仮想 通貨

FXのスプレッドとは?

FXのスプレッドとは?
当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

Titan FX (タイタン FX)のスプレッド一覧

スワップレートまたはロールオーバレートとは、ポジションを一晩中を保持するために適用された利率(追加または控除)として定義されます。スワップポイント(金利差調整分)とは、2国間の金利差から受け取れたお金のことです。外国為替 (FX)では、保有の取引注文(ポジション)を当営業日中に決済せず、決済を翌営業日に持ち越すこと (ロールオーバー) によって、スワップポイント(レート)を得ることが可能です。Titan FXのスプレッドとは? FXのスワップの詳細はこちら

取引時間帯はいつですか?

  • 冬時間(米国冬時間 – GMT+2) 日本時間は、月曜日 7:04~土曜日7:55
  • 夏時間(米国夏時間:GMT+3)日本時間は、月曜日6:04~土曜日6:55

両建て取引が可能ですか?

はい、Titan FXでは両建てを行うことができます。両建てにより、同じ取引通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に保有して頂けます。つまり、市場の上昇または下降のどちらか一方をお選び頂くことなく、FX取引に参加することが可能です。Titan FXの口座種類の詳細はこちら

サーバー時間とGMTオフセットについて教えてください?

Titan FXのサーバーは、ニューヨークに位置しているため、サーバー時間がニューヨークの午後5:00となっております。そのため、Titan FXのサーバー時間は、米国の夏時間、冬時間により変更となりますのでご注意ください。GMT(グリニッジの標準的な時間、英語: Greenwich Mean Time)とは、ΜΤ4取引プラットフォームを使用する海外fx業者のMT4サーバーを設置している国の標準時間です。日本では、GMTは「GMT+9」となり、ニューヨーク冬時間は 「GMT+2」 と夏時間は「GMT+3」 となります。Titan FXの取引条件の詳細はこちら

最大レバレッジは何倍ですか?

ゼロカットルールはありますか?

はい、Titan FXはゼロカットの仕組みを採用されているため、急な為替により口座残高が0以下になった場合でも、0円以下の損失額 (追証) を請求されることはありません。Titan FXのスプレッド一覧はこちら

スプレッドとは?取引コストを抑えられるおすすめFX会社2社

スプレッド

spred_kuma

スプレッド とは簡単にいうとFX会社の取引手数料です。上の画像のように同じ通貨なのに2つの金額が表示されているものを見たことがありませんか?この2つの金額はそれぞれ通貨の売値(BID)買値(ASK)を表示したものになります。そしてこの買値と売値の差のことを スプレッド といいます。

海外旅行に行ったとき、両替所でも同じ通貨なのに2つの数字があって疑問に思ったことはありませんか?これは「円を外貨に両替」「外貨を円に両替」のそれぞれのレートを表しています。
FXでも同じです。通貨の「売り」「買い」に差額を持たせることでこの差額、つまりスプレッドが取引手数料として、FX会社の利益になるのです。

FXは他の金融商品よりも取引手数料が安い

spred_kawase

実はFXの取引手数料は、他の金融商品より 圧倒的に安い ということを知っていますか?
具体的に米ドル/円の取引で、外貨預金とFXで為替手数料(スプレッド)を比較してみましょう。

都市銀行の外貨預金の為替手数料は片道1円から、ネットバンクの外貨預金の為替手数料は片道9銭からとなっており、FXの 0.3銭 から、と比較すると手数料が多くかかるということがわかります。
ちなみに「片道」とは、日本円で米ドルを買ったり(日本円→米ドル)、米ドルで円を買う(米ドル→日本円)、ということをそれぞれ「片道」といいます。

外貨預金(都市現行)の為替手数料1円の場合、手数料だけで約19,800円かかります。次に外貨預金(ネットバンク)の為替手数料9銭の場合で、手数料は1,800円。これがFXになるとスプレッド0.FXのスプレッドとは? 3銭の場合、たったの 60円 です。

いかがですか?手数料(スプレッド)を見れば、外貨預金よりFXの取引手数料が圧倒的に安いということが分かっていただけると思います。

より手数料を抑えて利益アップ!

スプレッドは一律ではなく、それぞれのFX会社によって異なります。また、通貨ペア(取引する2通貨)によっても違います。

例えば、1ドル100円で1万通貨(100万円)を取引したとしましょう。スプレッドが業界最狭水準のDMMFXでは、米ドル円の1万通貨の手数料が、 0.3銭 です。DMMFXと米ドル円の1万通貨の手数料が2銭のA社を比較した場合、1回の取引で、DMMFXは手数料30円、A社の手数料100円です。1日4回の取引を30日繰り返すと手数料だけで20,400円の差になりますので、これは 大きな差 です。

スプレッドで見るFX会社選び


スプレッドで比較した時に、総合的にオススメのFX会社は国内口座数が80万口座 (※) 超えDMMFX です。DMMFXは業界最狭水準のスプレッドを提供しており、米ドル円であれば、原則 0.3銭固定 という超低コストで取引をすることができます。口座開設の申込みは約5分で完了。最大200,000円のキャッシュバックがあります。
(※) 2020年8月31日当社調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値


次にオススメのFX会社は GMOクリック証券 です。8年連続取引高国内一(ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月))になった世界で多くの人に使われているFX会社で、業界最安値水準の手数料で取引できます。口座開設の申込みは最短5分。最大30,000円のキャッシュバックがあります。

状況に応じて最適な取引ができるよう、特徴の異なるFX会社の口座を複数持つことをオススメします!口座開設は 無料 でできます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる