FXのやり方は簡単

FXの取引できる時間帯は

FXの取引できる時間帯は

FXの取引時間 - 時間帯ごとの市場の特徴を押さえよう!

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

FXの取引時間の基礎知識、市場が活発になるのはどの時間帯?

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 FXの取引できる時間帯は FXの取引できる時間帯は 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 FXの取引できる時間帯は 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 FXの取引できる時間帯は 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FX取引に最適な時間帯は1日4回!各時間帯の特徴をつかみ取引しよう

FX取引に最適な時間帯は1日4回!各時間帯の特徴をつかみ取引しよう

外貨ex byGMOのサービスの特徴は、1,000通貨〜取引できる点や、業界でも狭いスプレッド(コスト)など、ユーザー目線に立ったサービスが充実していること。
特にスプレッドは、 米ドル/円で0.2銭原則固定FXの取引できる時間帯は ユーロ/米ドルで0.4ポイント原則固定 などで取引ができますので、少額からコストを極力おさえた取引が実現できます。
ただし午前3時~午前9時の時間帯はスプレッドが広がりやすいので、なるべく取引を避けるといいでしょう。

気になる取引時間(注文受付時間)は、 日本時間の月曜午前7時~土曜午前6時50分まで。
米国がサマータイムを適用している際は、月曜午前7時~土曜午前5:50までとなります。

平日は取引できない時間帯がほとんどありませんので、さまざまな時間帯で活用できるFX業者と言えるでしょう。

\【期間限定】150,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!/

LIGHT FX

LIGHT FXは、トレイダーズ証券が提供しているFX取引のひとつでこちらも1,000通貨〜取引が可能です。 FXの取引できる時間帯は
スプレッドもかなり狭く提供しており、朝8時~翌日朝5時までは、 米ドル/円で0.2pipsユーロ/円で0.4pipsユーロ/米ドルで0.3pips といったスプレッドで取引できます。

取引時間は日本時間の月曜7時10分~土曜午前6時50分、サマータイム実施期間は月曜7時10分~土曜午前5時50分。
平日ほぼ24時間取引できますので、あなたのご都合にあわせて集中的に取引するといいでしょう。

\最大50,000円のキャッシュバックあり!/

auカブコムFX

auカブコムFX

auカブコムFXの通貨ペアは13種類で1,000通貨取引が可能です。取引する際のスプレッドは、 ユーロ/米ドルで0.4pips豪ドル/円で0.FXの取引できる時間帯は 6銭 など、全体的に良心的なスプレッドで、投資初心者でも利用しやすいでしょう。

気になる取引時間帯は、日本時間の月曜午前7時〜土曜午前6時50分まで。 ※火曜日の午前6時50分から午前7時10分までの20分間は取引できません。
米国のサマータイム導入時は月曜午前7時00分〜土曜日午前5時50分となります。長時間取引できますので、トレードしやすいでしょう。

\最短10分で申し込み完了!/

時間帯でのチャンスを見逃さず、安全にトレードしよう

FX取引は、平日のほぼ24時間取引できるのが大きな特徴 です。
その中でも取引が活発な時間帯や、大きなボラティリティが発生しやすい時間帯が主に4つありました。

FXの取引できる時間帯は

「FXの取引時間が知りたい」

「勝ちやすい時間帯ってあるの?」

「仕事が忙しくて夜しか取引できないけど大丈夫?」

FXは世界中の為替市場が順番に開くため、 平日24時間取引できます。

そこでこの記事では、取引時間を選ぶ時の注意点や3大市場の特徴、利益を出しやすい通貨ペア、おすすめのサポートツールを紹介します。

FXの取引時間に関する基本的な知識

・FX取引は平日の24時間
・土日と祝日の違い
・サマータイム
・FXには3大市場がある

FX取引は平日の24時間

FX取引は平日の24時間

FXは平日であれば、昼夜を問わず24時間取引できます。

その理由は、 常にどこかの取引市場が開いている からです。

FXの取引できる時間帯は FXの取引できる時間帯は FXの取引できる時間帯は
取引時間 比較 夏時間 冬時間
松井証券 月曜日07:00~翌05:55 火~金曜日06:10~翌05:55 月曜日07:00~翌06:55 火~金曜日07:10~翌06:55
GMOクリック証券 月曜日07:00〜土曜日06:00 月曜日07:00〜土曜日07:00
DMM FX 月曜日07:00~土曜日05:50 月曜日07:00~土曜日06:50
SBI FXトレード 月曜日07:00~土曜日05:30 月曜日07:00~土曜日06:30
外貨ex byGMO 月曜日07:00~土曜日05:50 月曜日07:00~土曜日06:50
外為どっとコム 月曜日07:00~翌05:55 火~金曜日06:10~翌05:55 月曜日07:00~翌06:55 火~金曜日07:10~翌06:55
LINE証券 月曜日07:00~翌05:50 火~金曜日06:FXの取引できる時間帯は 10~翌05:50 月曜日07:00~翌06:50 火~金曜日07:10~翌06:50
みんなのFX 月曜日07:10~土曜日05:50 月曜日07:10~土曜日06:50
LIGHT FX 月曜日07:10~土曜日05:50 月曜日07:10~土曜日06:50
マネーパートナーズ 月曜日07:00~土曜日05:50 月曜日07:00~土曜日06:50
外為オンライン 月曜日07:00~土曜日05:55 月曜日07:00~土曜日06:55
FXプライム byGMO 月曜日07:00~土曜日05:50 月曜日07:00~土曜日06:50
ヒロセ通商 月曜日06:30~土曜日05:30 月曜日07:00~土曜日06:30
FXブロードネット 月曜日07:00~土曜日05:55 月曜日07:00~土曜日06:55
auカブコムFX 月曜日07:00~翌05:50 火~金曜日06:10~翌05:50 月曜日07:00~翌06:50 火~金曜日07:10~翌06:50
JFX 月曜日06:FXの取引できる時間帯は 30~土曜日05:30 月曜日07:00~土曜日06:30
FXTF 月曜日07:05~土曜日05:55 月曜日07:05~土曜日06:55
トライオートFX FXの取引できる時間帯は 月曜日07:00~土曜日05:00 月曜日07:FXの取引できる時間帯は 00~土曜日06:00
アイネット証券 月曜日07:00~土曜日06:00 月曜日07:00~土曜日07:00
マネースクエア 月曜日07:20~土曜日05:50 月曜日07:20~土曜日06:50
セントラル短資FX 月曜日07:00~土曜日05:40 月曜日07:00~土曜日06:40
ひまわり証券 月曜日07:FXの取引できる時間帯は FXの取引できる時間帯は 00~翌05:55 火~金曜日06:05~翌05:55 月曜日07:00~翌06:55 火~金曜日07:05~翌06:55

土日と祝日の違い

土日と祝日の違い

土日は全ての取引市場がお休みなので取引はできませんが、 祝日は取引できます。

サマータイムに注意

国名 サマータイム導入期間
アメリカ 3月第2日曜日 ~ 11月第1日曜日
ヨーロッパ 3月最終日曜日 ~ 10月最終日曜日
オーストラリア 10月第1日曜日 ~ 4月第1日曜日
ニュージーランド 9月最終日曜日 ~ 4月第1日曜日

FXのサマータイムは、アメリカに合わせて3月の第2日曜日から11月の第1日曜日 です。

そのため取引や値動きが活発になる時間が、冬時間とは異なるので注意が必要です。

FXには3大市場がある

FXには3大市場がある

・東京市場
・ロンドン市場
・ニューヨーク市場

それぞれの市場の特徴や値動きが活発になる時間帯を把握して、取引することが大切です。

FX3大市場の特徴と狙い目

東京市場の特徴

東京市場の特徴

香港やシンガポールなどのアジア圏市場も開く時間で、 日本円を含む通貨ペア(クロス円)の値動きが活発になる のが特徴です。

中国やオーストラリアの経済指標が多く発表されるため、豪ドルやNZドルを含む通貨ペアもよく動きますよ。

東京市場では毎日午前9時55分の為替レートを基準とする「 仲値 」を、午前10時に発表しています。

【仲値とは】
・その日1日に銀行などの金融機関が取引するときの基準レート
・秒単位で変動するレートを取引の度に計算する手間を省くための値

毎月5と0がつく日は「 ゴトー日 」と呼ばれる、多くの日本企業が海外への米ドル建ての支払いを行う日があります。

この日は米ドルの需要が高まるので、米ドル円のレートが上昇しやすいです。

ロンドン市場の特徴

ロンドン市場の特徴

ロンドン市場が開いている時間帯は、世界の市場参加者の多くを占めるヨーロッパ勢が参加するため、 取引が一気に活発 になります。

【ロンドン市場の取引時間(日本時間)】 FXの取引できる時間帯は FXの取引できる時間帯は
・夏時間 16:00 ~ 翌2:00
・冬時間 17:00 ~ 翌3:00

でも、昼休みが終わってニューヨーク市場がオープンする時間と重なると、1日でもっとも値動きが活発になるよ。

ロンドン市場の取引の狙い目は、オープンから昼休みに入るまで(16:00 〜 19:00)と、ニューヨーク市場と重なる時間帯(21:00 〜 翌2:00)です。

ニューヨーク市場の特徴

ニューヨーク市場の特徴

ニューヨーク市場は日本時間の21時に開き、1日のなかで一番取引が活発になる時間帯です。

ロンドン市場の時間と重なる、 日本時間21時〜翌2時が値動きがもっとも大きくなる ので、この時間帯が取引するときの狙い目です。

ニューヨーク市場が開いているときに、アメリカの雇用統計をはじめ重要度の高い経済指数や、政治・経済関連の要人発言が数多く公表されるので注意が必要だ。

FXの取引できる時間帯は?値動きが活発になる時間帯と取引の注意点

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。
Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

FXの取引できる時間帯は

時期によって変動はあるものの、月曜日の午前6時頃から土曜日の午前7時までは24時間取引が可能だ。

東京タイムの特徴

東京タイムは9時頃からからスタートし、16時頃にクローズする。(明確に定められているわけではなく大体の時間を指している)

東京タイムの間は日本円の取引が多くなる時間帯であり、豪ドルやオフショア人民元などのアジア通貨がメインで売買されるようになる。

また、9時30分から9時55分の仲値までと12時頃までは値動きが大きく変化しやすい。その後、15時頃までは比較的落ち着いた相場になることが多い。

16時頃からロンドンタイムに移行

ロンドンタイムは欧州の通貨であるユーロがメインとなり、イギリスポンドも取引高が増加する。この時間帯からユーロ/ドルやポンド/ドルの値動きが大きくなりやすい。

21時頃からニューヨークタイムに移行する

日本時間の21時頃から取引量がもっとも多くなるニューヨークタイムに移行する。

特別どの通貨が動きやすいというのはなく、米ドルを中心にどの通貨も動きやすいのが特徴だ。

取引できない時間帯

そして、土曜日と日曜日は取引所が休みとなっており、月曜日の朝7時頃から取引を再開するFX会社が多い。中には朝5時頃から取引可能なFX会社もある。

相場が活発に動く時間帯

東京タイム

ロンドンタイム

またロンドンタイム終盤であり、ニューヨークタイムのスタートでもある日本時間の21時過ぎは、ロンドンのフローとニューヨークのフローが重なる時間帯のため取引量が大きく増加する。

ニューヨークタイム

基本的にニューヨークタイムは終日取引量が多く、どの通貨が動いてもおかしくない時間帯だ。

時間帯ごとの取引のポイント

東京タイムの9時30分から9時55分の仲値は前述した通り、取引量が増加する時間帯である。

オセアニアタイム

オセアニアタイムのオープンである日本時間の朝6時頃は取引量が活発ではないことからスプレッドが広い状態が続いている。

東京タイムからロンドンタイム

東京タイムからロンドンタイムに変わっていく日本時間の15時~16時頃からはこれまでの値動きから一転することが多々ある。
東京タイムでは円安方向で推移していたにもかかわらず、急にロンドンタイムから円高方向に推移することがあり、急な反転には注意しないといけない時間帯だろう。

ロンドンタイムとニューヨークタイム

ロンドンタイムとニューヨークタイムが重なる時間帯は取引量がもっとも多くなる時間帯で、トレンドも急に出やすいのが特徴だ。

取引量の増加にともなうトレンド発生は抑えつつも、経済指標でどのようなデータが公表されるかをしっかりとチェックするようにしよう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる