,000ドル買って、100.10円の時に売った。

    pipsの注意点

    米ドル/円を10,000ドル買う場合
    ・損失許容額が10,000円のケース
    10,000円(損失許容額)÷10,000ドル(取引量)÷0.01円(1pipあたり単位)=100pips
    ⇒買値から100pipsの下落まで許容

    ・損失許容額が50,000円のケース ティックチャートの活用
    50,000円(損失許容額)÷10,000ドル(取引量)÷0.01円(1pipあたり単位)=500pips
    ⇒買値から500pipsの下落まで許容

    為替レートを見て「pips」に慣れよう

    タイプ別FX運用スタイル徹底比較

    • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
    • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
    • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
    • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
    • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
    • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

    FXがはじめての方

    FXをもっと知る

    約5分で申込完了!最短当日取引可能

    今なら新規口座開設で
    最大 50,000 円キャッシュバック

    App Store アイコン Google Play アイコン

    【取引に関する注意事項】
    ■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
    ■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
    ■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
    ■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
    ■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
    ■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
    ■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
    ■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
    ■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
    ■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
    ■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

    日本証券業協会

    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 ティックチャートの活用 ティックチャートの活用 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
    FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 ティックチャートの活用 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

    70ティックチャート対応のFX業者は?ProRealTime対応業者、MT4対応業者を紹介

    70ティックチャート対応のFX業者は?ProRealTime対応業者、MT4対応業者を紹介

    また、ProRealTimeチャートではありませんが、OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)ではMT4上で70ティックチャートを利用できます。「TickChart」というインジケーターを無料提供しており、このインジを使えば70ティックチャートを表示することが可能。IG証券とOANDAの他にも、チャート足のカスタマイズ機能を利用すれば簡単に70ティックチャートを使えるFX業者、取引ツールがいくつか存在します。

    70ティックチャートとは?

    70ティックチャートを表示する方法は?

    『FXスキャルピング』で紹介されているProRealTimeチャートには、ティック数を指定してティックチャートをカスタマイズする機能が搭載されています。ここではその機能を「カスタム足機能」と呼ぶことにします。ProRealTimeチャートには「(x)ティック」というかたちでカスタム足機能が搭載されています。

    70ティックチャートを表示する方法は?

    『FXスキャルピング』で紹介されている70ティックチャートは、ProRealTimeやOANDAのMT4で利用できますが、残念ながらスマホ環境でも70ティックを利用できるFX業者は今のところありません。

    70ティックチャートが使えるFX業者・ツールの特徴

    FX業者FX会社・取引ツールの特徴公式サイト
    IG証券・『FXスキャルピング』に登場する 「ProRealTime」に対応 (WindowsでもMacでも利用可能)
    ・ProRealTimeは 初月無料、月4回取引で翌月以降も無料 (通常は月額4,000円)
    ・最狭水準スプレッド、発注上限なしの取引環境
    マネーパートナーズ・「HyperSpeed NEXT」で チャート足のカスタマイズ が可能
    ・HyperSpeed NEXTの利用料は 完全無料
    ・100通貨単位の少額取引に対応
    OANDA Japan・ 「MT4」で70ティックチャートを利用可能 (インジケーターを使用)
    ・MT4も70ティックチャートも利用料は 完全無料
    ・他にも50種類以上のMT4インジケーターを提供
    FOREX.com・ 「MT4」で70ティックチャートを利用可能 (インジケーターを使用)
    ・インジケーターの利用料は 完全無料
    ・ 16種類のインジケーター、9種類のEAを無料ダウンロード
    マネックス証券・選択するだけで 70ティックチャートを簡単表示
    ・インストール不要、 シンプルな構造で使いやすい
    ・ 大手ネット証券会社 が提供しているFXサービス

    70ティックチャート対応FX業者・ツールの特徴は?

    【IG証券】ProRealTimeを使うならIG証券

    【IG証券】ProRealTimeを使うならIG証券

    ProRealTimeチャートではティックや秒、時間などの単位ごとに数値をカスタマイズすることが可能。「(x)ティック」や「(x)分」というかたちでカスタム足機能が搭載されており、ユーザーは自由に数値を指定して好きなチャートを表示させることができます。「(x)ティック」を利用して70ティックチャートも簡単に表示可能。『FXスキャルピング』で紹介されているProRealTimeチャートを利用したいという方はIG証券を要チェック。また、ProRealTimeはWindowsだけではなくMacにも対応している点に注目です。

    ProRealTimeで70ティックチャートを表示させた画面

    ProRealTimeで70ティックチャートを表示させた画面

    ProRealTimeチャートの利用方法は?

    ProRealTimeチャートの使用方法

    ProRealTimeチャートの使用方法

    【マネーパートナーズ】カスタム足機能を標準搭載、完全無料

    【マネーパートナーズ】カスタム足機能を標準搭載、完全無料

    HyperSpeed NEXTで70ティックチャートを表示させた画面

    HyperSpeed NEXTで70ティックチャートを表示させた画面

    【OANDA Japan】MT4で70ティックを使うならOANDA

    【OANDA Japan】MT4で70ティックを使うならOANDA

    OANDAのMT4で「TickChart」を表示させた画面

    OANDAのMT4で「TickChart」を表示させた画面

    「TickChart」パラメーター設定画面

    OANDAのMT4で「TickChart」を表示させた画面

    「OANDA ティックチャートの活用 Tick Chart Trader」の「Tick Candles」もオススメ

    OANDAには「OANDA Tick Chart Trader」というオリジナルMT4インジケーターも提供されており、このインジケーターを利用すればティックチャートのさまざまな機能を利用できます。シンプルなティックチャート表示やティックの平均更新時間をバーで表示する機能など。その中に「Tick Candles」という機能があり、これを利用すれば一定のティック数でローソク足を形成するチャートを表示することが可能です。OANDAには複数の取引コースがあるのですが、「OANDA Tick Chart Trader」は東京サーバーコースでのみ提供されているインジケーター。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

    「OANDA Tick Chart Trader」の「Tick Candles」機能

    【FOREX.com】MT4インジケーターを無料提供

    FOREX.com

    FOREX.com(フォレックス・ドットコム)でもOANDAと同様に、MT4上で70ティックチャートの表示が可能です。FOREX.comでは9種類のEAと16種類のインジケーターを無料で提供しており、その中に「FOREX.com ティックチャートの活用 Tick Chart Trader」というツールがあります。

    「FOREX.com Tick Chart Trader」は単にティックチャートを表示させるだけでなく、6種類の機能を搭載。その内の「Candles」を使えば、指定したティック数に応じてローソク足が形成されるように設定が可能です。数値を「70」に設定すれば70ティックチャートが表示されます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる